2019.04.27

NAF厚木/海自厚木航空基地日米親善春祭り、行ってきますた!

Dsc_0197 Dsc_0209 Dsc_0214 Dsc_3055 Dsc_3056 Img_0036 Img_0038 Dsc_0228 Dsc_0198 Dsc_0204  

 今年最初のブログ更新が4月とはなんたることか。って去年も似たような体たらくだったけど(汗

 ということで行ってきました厚木基地春祭り。午後から晴れるという天気予報に思いっきり裏切られて、曇りのち雨というよろしくないお天気だったのがイマイチでした。今年のメダマはVAQ-132サソリ組の色付き50周年記念塗装機と、同じく色付きVAW-125CAG機くらいですかねぇ。

 他のCVW-5所属飛行隊はVFA-115とVFA-195が不参加で、その代わりVFA-102とVFA-25が2機ずつとVAQ-141、あと回転翼はHSM-77とHSC-12に加えてHSM-51でいずれも色気なし(アニキの色香も過去の栄光に(´;ω;`))。外来のP-8A(VP-8)もレターのみ。海自側の参加機もいつもの顔ぶれ、P-1(第3航空隊)、P-3CとUSH-60K(いずれも第51航空隊)、C-130RとLC-90(いずれも第61航空隊)で、US-2は今年も姿を見せず。そのほか展示エリア外にC-130T(VR-55)とC-40A(所属不明)。雨のせいで不完全燃焼気味ではありましたが、まぁそれでもヒコーキを間近で見られるというのは眼福なのでありました。(^^)

 次のヒコーキイベントは秋の横田あたりになるのかしらん。

| | コメント (0)

2018.12.13

マルハナバチ、できますた!ヽ(´▽`)/(KP1/72 Z-37A)

 久々に乗ってみたwebコンペ的な「東欧機祭り」、出たばかりのKP1/72 Z-37Aで参加してみました。9月から11月いっぱいだったのですが半月ばかり遅れてフィニッシュしたので、例によってツイッターまとめ。



東欧機か…。仕掛かりちうのスカイレイダーは東欧では使われてないから、乗っかるなら別のにせんとな。アレか?アレなのか? https://twitter.com/Orb_ask/status/1035525915529244673
09-01 00:30

Z37a_01a1_久し振りにweb上の模型のお祭りに参加してみようかと。密柑山に何十年と積まれたままのキットたちを差し置いて、先日入手したばかりのこれで #東欧機祭り に参加いたしまする。ルーマニア空軍のF-16(デカール入手済み)というネタも最終選考には残ってましたけど、機種の面白さでこちらに。
09-02 01:33

Z37a_01a2_Z37a_01a3_Z37a_01a4_Z37a_01a5
 
 
 
 
ということで本日のZ-37A。コクピットと胴体組んだ。風防越しによく見えるヘッドレストが省略されているので(ご丁寧にも箱絵でも省略w)プラ板と伸ばしランナーで自作。風防についてるワイパーと風防直前左側にある丸いリアビューミラーもそのうち自作せねばねば。
09-02 01:36

Z37a_01a6Z37a_01a7_Z37a_01a8_Z37a_01a9_
 
 
 
 
塗りは全面黄色でカウリング脇に機体の愛称でもあるチメラック(丸鼻蜂)を描いたOK-CKR。塗り分けめんどくさいw 1枚目は実機写真、2枚目は箱絵、3枚目は箱の裏の塗装指示図で、黒目がちな丸いお目々の蜂が描かれているのだが、4枚目のデカール画像では目が黒く潰れてしまってまるで顔出しNGみたいだw
09-02 01:42

こんなメジャーとは言えないだろうチェコの農業機なので資料も少なかろうと思ったら、やはりネットの海は広大だ。ウォークアラウンドのページがあるじゃないの。これでもう細部も万全。つまり簡イ作る時に見ると手が止まるてぇやつだぬ。
09-02 01:48

@wyvern4034 KP最新のこれは簡イにしては合いが良くて(簡イにしては)、ここまでは(簡イにしては)大した困難もなく進みましたです。とはいえ切り出したパーツの整形が大変なのはやはり簡イといったところですけど。
09-02 01:53

Z37a_01b1_本日までのZ-37A。胴体の合わせ目消しをして、主翼の上下を貼り合わせてパテ盛って合わせ目消しをしてスジを再生して、エンジンカウリングの凸凹にパテ盛ってヤスって胴体に取り付ける。キャノピー直前の機首上面の断面型が左右で違っててキャノピーと全く合わないので瞬着を盛ってゴリゴリ削った。
09-13 02:16

Z37a_01b2_Z37a_01b3_そもそもが簡イなのでキャノピーと胴体の合わせは隙間だらけ。くっつけたら隙間にパテを充填して削ってやらねばならぬ。中にゴミが入らないようにせねばねば。
09-13 02:18

Z37a_01d_ここ2週間弱のZ-37A。全然進んでないw キャノピーのマスキングして胴体にくっつけて隙間にパテを充填して、主翼にはエルロンを付けてフラップのガイド(?)のパーツを付けた。簡イだから合いが悪くてなかなか進まん。(~。~;)
09-26 01:57

P1010012768x576P1010017768x57634502958980_9241390e5c_bZ-37のフラップはスロッテッドフラップになっていて、しかも上げた状態でも隙間があるっぽい。低速での機動がキモになる機体だからだろな。で、キットはその複雑な構造をあっさりスルーしてるし、作動ロッドの出っ張りも無視。さぁどうしたもんだこれ。
09-26 02:05

Z37a_01e1_Z37a_01e2_本日までのZ-37A。キャノピー周りのパテを均してようやく十の字に。付け根は隙間だらけだし機首下面の胴体側が斜めになってて合わないしで、瞬着盛ってヤスったりパテ盛りしたり。ほんと簡イは楽しませてくれる。(~。~;) #東欧機祭り
10-01 01:52

Z37_09Z37_06主翼のダブルスロッテッドフラップはいちおう再現できるパーツ割りになってはいるけど、インストの説明もパーツ形状も分かりにくくて参る。インストとパーツと実機写真を睨みつつようやく解読できた。これ、インストだけで組むのは無理だw ほんと簡イは(ry #東欧機祭り
10-01 01:55
 

Z37a_01f_本日のZ-37。今週は仕事帰りが遅くて昨日までまったく弄れなかったんで全然進んでない。さっきちりっと弄ってやっとこさ士の字に。この水平尾翼と垂直尾翼を付けるという簡単なはずの作業に20分くらい掛かったという辺りで、このキットの難物さが分かっていただけるのではないかと。(^^;) #東欧機祭り
10-06 01:41

