2013.01.05

2013年最初のできたどー!

2013 もう三が日も過ぎてますが、改めまして明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたしまする。(_ _")ハハーッ
 
 

3tonhalf_10f_ ということで本年最初の完成品、アオシマとフジミの陸上自衛隊3トン半です。左のアオシマが旧型(正確には初期型の改良型)、右のフジミが新型(現行型)になります。例によってがらんどうさんちの「DONNAMONDAI-10 !! 年越し&お年賀モデリング」でのネタです。今回は記念すべき10周年ということで「10」縛りがあったのですが、3トン半は旧名称「73式大型トラック」なので「7+3=10」とコジツケました(笑)。まぁでも、それだけではアレなんで、フジミの新型はキット付属デカールにあった第10特科連隊第3大隊本部管理中隊所属にします。これなら文句なしの「10」絡み。( ̄ー ̄)

3tonhalf_01_ まずは制作開始時の写真。大晦日になったばかりの時でまだ中袋を開けてもいません。ちなみにアオシマのほうは11月にやってたピットロードのバーゲンで、フジミのほうはこのためにアキバのヨドバシカメラで前日に買ってきたものなので、押し入れの肥やしとして熟成されるヒマがほとんどありませんでした。(゚∀゚)

3tonhalf_05_ 元日が終わった時点でここまで。左右分割になっている荷台の幌の接合に手間取ってます。正直この分割はキツイ。タイヤはこの時点で塗ってありますが、クレオス137番のタイヤブラックを使ったらグレー味が強くて違和感ありありだったので、この後で旧ガンダムカラーのCG165「ブラック(3)」で塗り直してます。

3tonhalf_06_ 翌日には幌を仕上げて塗装も終わり、あとは灯火類などの細かい塗り分けを残すのみになりました。フジミのキットは荷台だけでなくキャビンの天井の幌も別パーツになっているので、幌を塗り分けるのは至極簡単です。一方でフロントバンパーはキャビンと一体成型なので、ここに関してはアオシマのほうが楽できます。

3tonhalf_07a_3tonhalf_07b_3tonhalf_07c_ 細かい塗り分けも終わって組み立て開始。キャビンを組んでいてなんか違和感が。左がアオシマ、右がフジミで、椅子の大きさが違いすぎるんです。そこでエアフィックスのスピットファイアF.22に付いていた英国紳士に座ってもらったのが真ん中の写真で、ハセガワのF-15用シートと比べたのが右の写真。どうもアオシマは気持ち小さめで、フジミは逆に大きめという感じ。実際旧型と新型は椅子が違うし、新型のほうがゆったりめの椅子なので、デフォルメしたと思えばいいのでせう。そのうち機会を見つけてアオシマの新型の中身を見てみませう。

3tonhalf_09a3tonhalf_09b まずはアオシマの旧型完成。組み始めればあっという間です。マーキングは富士教導団普通科教導連隊本部付隊所属。アオシマのほうは組んでみるまで6個の車輪がきちんと接地するかわからない構造になっているため、結果的に少しアンバランスになってしまいました(爆)。要するに組み立てがヘタクソだってことなんですけどね。(^^ゞ

3tonhalf_10a_3tonhalf_10b_ 次いでフジミの新型も完成。マーキングは最初に書いたように第10特科連隊第3大隊本部管理中隊所属。最後の最後でキャビン両側のサイドウィンドウのガラス面に接着剤を付けてしまうという凡ミスをやらかして余計な時間を食いました。要するに組み立てがヘタクソ(ry

3tonhalf_10e_ たまには飛行機じゃない他のジャンルを作ってみるのも面白いもんです。アオシマは3トン半の新型に野外炊具1号(改)と水タンクトレーラを付けた災害派遣バージョンを今月末に出すので、次はそれを弄ってみたいですねい。

 てことで、スピット弄りに戻ります。∠(゚゚ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | カメラ・写真 | ツイッター | ニュース | ハワイ旅行 | パソコン・インターネット | フネ | ペット | マスコミ批評 | 中朝韓 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 模型 | 模型展示会 | 経済・政治・国際 | 製作記:1/72 複座型ハリアー | 製作記:Aモデル1/72 Yak-15 | 製作記:Aモデル1/72 Yak-9P | 製作記:LS1/144 P-3Cオライオン | 製作記:MPM&スペシャルホビー1/72 HA-200&HA-220 | 製作記:PST&ΩK1/72 ソ連軍トラック | 製作記:アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン | 製作記:アオシマ1/6 パイオニア・ランナウェイSK-900 | 製作記:アオシマ&フジミ1/72 3-1/2トントラック | 製作記:アオハーゲンHO ハウス「エルケ」 | 製作記:イタレリ(ビレク)1/72 Il-28ビーグル | 製作記:イタレリ1/72 HRS-1 | 製作記:エレール1/72 A32Aランセン | 製作記:カフェレオ1/144 R4D-6まなづる | 製作記:ガビア1/72 L410ターボレット | 製作記:サイバーホビー1/72 ミーティアF.1&F.3 | 製作記:スペシャルホビー1/72 YP-59エアラコメット | 製作記:スペシャルホビー&エアフィックス1/72 スピットファイアPR.19/F.21/22 | 製作記:スーパーモデル1/72 MB.339K | 製作記:ズベズダ&KP1/72 Mi-8/-17“HIP” | 製作記:タミヤ1/72 F4D-1スカイレイ | 製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D | 製作記:トランペッター1/144 A-50メインステイ | 製作記:トランペッター1/144 F-86F旭光 | 製作記:ドラゴン1/144 UH-60Aブラックホーク | 製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII | 製作記:ハセガワ(ズベズダ)1/72 Su-47ふるくーと | 製作記:ハセガワ/ドイツレベル/ローンスター1/72 YF-16/YF-16A/F-16XL | 製作記:ハセガワ1/48 BIJr.&T-3Jr. | 製作記:ハセガワ1/72 F-15Jイーグル(1) | 製作記:ハセガワ1/72 F-18ホーネット | 製作記:ハセガワ1/72 F6F-5Kヘルキャット | 製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII | 製作記:ハセガワ1/72 Su-35プロトタイプ | 製作記:ハセガワ1/72 アビアS-92 | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(2) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム空軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 モスキートFB Mk.VI | 製作記:ハセガワ1/72 三菱F-2A/B | 製作記:ハセガワ1/72 英仏ジャギュア | 製作記:ハセガワ1/72改造 NC.900 | 製作記:ハセガワ タマゴファントム | 製作記:ハセガワモノグラム1/72 F-89Dスコーピオン | 製作記:ハセガワ&レベル1/72 F-101A/B/RF-101Cヴードゥー | 製作記:ファーラーN ガスタンク | 製作記:フジミ1/72 F7U-3カットラス | 製作記:フジミ1/72 きさらぎ号(九八直協) | 製作記:フジミ1/72 スピットファイアF.Mk.14E | 製作記:プラッツ1/72 MQ-1Aプレデター | 製作記:ホビークラフトカナダ1/72 CF-100カナックMk.5 | 製作記:ホビーボス1/72 F-38Lライトニング | 製作記:ホビーボス1/72 ズリンZ-42M | 製作記:ホビーボス1/72 ラファールC(1) | 製作記:ミニクラフト1/144 R4D-5 | 製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ | 製作記:レベル&フジミ1/72 シーキング | 製作記:レベル&エレール1/144 E-2Cホークアイ | 製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター | 製作記:レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aセントリー | 製作記:南西流通企画1/72 DHC-6ツインオッター | 製作記:河合商会1/60 駄菓子屋 | 静岡ホビーショー | 飛行機 | 食玩