2008.01.19

できたどー!!(双子カワウソ編)

2008donna_k 結局松の内には完成せず、がらんどうさんちの企画の〆切に間に合わなかった双子カワウソ。思うにツヤ有りクリヤーで仕上げなければならないアイテムを選択した段階で、この敗北は運命づけられていたのでせう。普段吹いている半ツヤやツヤ消しのクリヤーならば、吹いて半日もすれば次の作業に掛かれるわけですが、ツヤ有りはただでさえ乾燥が遅い上にピッカピカにするには何度も吹き重ねないとならないわけで。必然的に乾燥時間は伸びます罠。で、結局次の作業に掛かれたのは昨夜だったのでした。

2008donna_l とはいえ、残りの作業はわずかだったので、先ほど目出度く完成と相成りました。この間に一緒に写っている1/144ハチロクのほうも、全体塗装がほぼ終わりました。こちらのほうはあとは脚とか付けたらデカール貼りに掛かります。そのデカール、当初はMYKデザインのブルーインパルス初期塗装隊長機にする予定でしたが、このデカールにはもんのすごいエラーがあることが判明したので、別のMYKを使って第1飛行隊の初期塗装機に変更します。機首上面にアンチグレアが塗られているのはそのためです。

Dhc6_swal_a_Dhc6_swal_b_Dhc6_swal_c_Dhc6_swal_d_
 てことで、もうちょっと背景がスッキリしているトコロで改めて撮影。真鍮線で作り直した主脚柱の角度が悪かったせいで、ちょっと腰高になってしまいました(爆)。キットではキレイさっぱり忘れられている胴体背面のアンテナ類は自作しましたが、それぞれの形状や立っている位置は推定です(笑)。なおスミ入れの類は一切しません。美しい旅客機の塗装に動翼やパネルのラインなんて無粋なものは要りません。(゚ー゚)キッパリ ・・・実は大きな声では言えませんが、ドアのモールドがデカールと全く合ってないので、その部分はスミ入れしようにもできないから、というのが最大の理由なんですけどね。(^^ゞ

 まーとにかく、これで今年最初の完成品が出来ました。次は今週末にも1/144ハチロクを仕上げて、そしたらいよいよ「海王様6人衆、緑の巨人もできたらいいな」の巻であります。(`・ω・´)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.01.14

ハチロク始めました(^o^)

2008donna_j 双子カワウソはツヤ有りクリヤー吹きの真っ最中。半ツヤやツヤ消しと違ってツヤ有りは乾きが遅いのですよ。ここで焦って指紋でも付けたら台無しなので、ひたすら我慢の子であります。てことで、明日じゅうの完成はたぶん無理でせう。(~。~;)

Ftc_f86f てことで手持ち無沙汰なので、「日本の翼コレクション2」で最後に残ったF-86Fを組み始めました。コクピット内が塗られていないので、手持ち全機まとめてタッチアップ。銀色は7機ありますが、完成済み1機を含めてキット(?)付属デカールは4機分しかないので、残り4機はMYKデザインのデカールを使います。ブルーインパルス#847のピトー管が折れて無くなってましたよ。(´・ω・`)

144f86f_01_ んでもってついでに始めちゃいましたよイッチョンチョンのハチロクを。トランペッターのキットなんですが、中身はモノクロームそのもの。てかこのキットはもともとモノクロームがトランペッターに委託して作ったモノで、どうやら日本以外の国にはトラペが直接売ってるようです。それがヤフオクに出てたものを入手したのがこのキット。ちうごく製なのにボックスアートもデカールも空自機のみです。で、これをさっきのとは別のMYKデザインのデカールを使って、ブルーインパルス初期塗装の隊長機にしてやろうという魂胆であります。

 瞬着を使って胴体を組んで、異様に分厚い主翼と垂直尾翼の後縁を削ってから胴体と組んで士の字にして、キャノピーのマスキングを済ませて、とここまで2時間ほどで終わりました。小さいと早いですね。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.12

南の島から(*´∀`*)

2008donna_i なんのこっちゃなタイトルですが、双子カワウソのデカール貼りが概ね終わった、ということなんです。懐かしの南西航空のカラーリングでゴザイマス。このあとツヤ有りクリヤーを吹くので、ツヤが出ると困る部分にはマスキングをしてあります。

 前回のエントリーに添えた写真に写っていたエアロマスターデカールを貼ったわけなんですが、胴体帯の窓部分とか垂直尾翼上端部分とかは合うわけもなく。強力なモデラーズのデカールフィットを使っても、ラダーのリブ部分の細い溝にはもちろん追従してくれるはずもなく。なのでデカールと同色のオレンジを調色してタッチアップ。我ながら「オレってひょっとして天才か?」と思えるくらい、どんぴしゃりの色が作れましたよ。(*´∀`*)