Z-37、今月中に完成させられるのか自信が無くなってきたよこれw 素直にルーマニア空軍のF-16にしとけばよかったかしらん。(^^;)
10-06 01:43

Z37a_01g1_Z37a_01g2_本日のZ-37A。主翼の前縁スラットとフラップを付けて、カウルフラップ(なのかしらん)付けて小物付けて、と。実機は内側と外側のフラップの間に隙間はないんだけどキットはこうなってしまう。もう仕方ないねこれは。あとはパテ盛ったとこヤスって脚柱付けたら(車輪はまだ)全体塗装かな? #東欧機祭り
10-10 01:41

Z37a_01h_本日のZ-37A。前回パテ盛ったトコを削って追いパテ(なんて言い方ないと思うが)して、あんよを生やした。簡イは切った貼ったでバチピタなわけないし、それに固定脚なのでこの段階で調整しながら付けた方が安全。尾輪はもうひと工作あるからまだ付けられない。
10-14 02:14

このペースでは今月中の完成は無理だな…。休みが一日しかないと家の細々なことに追われて陽のあるうちにまとまった時間が取れないんだよな。まぁ仕方あんめー。
10-14 02:15

RT @Orb_ask: 【お知らせ】#東欧機祭り 期間延長いたします。終了日を10月31日 → 11月30日に変更します。「あと一ヶ月以上あるなら今からでも参加してみようか」「もう一つ作ろうかな」大歓迎です。 https://twitter.com/Orb_ask/status/1051785742546952192/photo/1
10-16 01:08

ありがたや、ありがたや…。(_人_)ナムー https://twitter.com/Orb_ask/status/1051785742546952192
10-16 01:08

Z37a_01i1_Z37a_01i2_本日までのZ-37A。全体塗装開始。上塗りが黄色なのでサフはガイアのフレッシュサフ。そしてセリアの塗装ベースを初めて使ってみる。これで2枚100円なら実に良い物だ。でも上に立てる棒付きクリップが店になかったので、焼き鳥などで使う角串に従来から使ってた洗濯バサミやクリップを挿すことで代用。
10-27 01:31

Z37a_01j_本日のZ-37A。全体塗装に備えて昼間のウチにノースポート行って黄色の塗料を買い増ししてきたけど、サフ吹いた表面見たらけっこうゴミがあったので、ナイフとペーパーでゴミ取ってもういっぺんサフ吹いたら今日は時間切れ。隠蔽力の弱い色は下地に気を使うのぉ。#東欧機祭り
10-31 01:22

Z37a_01k_本日のZ-37A。早く帰れたなら模型を弄る、これ常識。ということで全体塗装。黄色をブーッと吹いて今夜はおしまい。#東欧機祭り
11-05 02:13
 

Z37a_01l_ここ10日ほどのZ-37A。各部の細かい塗り分けを塗り塗り。これで全体塗装はおおむね終わったんで、さて滅多にやらない汚しをするか否か。それはそうとエアブラシ出すのが面倒なので黒やら銀やら筆塗りしたらムラが酷いw やっぱもう筆塗りには戻れない身体になってしまったのね…。(^^;) #東欧機祭り
11-18 02:05

Z37a_01m1_Z37a_01m2_昨日から今日にかけてのZ-37A。たまには汚してみようと思い☆★のスミ入れ塗料(ブラウン)を全体にぺたぺた塗ってから、ペトロールを染ませたキムワイプやら綿棒やらで拭き取ってみた。作業終盤に尾翼が取れたので再びくっつけて、ついでに車輪と農薬散布口(なのか?銀色の部分)を付けた。
11-24 01:20

世間ではこの作業を「ウォッシング」と言うらしいが、汚しているのに「洗う」とはこれ如何に。そういやこの作業中にアクリジョンで塗ったツヤ消し黒がハゲチョロゲになったのでガンダムマーカーでリタッチした。
11-24 01:22

Z37_10Z37_12あとは車輪の泥よけ付けたり細かなディテールうpをしてからデカール貼ってクリヤー吹きすれば完成なわけだけど、まず泥よけをどうやって付けようかと悩む。実機は自転車みたいに車軸からステーを伸ばして付けてるんだけど、そんな細かいモノは当然パーツ化されてない。
11-24 01:27
 

あ、Z-37Aに関するツイート、タグ付けるの忘れた。まぁいいか。
11-24 01:30

Z37a_01n1_Z37a_01n2_本日のZ-37A。主車輪の泥よけのステーを伸ばしランナーで自作して脚柱に取り付けた。実機よりステーの数が足りないけどもう力尽きたw これでキットのパーツは全部付いたんで、もうデカール貼りやることにする。けど今月のお休みはもうないので、今月中に完成しないことが確定(涙)。#東欧機祭り
11-27 02:11

Z37a_01o_久々のZ-37A。やっとデカール貼りができた。KPのデカールはニスが薄くて機体表面にピッタリ馴染んでくれる佳き物。とはいえ薄すぎて気を抜くとすぐ折れてしまうので所々苦労した。あとさすがにリブだらけの主翼表面だけはソフターのお世話になった。次nottemita のお休みにクリヤー掛けできるかな。#東欧機祭り
12-09 00:02

Z37a_01p1_Z37a_01p2_Z37a_01p3_Z37a_01p4_
 
 
 
 
KP1/72ズリンZ-37Aチェメラック、できたどー!#東欧機祭り の〆切りから半月遅れたけどこれにて完成とす。簡イならではの細部の省略が激しいけど、ディテールアップはキリがないので適当なとこで切り上げた。ドンパチとは縁がない農業機を作るのもなかなか楽しいもんであるのぉ。
12-12 01:57

なお機体のメーカー名について、キットでは「LET Z-37A」としていて、でも『Z-』で始まるのはズリンのはずだよなぁと思って「z-37a čmelák」でググったらヒットしたサイトがどれも「Zlin Z-37」としてたので、やっぱそうなのかということに。
12-12 02:00

Zlín Z-37の英語版ウィキペディアでは冒頭で『also known as LET Z-37 Čmelák』と書かれてるけど、 なぜなのかは書かれておらず。LETの日本語版ウィキペディアには「Z-37 Cmelak農業機を開発」と書かれてるけど、ZlinとLETの関係には触れず。
12-12 02:05

ちうことでZlínでググったら、それはチェコの都市名であり「Aviation company Zlin Aircraft a.s. established by T. Bata 1934」とあった。けど相変わらずZlinとLETの関係はよくわからん。教えてえらいひと。
12-12 02:13



 とまぁ、そんなわけで2ヶ月半掛けて完成と相成りました。これで今年のヒコーキ作りはお終いとなりそうです。いま進行中の「平成最後のファントム祭り」という実に面白そうなwebコンペもあって、こっちにもチラッと顔見せだけしてはいるんですがまず〆切りに間に合いそうもないので、あとは年末まで ねこぶそう でも弄ってますかねー。(ΦωΦ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

百里基地航空祭、行ってきますた!

Pc025484Pc025477Pc025474Dsc_2880
Dsc_7826Dsc_2556Dsc_2802Pc025510
Dsc_7824Dsc_7848Pc025517Dsc_7852
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今年でオジロワシのファントムが見納めということなので、何が何でも行かねばだった百里基地航空祭。今年は基地内に駐車場が設けられないので初めて読売旅行のバスツアーで行ってきますた。結論から言うといいですわこれ。理由はあとで。

 メダマは第302飛行隊の2機のスペシャルマーキング機。これが会場中央に展示されたのみでなくビュンビュン飛んでくれたのですからもう言うことナシ。対抗する第301飛行隊も第501飛行隊も負けてはならじと派手に飛び回ってくれて、一日中J79の爆音浴ができてもうサイコー。途中で第303飛行隊のF-15Jも飛びましたが正直言って影薄いです(爆)。

 地上展示機はハッキリ言って寂しい限りでしたが、2019年度には百里に来るという第3飛行隊のF-2Aはインテーク右舷にJ/AAQ-2外装型FLIRポッドを吊り、背中の大きなUHF/Tacanアンテナをインテーク下面に移設する改修を受けていて、現状ではF-2Aの最終進化形的。移設されたアンテナは右舷にオフセットされているのを初めて知りました。

 第301飛行隊がオジロワシフィーバーに負けじと起用したのが、にしにし氏(@nagatolove7)がツイッター上で展開するファントム擬人化キャラ“ファントムおじいちゃん”。ベースオペレーションの窓や展示物にこれでもかとあしらわれていました。

Dsc_2590Dsc_2609Dsc_2583Dsc_2651
Dsc_2693Dsc_2697Dsc_2684Dsc_2722
Dsc_2824Dsc_2863Dsc_2884Dsc_2912
Dsc_2921Dsc_2964
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 航過飛行はファントム各飛行隊から2機づつの6機によるデルタ隊形。一昨年の9機はやはり最初で最後だったのだなぁ。百里救難隊の展示のあと、第302飛行隊の記念塗装機2機はデモスクランブルで飛び上がってそのまま対地射爆撃デモに移行、地上ではVADSが応戦。第303飛行隊のF-15Jの機動飛行のあとは第301飛行隊の機動飛行と第501飛行隊の偵察飛行。いやーどちらも離陸直後やローパスはベタ低で、古のハチロクブルーを彷彿とさせるものがありましたねい。

 ということで、今回はバスツアーで行ってきたわけですが、自分で車出すのに比べて費用は大きく変わらないのに、1)前夜に有楽町から出発だから無理のない集合時間と場所、2)とりあえず前夜寝られる、3)朝はバスでエプロン地区のすぐ近くまで行ける、4)帰りはバスに乗ったら有楽町まで乗り換えなし、5)帰りは居眠りし放題!、といいことづくめ。欠点といえば 1)バスの座席が窮屈なので寝にくい、2)帰りに基地を出る時間が決められている、3)最後に有楽町に着く時間が読めない、くらい。あ、3番目は自分で車出しても家に帰り着く時間は読めないから同じか。なので次回からはこっちかなぁ。(*^^*)

 なお今回、途中でコンデジが故障したのが痛いです。スマホの写真ではやはりどうにもイマイチです。でもググってみたら今回のこの症状だと修理に出す必要があって、しかも修理費が本体価格より高いみたいなので、次期主力コンデジの選定に入る必要がありそうです。とはいえ先立つ物がなぁ…。(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.03

入間基地航空祭、行ってきますた!

Pb035434Pb035423Pb035429Dsc_1889
Pb035405Dsc_1905Pb035397Pb035401_2
 
 
 
 
 
 
 今年は入間で歌舞伎鑑賞と洒落込んでみました(違 今年は入間基地の創設60周年、また所在する第2輸送航空隊と飛行点検隊も同じく創設60周年、入間ヘリコプター空輸隊が創設30周年という節目の年に当たり、第2輸送航空隊は第402飛行隊のC-1(#026)に歌舞伎の隈取りをモチーフにした記念塗装を施したのです。これはもう、見に行くしか。(`・ω・´)

 他にも中部航空方面隊司令部飛行隊(中司飛)のロービジT-4(これも記念塗装らすい)とか、入間初見参の美保のC-2とか(機体自体は横田でも展示された#207でしたが)、NP2000プロペラに換装した三沢のE-2Cとか(これは想定外のヨロコビ)、松島のF-2Bが津波被害から復活した#111であったりとか、細かく見れば見どころもあった地上展示機(飛んだのも含む)なのでした。

Dsc_1916Dsc_1940Dsc_1991Dsc_2042
Dsc_2051Dsc_2090Dsc_2106Dsc_2158
Dsc_2265Dsc_2284Dsc_2306Dsc_2317
Dsc_2356Dsc_2362Dsc_2405Dsc_2422
Dsc_2427Pb035442Dsc_2443Dsc_2447
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 飛行展示は、中司飛のオープニングフライト、飛行点検隊(YS-11お婆ちゃん魂の飛行!)、入間ヘリ空輸隊、百里救難隊といういつもの顔ぶれのあと、歌舞伎C-1をリーダーにした第402飛行隊と陸自第一空挺団、中司飛のT-4×7による“シルバーインパルス”、そしてトリはブルーインパルス。ブルーは演技中、飛行空域に他機の侵入があって一時中断、また上空の天候のため一部演技がキャンセルとなったりで、ちょいとばかし消化不良だったのが残念無念。

Dsc_2452Dsc_2459Dsc_2476Dsc_2500
 
 
 
 ブルーの飛行が終わったら、降りを待たずに正門脇の会場に移動。警備犬訓練展示の最後の回になんとか間に合いました。うむ、勇ましいわんこもやはりわんこなのでカワイイのでありました。(*´∀`*)

 なお今年の入場者数は19万人だったそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.20

横田基地友好祭、行ってきますた!

01_p916516702_p916516803_p916524604_p9165251
09_dnl0cdbu0ae_h3e06_p916521407_dsc_169508_dsc_1728
05_p916521810_p916518511_p916520212_p9165184
13_p916519014_dsc_172115_dsc_173216_p9165175
17_dsc_173618_dsc_186319_p916522520_p9165235
21_p916520722_dsc_169123_p916524024_dsc_6566
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 昨年は行けなかったため、ワタシ的には2年ぶりとなった横田基地日米親善友好祭、16日に行ってまいりました。今年はYJ印のC-130J-30、すでに横田の住人となっているCV-22B(脇には機内に積載可能なMRZR[と書いてエムレーザーと読む])に加え、RQ-4B、C-5M、それに空自のC-2とワタシ的にはお初にお目に掛かる機体がてんこ盛り。他にも久し振りにF-16が5機も集結(OS×2[1機は36FS創設100周年記念塗装]、WW×1、WP×2)してたり、ぁゃιぃハークが2機(MC-130H、MC-130J)もいたり、百里救難隊のUH-60Jに空中給油ブロープが付いてたりとかして、いつにも増してじっくりと展示機エリアを見回ってしまいました。

25_dsc_161626_dsc_166827_dsc_167428_dsc_1735
29_dsc_177930_dsc_179731_dsc_184732_dsc_1852
 
 
 
 
 

 さらに地元機の飛行展示もあって、ハークが2機上がって空挺降下を見せたり、UH-1Nが救難展示を見せたり(したらしいけど見てないので詳細不明(^^;)、そしてトリを務めるのはCV-22B!いやー今年は来てよかったです。オスプレイの飛行時の音については、やはりヘリモード時はそれなりにうるさいと感じました。UH-60とCH-47の中間くらいって感じですかね。けど上がってしまえば固定翼モードで飛び去るのですぐに静かになります。そして水平飛行時はただの小型プロペラ機。だから飛行場のすぐ近くで「静かだから」と言うのは、ワタシらみたいに理解がある人に言うならまだしも、そうじゃない人だとちょっと無理がありそうな気がしてしまいますねい。

Dnma_lpvyaaahzeDnmhtpcu8aa6v1sDnmsxtu8aebau6Dnmtjsivaaaat5z
 
 
 
 
 
 

 今年はお客様からチップとして頂いたUSD紙幣が$25分貯まっていたので、ここぞとばかりに会場内の買い物で使いますた。写真のブツのほか水も買ってきっちり使い切りましたとも。ただ、場内の為替レートは$1=¥100だったので結構損してるような気もしますな。(゚∀゚)

 そんなわけで十二分に楽しめた横田FSDでありました。なお今年は9月9日に予定されていた木更津航空祭が、直前の6日に起きた北海道胆振東部地震のあおりをモロに喰らって中止になってしまったので(上に載せたAH-1Sのスペマーはそこでお披露目されるはずだったもの)、陸自のヘリ分が足りません。なので当初は行かないでいいかと思っていた29日の立川防災航空祭に行くことにしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.10

れす☆きう![もしくは2019年静岡への序曲](ハセガワ&モノグラム&スケールウイングス1/72スカイレイダー その1)

 我らが模型サークル「Museo72」の、2019年静岡ホビーショー合同展示会のテーマは「Rescue」であります。特に飛行機である必要はないのですが、いちおうは飛行機モデラーの看板を掲げてるのでやはりワタシは飛行機を作るのです。

 …あ、そういや12月に発売予定の、ハセガワ1/72のパンター6×6も空港用の消防車だからこの範疇に入るな…それもかなりミリキ的だな…

 それはさておき、あーでもないこーでもないと散々悩んだ挙げ句、選んだのはダグラスAD(A-1)スカイレイダーであります。以前、盟友 降下猟兵 さんにいただいたモノグラム1/72のA-1Eがありまして、これのデカールが機番だけという寂しいモノだったのでカラカルモデルから出ているA-1E/AD-5用デカールを買ったわけですが、このデカールで作れるうちの OPTION 1 が機番だけのつまらないものなのに「aircraft flown by Maj. Bernie Fisher during the mission that won him the Medal of Honor」という注釈が付いておりまして。これは何なのだと調べましたら、英語版ウィキペディアにバーナード・F.フィッシャー少佐のページがありました。それによりますと、バーナード・F.フィッシャー少佐はベトナム戦争中の1966年3月10日、乗機を撃たれて敵の飛行場近くに不時着した仲間を、銃弾飛び交う中で自機をその飛行場に着陸させて救出したその功績により、1967年1月19日にジョンソン大統領から名誉勲章を受けたのだとか。そんなエピソードがある機体ならばテーマの「Rescue」に相応しいではありませんか。塗りは OPTION 2 のほうが面白そうではありますが。(^^;)

 スカイレイダーをやるのなら、この際手持ちのキットを一気に片付けてしまいたくなるのが人情というもの(そうか?)。そんなわけで、モノグラムのA-1Eに加えてスケールウイングスのAD-5W、ハセガワのA-1H×3もやってしまおうと相成りました。まぁあと8ヶ月(これを書いてる9月10日時点で)もありますし、なんとかなるのではないかと。なるといいなぁ。

 ということで現時点までの進捗をまとめてみたり。



 来年の静岡でのMuseoのテーマ「Rescue」向けのネタがなんとなく見えてきた。ヘリでは当たり前すぎるので固定翼機。幸いキットは手元にあって、デカール(キット付属は使い物にならないので別売のを買っておいた)も参考文献もすぐ見つかったので、今日の妄想はここまでにしておこう。
06-02 01:53

P6055049P6055043 倉庫を漁って来年の静岡向けのネタ出し。Museoのお題「れすきう」絡みでこんだけ出してみた。あとここに入れ忘れたけどNMCのU-125Aも。右上のスカイレイダーはほぼ決まり。あとはジョリグリを混ぜるかどうか。左下のはやらない。やらないったらやらない。(゚ー゚)キッパリ
06-05 22:39

P6055048 それと手持ちのスカイレイダー全部。KMCのディテールアップパーツはもうひとつ欲しかったなぁ。A-1Eやるならついでに片付けちまうか?(゚∀゚)
06-05 22:41

P6055050 あー忘れてた、デカールはこれもあったんだ。てことでNMCのU-125Aと一緒に。
06-05 22:50
 

 でもせっかく早く帰ったのなら何事かを成し遂げたいので、来年の静岡ネタであるところのスカイレイダー'sに使う色を見繕ってみた。今のところは手持ちで賄えそうな気がする。
07-08 01:56

Va25specbomb010bDba1051bf11e0dacbe88bb276d62512e 海軍のA-1H、吊しモノの妙としてVA-25の便器爆弾はやるけれど(ハセガワのキットもあるし)、マーキングの派手さで有名なVA-176もやりたいなぁ、と。でもそれ用のキットもデカールも手持ちにないのであった。今さら手に入らないだろうし、こっちは諦めるか。
07-08 02:04

A1_01a1_A1_01a2_A1_01a3_A1_01a4_
 
 
 
 
 戯れにスケールウイングスのAD-5Wを洗ってみた。子細に見ると新興メーカーの簡イらしさが随所に。潔く省略された胴体上下面のスジ、機体表面各部に残るキズやイボ、そして意味不明な細分化をされたコクピット内パーツ。「これ、ホントに完成させられるのか?」と恐れ戦くようなキットだわ。
07-11 02:41

A1_01b1_ #凸モールド無改造コンペ とは関係ナシに(今週末までに完成するわけがないし)モノグラム1/72のA-1Eに手を付け始めた。まず儀式として五式犬さんちのご機嫌クリーナーでパーツをご機嫌に洗ってから、コクピット内の黒を塗りたくったった。今宵はここまで。
07-18 02:16

A1_01b2_ ( ゚∀゚)o彡゜USA! USA!
07-18 02:17
 
 

A1_01b3_ しかしこのパイロットフィギュアはなんでこんな格好してるんだろ。飛来する米軍機を狙ったベトコンの小銃弾がたまたま腹と首に当たってしまい、悶え苦しんでる様(さま)にしか見えないぞ。(^^;)
07-18 02:19

A1_01c_ 本日のA-1E。お人形さん塗ってコクピットのサイドコンソールの彫刻にドライブラシしてコクピット後方に隔壁を自作。普段乗せないお人形さんを乗せるのはコクピット内が余りにも寂しすぎるから。後方の隔壁は、やっぱ素通しは拙かろうと。なお主計器盤はデカールを台紙から切り出してそのまま貼る。
07-20 01:48

A1_01d1_A1_01d3_A1_01d2_ 本日のA-1E。尾輪の工作。パーツは胴体左右を合わせる時に挟み込む構造なんだけど、これじゃ合わせ目消しや塗装に邪魔なんで真鍮線を介してあとから差し込めるようにした。なに収納庫?ひっくり返さないと見えないモノは知らん。キットの持ち味を生かすのじゃ。
07-28 02:34

A1_01d4_A1_01d5_A1_01d6_ ということで目出度く胴体左右を貼り合わせた。尾輪式だから機首の錘なんて気にしなくていいのが佳き哉w パイロットさんには首と脇腹を押さえた姿勢のまま座ってもらった。キャノピー被せるとパーツの厚みでレンズになってしまってるので頭が伸びるけど気にしない。キットの持ち味を(ry
07-28 02:38

A1_01e1_ ここ数日のA-1E。胴体の合わせ目消しをして主翼を組んでみた。左翼の機関砲1門は折れたw 主脚収納庫は白く塗ったけど、空軍機だから脚柱ともどもエアクラフトグレーかもしらん。
08-05 00:53

A1_01e2_A1_01e3_A1_01e4_A1_01e5_
 
 
 
 
 ささやかなディテールうp。エンジン排気管に穴を開けた。チラッと見えて佳き哉。これ、スケールウイングスのAD-5Wはもちろん、ハセガワのA-1Hでもやらんとならん。あと機関砲は砲口に穴開けるには細すぎるので凹ませるだけにした。これもAD-5WとA-1Hにやらねばならぬ。
08-05 00:58

A1_01e6_A1_01e7_ ここまできたのなら十の字に仮組みしてブンドドするのはお約束w けど何も考えんとそのまま付けたら主翼の上半角が全く付かないことが判明。くっつける時になんか手当てせんならん。
08-05 01:00

A1_01f1_A1_01f9_ 本日のスカイレイダー。モノグラムのA-1Eは主翼の合わせ目消しをしてたら翼端部分にでっかいヒケを見つけたのでパテ盛り。写真はナシ。A-1Eに少々飽きてきたのでスケールウイングスのAD-5Wに手を付ける。コクピット内の黒なんかを塗ってみた。しっかしなんでここまで細分化するかねぇ。
08-09 01:41

A1_01f2_A1_01f3_A1_01f4_A1_01f5_
 
 
 
 
 スケールウイングスのAD-5W、簡イなだけに楽しませてくれそう。ゲートはまるでアンダーゲートみたいだけどそういうわけじゃない。これじゃ手間が増えるだけだ。そしてパーツの合わせ目も荒れまくり。貼り合わせる前にペーパー掛けして平滑にするという作業がいる。手が鍛えられるね!('A`)
08-09 01:44

A1_01f6_A1_01f7_A1_01f8_ このAD-5W、主翼下面パーツの表面にはいかにも穴を埋めましたという風情のうっすら丸いポチポチが並び、上面パーツの裏側には前縁部にいかにも何かを切り取りましたという妙なモールドが。そしてその謎は3枚目のハセガワA-1Hの主翼パーツを見れば解明されるのです。(゚∀゚)
08-09 01:48

A1_01g1_ 本日のAD-5W。コクピット組んだー。これ組むとバックにあるランナー1枚のパーツをほぼ使い切るけど、正直言って意味わかんない細分化で苦労の連続。
08-18 01:15

A1_01g2_A1_01g3_A1_01g4_ パーツの精度が悪いから全てのパーツで切り出した後の整形処理が必須だし、そのまま組むと胴体内に収まらないしで、とにかく金ヤスリでゴリゴリ削り倒してなんとか形に。ランナー段階で色塗りなんて無駄だったw ただデカールの質と発色はいいから、きちんと組めればマーキングが楽しみではあるぬ。
08-18 01:21

 AD-5(A-1E)は改設計でAD-4に比べ胴体を伸ばしたというのはいいんだけど、その数値と伸ばした場所がよくわからん。世傑No178では「55cm延長」とだけあってどこを伸ばしたのか分からず。MA98/7では「全長は約46cm長くなり(略)エンジンの位置を約20cm前方に移動」とあるがやはりどこを伸ばしたのは不明。
08-22 15:37

 46cmにせよ55cmにせよ、1/72にすれば6mm以上なので無視できない数値のハズだが、モノグラムのA-1EとハセガワのA-1Hの胴体長はほとんど同じなんだよな。どうなってんのこれ。もちろんSWのAD-5Wの胴体も同じ(ハセガワが元なんだから当然だ)。
08-22 15:40

※ツイッター上で仲間と議論をした結果、「胴体の延長はない」という結論に達しますた!

A1_01h1_ そしてSWのAD-5Wは後部胴体下面が見事にのっぺらぼうだけど、実機はエアブレーキ撤去跡の穴ボコをそのままにしてるとかで大きな凹みがあるし、尾輪の格納部も違わねーかこれ。ここの造作が分かる写真ないかな。飛行中の姿を真下から捉えた写真とか、駐機中の機体の下に潜り込んで撮った写真とか。
08-22 15:51

 それでなくてもSW(スケールウイングスね念のため)のAD-5Wは組み立てるだけで大変なのに、ここまで造作が違うとやる気が失せるw もそっと資料を漁るか、それとも今回はAD-5Wをお蔵入りにするか。ちょっと悩もう。
08-22 15:56

Ea1e2@PaveSpike
これなんてどうですかね
08-22 15:57
 

@PaveSpike
この辺も参考になるかもです。 http://tailspintopics.blogspot.com/2016/04/ad-5w-belly-detail.html
08-22 16:07

@PaveSpike ご紹介のブログにSWのキットの記事がありましたわ。カナーリ問題あるキットみたいでますますやる気が失せたやうな。(^^;)
http://tailspintopics.blogspot.com/2016/09/skale-wings-172-douglas-ad-5w-skyraider.html
08-22 16:19

A1_01h2_ 本日のA-1H。スケールウイングスのAD-5Wはしばらく塩漬けにすることにして、ハセガワのA-1H×3に取り掛かることとす。コクピット内の317番を塗ったところで本日はお終い。
08-23 02:12

A1_01h3_A1_01h4_ 作業時間の大半はKMCのハセガワA-1H用ディテールアップパーツの整形に費やしてた。コクピット内、主車輪、カウリング先端のパーツが入ってて、椅子と主車輪は海軍型と空軍型が入ってるのでお得。今回は海軍機に適用することにして、余った空軍用の椅子と主車輪を空軍機に回す。これあと2セット欲しいw
08-23 02:16



 とまぁ、全く様相の違うキット3種5機を五月雨式に作り始めてみたわけです。で、ここまできたところでツイッター上で「#東欧機祭り」なる美味しそうなお祭りが始まったので、うっかり乗っかってしまいました。ということでスカイレイダーはしばらくお休み。(゚∀゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.06

これはスゴイものだ(ちょっと物足りないけど(^^;)(技MIX1/144 P-3C)

 タカラトミー1/144の技MIXシリーズ、もう終わってしまったみたいですけど(公式サイトも2年前から更新されてませんし)、今回オライオンを組んでみてそのお値段に見合う くおりてー の高さを改めて実感しましたよ。「今回」といっても3ヶ月も前なんですけどね。(^^;) ←早くまとめろや



144mix_p3c_01a_ 押し入れの中で結構な存在感を放っていた技MIXのオライオン、何の気なしに作り始めて1時間ちょっとで胴体できた。よく考えられたパーツ割りで合わせ目は目立たず、塗装済みなので組んでいくだけで良いのはラクである。そしてもちろん完成後の置き場所など考えていないw
06-12 01:42

144mix_p3c_01b_144mix_p3c_01c_ とはいえイッチョンチョンなので細かいパーツは米粒より小さいのもあるし、しかもこんな奥まった所に小さな窓パーツを付けろとかあってかなりの無理ゲー。ここは以前ツイッターで見て買ったダイソーのストーンキャッチャーが大活躍の巻。老眼の身にはかなりツライぞ。(^^;)
06-12 01:45

 あとパーツが小さすぎて切り離し後の整形も大変なので、ニパ子も強い味方になってくれる。上手く切れば整形不要。
06-12 01:48

144mix_p3c_02_ 本日の技MIXオライオン。完成まで持って行きたかったけど、細かい作業の連続なんでここで力尽きたw 続きは次の公休日であるところの土曜日かなぁ。
06-13 01:09

144mix_p3c_03_ 本日の技MIXオライオン。組み立ておしまい。あとは機番のデカールを貼るだけだけど、翼下にALQ-78を吊ったのでインストの指示により5014か5039のどちらかになる。完成は次の公休日だぬ。
06-17 02:16

144mix_p3c_04_ 本日の技MIXオライオン。機番のデカール貼った。どうせなので選択肢の中で一番古い機体にした。けどこのデカール、いわゆる「アシタのデカール」なんで明日以降ニスを剥がさないと完成にならんぬ。上手くいくといいんだけど。
06-22 02:26

144mix_p3c_05a_ 技MIXオライオン、あとはデカールのニスを剥がすだけだからと思ったけどアカンやんこれ。全然貼りついてないやん。orz …しかしこうやってアップにするとキャノピーパーツの段差が目立つな。30cm離れると全然気にならんのだけど。
06-23 01:00

144mix_p3c_05b_ 以前LSのキットで献納機(下総航空基地のどこかにあるハズ)を作った時に使った本家アスデカ、引っ張り出してみたらちょうど今回使える5039の機番があったんで、次の公休日にこれでリベンジしたいとぞ思ふ。ただ垂直尾翼のは天馬のマークとニスが繋がってるんで、切り離しは慎重にせんならん。
06-23 01:04

144mix_p3c_06_ 本日の技MIXオライオン。アシタのデカールから機番を切り出して貼り付けた。明日ニスを剥がすのだ。上手くいけば完成。
06-26 00:49
 

144mix_p3c_07a_144mix_p3c_07b_144mix_p3c_07c144mix_p3c_07d_
 
 
 
 
 技MIX1/144 P-3Cオライオン第5航空隊、できたどー!やっぱし本家アスデカは頼りになるw しかしお高いだけあってイッチョンチョンでも最初からここまで細部表現されてるし、オレはもうこれで充分だなぁ。パーツは細かいけど。(^^;)
06-26 20:45



 組むだけでオレが作ったものよりカコヨクなるんですから、もうやってらんない的(笑)。けど何か物足りないという気がするのも確かではあります。そんなこんなで技MIXはたぶんこれで打ち止め。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.22

2018年の静岡、もう終わっちゃいました(^^; (ハセガワ&独レベル1/72トーネード その4)

 このトーネード製作記、間が開きすぎw 前回の『その3』がちょうど1年前の去年の静岡が終わった後だってんだから、いかにブログをサボっていたかが分かりますぬ。ダメじゃんオレ。

 ということで、ドイツ機を仕上げたあと、今年の静岡用のイギリス機とイタリア機の製作記というかツイートのまとめですよ。



Tornado_04a_ ちまちまと弄ってきたトーネードの吊しモノ工作、とりあえずオワタ。背景がごちゃごちゃしてて分かりづらいとは思いますがw 増槽は同じ330galのものなのに、ハセガワの方が独レベルよりひと回り大きいのはなぜなんだぜ?
5:33 - 2017年8月28日

作ったものは330gal増槽×6、AIM-9L×2、AIM-132×2、AGM-88×2、GBU-12×2、ブリムストーン×3、BOZ-107×5、AAQ-28、スカイシャドウECMポッド、それに必要なランチャーとかパイロンとか。4機分となるとさすがに飽きてくるw
5:37 - 2017年8月28日

※GBU-12、本当はペイブウェイIVなんですがウェポンセットにないので代用。なに、言わなきゃ判りませんて。(^^;)

BOZ-107のうち足りない3本はエアフィックスとエレールのウェポンセットから。エレールのは左右のフィンがないタイプなのでプラ板で自作。独レベルのキット付属より明らかにディテールは落ちるけど気にしないw あとスカイシャドウはハセガワではなく、ディテールが数段上の独レベルのもの。
5:38 - 2017年8月28日

Tornado_04b1_Tornado_04b2_ 実に5ヶ月振りにマトモにトーネード作りを進めてみる。サフ吹きしようと一度仕舞ったパーツを全部出して支度して、さて胴体はと思ったらまだ工作終わってなかったんで細々と部品を付けたりなんだかんだと。イタリア機の機首下面にある出っ張りはレベルもハセガワも完全に無視してたので自作。
01-30 01:21

※イタリア機の機首下面にある円錐形の出っ張り、程なくして背中にもあることに気付いたので最後に自作して付けました。

今週末は金曜土曜となぜか連休なので、ここらへんでサフ吹きは終わらせたい所存。雪降んなよ寒いから。
01-30 01:22

Tornado_04c1_Tornado_04c2_ トーネード×4のサフ吹き終わったんで片付けて駅前に出掛けてこなくては。
02-03 17:19
 

Tornado_04c3_ 本日のトーネード。ようやっと全体のサフ吹き済ませた。けどハセガワの主翼上面のヒケが気になるレベルだったので改めてパテ盛り。あと湯回り不良で欠けていた独レベルの風防のハカマをプラ板で直して、キャノピー表裏にあった妙な出っ張り(金型のキズっぽい)を消した。次はいつ弄れるのか。(^^;
02-04 01:20

Tornado_04d_ そして本日のトーネード。手直しした主翼上面にサフ吹いてキャノピーのマスキングをしてから塗装開始。まずは主翼付け根部分とか一部の吊しモノとか。塗装の段取りをきっちり考えながら進めないととても静岡に間に合わんなこれは。
02-25 23:20

Tornado_04e_ 本日のトーネード。主翼付け根のグレーの面積が足りなかったので再度吹いて、排気口廻りのメタリックを2色吹いた。次はこの2箇所をマスキングしてから黒を吹くのがいいのかな。
03-02 01:20
 

Tornado_04f_ 本日のトーネード。白吹いて細かいトコロの色差しして、と。明日はマスキングして黒を吹こうとぞ思ふ。(`・ω・´)
03-11 02:34
 

Tornado_04g1_Tornado_04g2_ 本日のトーネード。黒吹いた。4機中2機は全身真っ黒、1機は下面と背中の真ん中が黒、1機はドーサルスパインが黒、ということで吹く部分が多くて2時間以上掛かったw 今月中に全体塗装終わらせられるかしらん。あ、タイヤも16個塗らなくちゃだわ。
03-12 02:21

Tornado_04h_ 本日のトーネード。体調不良なのでエアブラシ作業はせず16個のタイヤをちまちま塗っただけ。こんな体たらくであと2ヶ月を切った静岡までに間に合うのか。KWAT先生の次回作にご期待下さい。(・ω・) ←アキラメタラソコデ(ry
03-17 00:40

Tornado_04i1_Tornado_04i2_ 昨日と本日のトーネード。全体塗装おおむねお終い。次の公休日である31日にちまちま修正とちまちま塗りが終わらせて、ついでに排気口の塗りも終わらせたいところ。でっきるっかなでっきるっかな、はてはてふむ~ん
03-27 00:21

Tornado_04j1_Tornado_04j2_ 本日のトーネード。機体各部やパーツ類の塗り修正&ちまちま塗り、排気口の塗りがオワタ。次の休みはデカール貼りの準備に掛かれるぬ。今日ざっと見た限りでは吊しモノの一部やF.3のコーションがちょっと足りなそうな悪寒。おのれハセガワめ…。orz
04-01 01:30

Tornado_04k_ 本日のトーネード。コクピット部のマスキングを外して吹き零れを修正して計器盤フードを塗って、前回見落としてた ちまちま塗りの続きをやって、GR.4Aに貼るデカールを切り出した。ハセガワのキット付属だけじゃ賄えなくて独レベルのGR.1からも流用が必須。
04-06 01:51

Tornado_04l1_Tornado_04l2_ 昨日と本日のトーネード。ブリテンの2機のデカール貼り、とりあえずオワタ。F.3のレスキューアロー、実機は枠のみのタイプなんだけど流用できそうなのがなかったので泣く泣くキット付属のもので。垂直尾翼端のチェッカーはデカールが崩壊したので手描き。グチャグチャやねんな…。(´・ω・`)
04-11 02:08

2機ともコーション類はそれぞれのキット付属と独レベルGR.1付属を中心に手持ちのジャンクデカールを漁ってなんとか揃えた。特にF.3のほうはキット付属が80年代のもので21世紀になってからのと異なる部分が多々あるんでキツかったなりよ。
04-11 02:11

Tornado_04m_ 本日のトーネード。イタリア空軍機のデカール貼り1機オワタ。カルトグラフなせいかフィルムが硬くていざ貼ろうとすると割れる割れるw 幸いマークソフターは効くけど。元々イタレリのキット用なので垂直尾翼のマークなど一部合わない所があるためタッチアップせねばねば。デカール貼り、残るは1機。
04-16 02:28

Tornado_04n_ 本日のトーネード。イタリア空軍2機目のデカール貼りオワタ。これしかないから楽勝かと思ったらそうでもなかったw 何はともあれ、これでデカール貼りは4機全てお終い。明日は厚木行くから次の休みにクリヤー掛けするかぬ。どうやら先が見えてきた…かな?
04-20 23:24

Tornado_04o1_Tornado_04o2_ 本日のトーネード。クリヤー吹きの準備できた。30日にも吹こうかぬ。7部ツヤ、半ツヤ、ツヤ消しとそれぞれで分けなきゃなのでちりっと面倒。まぁその順番で吹けばエアブラシのカップ洗わないでもいけるじゃろ。
04-27 00:35

Tornado_04o3_Tornado_04o4_Tornado_04o5_Tornado_04o6_
 
 
 

 今日クリヤー吹きまで行けなかったのは、昼間出掛けてたとか特別趣味のみらげが届いたからとかあるけど、最大の理由がこれ。いつの間にこんなことに。こんなに欠けちゃってたら直さないわけにはいかんよ。瞬着盛ってヤスって筆でぺたぺた塗って、遠目には分からんくらいにはなったのではないかな、と。
04-27 00:39

Tornado_04p1_Tornado_04p2_Tornado_04p3_ 本日のトーネード。クリヤー吹きが終わったのでGR.4Aから仕上げの組み立て開始。なんだけどトーネードは脚の造りが独特で接着してもすぐに立たせられないのでとりあえずここまで。前にも書いたけど胴体下パイロンは独レベルから流用して改造してある。ハセガワは左右の分しかないし形も違う。
05-01 00:08

どうにもまだ完全に復調してないようなんで(腹具合が治らん)今夜はもう寝てしまうこととす。このペースではトーネード4機全部は静岡に間に合わんぞどうするオレ。まぁこんな時に風邪引くのがアカンのだが。_(:3」∠)_
05-01 00:10

Tornado_04q1_Tornado_04q2_ 本日のトーネード。全機にあんよを生やしてまずはブリテンの2機から仕上げに掛かる。この期に及んでGR.4Aのレドームの色がオカシイことが判明して急遽塗り直すという極悪イベントが発生したりしたけど、なんとかここまで追い込んだ。最悪この2機は間に合うだろうけど、休日はあと2日間…(呆
05-02 02:16

Tornado_04r1_Tornado_04r2_Tornado_04r4__Tornado_04r5_
 
 
 

 【そくほう】ハセガワ1/72トーネードGR.4A、できたどー! これで最低限の義理は果たしたぜい。ヽ(´▽`)/
05-03 01:38

Dsc_0579_Dsc_0580_Dsc_0576_ なお昨年作ったドイツ空軍機3機と出来具合を合わせるため、今年作ってる機体もスミ入れすらしてません。世間ではそれを手抜きとも言います。(゚∀゚)
05-03 01:42

Tornado_04s1_Tornado_04s2_Tornado_04s4__ 【そくほう】ハセガワ1/72トーネードF.3、できたどー!2機目!ドイツレベルの3機目4機目は出来てもギリギリかなぁ。
05-03 21:45

Tornado_04t1_Tornado_04t2_Tornado_04t4__Tornado_04t5_
 
 
 
 
 
 

 【そくほう】ドイツレベル1/72イタリア空軍トーネードECR、できたどー!3機目!残るはあと1機だがんがれオレ!
05-07 01:28

@kwat_01 なおこの作品に使用したデカールは元々イタレリのキット用で、ミクトさん(@MktSasga)から提供していただいたものでありまする。ミクトさんありがとー!ヽ(´▽`)/
05-07 01:41

Tornado_04t6_ ということで最後の1機はいまここ。独レベルのキットは脚が弱い(嘆 次の休みは出発前日の11日なので、昼間のうちにやっつけられるのではないかと。
05-07 01:30

Tornado_04u1_Tornado_04u2_Tornado_04u4__Tornado_04u5_
 
 

 
 【そくほう】ドイツレベル1/72イタリア空軍トーネードIDS、できたどー!これで4機全部完成!ヽ(´▽`)/
05-11 13:41

Shs2018_01_Shs2018_02_ ということで静岡のお品書き(違 1枚目は「museo72」のほう、お題の『英国機』に合わせて英空軍トーネード2機と英軍トラック。2枚目は「@nifty模型フォーラムOB会」のほうで、新作の伊空軍トーネードに加えて昨年Museoに出した独空軍トーネードも並べちゃおう。
05-11 13:46



DcxyfeuqaajgblDc0i6puqaatv6a ということで2018年の静岡も無事終わりました。今年は前日徹夜などという無謀もせずに済んだのが何より。そして2016年の静岡直後から構想を練り始め、2017年早々に作り始めたトーネード×7機量産がやっと完結したのでありました。よしエラいぞソレ!ヽ(´▽`)/

 では改めて会場に展示された各機と、トーネード以外の静岡出品作を並べてみます。まずはMuseo72のほう。

Shs2018_03_トーネードGR.4A(ハセガワ1/72)
[イギリス空軍No.2Sqn.所属、飛行隊創設100周年記念塗装機(2012年)]
吊しモノはペイブウェイIV(のつもりのGBU-12)×2、ブリムストーン×3、AIM-132×2、AN/AAQ-28ライトニングII、330gal増槽×2、BOZ-107チャフディスペンサーポッド、スカイシャドウECMポッド。尾翼に描かれている複葉機は飛行隊の初代装備機である Royal Aircraft Factory B.E.2 です。

Shs2018_04_トーネードF.3(ハセガワ1/72)
[イギリス空軍No.43Sqn.所属、飛行隊創設90周年記念塗装機(2006年)]
吊しモノはひとつも無し。

Shs2018_05_ベッドフォードMK 4トントラックG.S.ボディ (エアフィックス1/76)
[国連軍で使用されたもの。細かいことは分かりません(^^;)]

 
 
 次に@nifty模型フォーラムOB会のほう。

Shs2018_06_トーネードECR(ドイツレベル1/72)
[イタリア空軍50゚Stormo/155゚Gruppo所属、50゚Stormo編成70周年兼155゚Gruppo編成65周年記念塗装機(2006年-2007年)]
吊しモノはAGM-88HARM×2、AIM-9L×2、330gal増槽×2、BOZ-107チャフディスペンサーポッド×2。

Shs2018_07_トーネードIDS(ドイツレベル1/72)
[イタリア空軍36゚Stormo/156゚Gruppo所属、156゚Gruppoトーネード飛行60,000時間記念塗装機(2007年6月)]
吊しモノは330gal増槽×2、BOZ-107チャフディスペンサーポッド×2。

旧作は省略。(^^;)

 さて、これにて2018年の静岡ホビーショーはお終い。来年のMuseo72のテーマは「レスキュー」と決まったので、戦後機者としてはどういうネタで行くべきか悩みどころ。基本ヘリになっちゃうので、なんとか固定翼機も絡めたい所ではありますが、そうなると今度は Search & Rescue となるんですよね。MU-2S+KV-107IIか、あるいはU-125A+UH-60Jか、ちょっと遡ってA-1+HH-3か。でもこれじゃ当たり前すぎるんだよな~。もそっと捻れないものか。←このひねくれ者めが!(゚∀゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.21

NAF厚木/海自厚木航空基地日米親善春祭り、行ってきますた!

P4214921Dsc_1583P4214926P4214931
P4214901Dsc_1608P4214965P4214968
P4214973Dbrvknauqaaew5t_2

 
 
 
 
 
 
 最高の天気に恵まれて行ってきました厚木基地。CVW-5がいなくなったせいか開門待機列がほとんどなかったらしいのですが、そんなこととはつゆ知らず、例年の開門待ちに嫌気が差して1030ごろに家を出たわけですよ。で、12時前にゲートに着いたらすんなり中に入れたのですが、これが空いてたせいか遅く着いたせいかはよく分からず。とはいえ中に入れば確かに例年よりは空いてたように思えたので、来年以降はまた始発電車で行ってみてもいいかな、と。

 CVW-5がいなくなった影響は『フライトが全くない』というところにも現れてましたが、遠く移駐先の岩国から駆けつけてくれたそのCVW-5の面々は見事に全機色気ナシ。そんな中で色付きを見せてくれたVAQ-209“Starwarriors”、尾翼のベイダー卿のイラストも鮮やかに、スターウォーズのテーマを流してゴキゲンですた。今年はもうこれでお腹いっぱいw

 次はもう9月の木更津か横田かなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越しモデリングをうpするの忘れてた(^^;)(エアフィックス1/76 ベッドフォードMK 4トントラック)

 今年初のブログが4月21日とかどーゆーわけだw 年越しモデリングのネタを上げ忘れてたので今さらですがうpします。(゚∀゚)



さて、やるか。(`・ω・´)
01-02 22:31
 

Bedford_mk_00_
@eikassFZ @mach_09 とりあえずトラックといふものをですな、紳士の嗜みとして。
01-02 22:50
 

Bedford_mk_01_
年越しモデリングというよりお年賀モデリングであるところの今年最初の模型弄り、今宵はここまで。エアフィックス1/76の BEDFORD MK 4トントラックであります。実車のことは何も知りませんし調べてもいません。全てはエアフィックス様の仰せの通りに。下手に調べると手が止まりますw
01-03 02:59

Bedford_mk_02a_Bedford_mk_02b_Bedford_mk_02c_Bedford_mk_02d_
 
 
 
 
エアフィックス1/76、ベッドフォードMK 4トントラックG.S.ボディ、完成~。今年最初の完成品でけたー。インストだけ見て作ったので考証面はテケトー。(^。^;)
01-15 23:48



 とまぁ、そんなわけで今年の静岡もボウズは避けられたわけなのですよ。あとはこれをmuseoに出すかFもに出すか、だな。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«入間基地航空祭、行ってきますた!