 なおデカールのインストには、機首側面下部にはレジナンバー下二桁の番号を貼るように指定されていますが、これは琉球エアコミューターに移管される直前の1992末の状態でして、それ以前には4機あった双子カワウソそれぞれに付けられていた愛称(JA8802には「あじさし」)がその場所に書かれていたんですね。番号では味気ないので、明日この愛称を自作して貼ってやろうと思ってます。フォントがよく判らないのですが、まぁ明朝体で作ればたぶんそんなに外さないと思います。(^◇^;)

 あと、早作りをしないのであれば手を入れられるトコロには手を入れてやりたいので、胴体背面に生えているアンテナ類を自作したり(キットでは見事に全部省略されています)、機首左側面にある小さなエアスクープを自作したり、後部胴体下面にある小さな膨らみ(4機のうちJA8802にだけあるんですがなんなんだろ? 他の機体にはこの部分にアンテナが生えてます)を自作したり、なんてこともしてやろうと思ってます。この3連休で完成まで持っていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

新年初モケイとか新年会とか

2008donna_b がらんどうさんの例の企画のために作り始めたブツは、結局元日のうちには写真の状態までしかいきませんでした。でもまぁ最初から「正月休みの間に完成すればいいや」と思っていたので、その後も弄ってたわけでゴザイマス。
2008donna_c2008donna_d2008donna_e2008donna_f2008donna_g
 というわけで、結局正月休み中に進んだのはここまで。デカール貼り一歩手前というところです。早作りのために実機写真を見ないでデカールのインスト(ライブリーズではなくエアロマスターですた)に頼って塗装しようとしてたんですが、もう間に合わないと悟ったので実機写真をググったのが運の尽き。デカールの塗装指示、特に主翼と水平尾翼の塗りが全然違うことが判ってしまったわけですね。おかげで主翼はマスキングのやり直し、水平尾翼は一から塗り直しと相成りました。機首上面のアンチグレアも黒ではなくてグレーだったので、これを塗り直したトコロで本日は終了です。_| ̄|○

 ま、今週末までには完成させませうかね。(´ー`)フウッ

\(^_\)ソンナハナシハ(/_^)/コッチヘオイトイテ

 昨夜はゆずこせうさんと降下猟兵さんが呼びかけ人となった、モデラー新年会が例によって例のお店、川崎の「ペパーランド」で開催されますた。濃ゆい方々ばかり21名も集まってお店は貸し切り、カニ鍋を肴に盛り上がること5時間あまりで実に有益な時間を過ごさせて頂きました。特にSPOOK御大の航空学生時代のお話とか部外秘なあれこれとか、降下猟兵さんの『飛行機マニアだったワタシは如何にして陸自に入って降下猟兵となったか』的お話は実にためになりました。(*´∀`*)
_aDarkblue オマケにお土産にそのSPOOK御大がお持ちになった写真のブツまで頂いてしまいました。ブキミな箱のイラストと凶悪な顔でお馴染みのパンダクッキーは甘さ控えめですが、まぁクッキーは国産のほうがいいかな的。カミさんは、ワタシの腹具合が明日まで悪くならなければ食べるんだと(爆)。DVDは飛行機マニアにはお馴染み「ダークブルー」なんですが、あの映画にF4Uコルセアなんて出てましたっけ?m9(^Д^)プギャー ちなみにパソコンではちゃんと観れましたが、ちうごく語吹き替えなのでセリフがさっぱりわからんちん。

 まぁそんなわけで、正月休みは今日でお終いなのでした。あー明日から会社かぁ。(´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.01.01

こんばんわ2008年(゚∀゚)

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお引き回しのほどを。>そのへん

 なお今年はネタが思いつかなかったので年賀画像はありません。スマソ。(´・ω・`)

2008donna_a てことで、新年といえばがらんどうさんちのこの企画。ホントは大晦日から始まるんですが、なにかと忙しい昨日はまったく手つかずで(去年もそうだったような気がする)アイテムすら決まらず。内径2mmのパイプが見つかればレベル1/72のHH-3Eにしようと思ってたんですが(メインローターを取り外し可能にする追加工作をしたかった)、見つからなかったので写真にブツにします。南西流通企画というトコロがかつて出した1/72のDHC-6ツインオッターで、燐寸のキット+ライブリーズのデカールで南西航空(SWAL)か琉球エアコミューター(RAC)の機体が再現できる限定品です。これをSWALの塗りで仕上げようかと。もちろん元日中に完成するはずもありませんから、6日までの正月休みの間に完成すればいいな、とか。(*´∀`*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | カメラ・写真 | ツイッター | ニュース | ハワイ旅行 | パソコン・インターネット | フネ | ペット | マスコミ批評 | 中朝韓 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 模型 | 模型展示会 | 経済・政治・国際 | 製作記:1/72 複座型ハリアー | 製作記:Aモデル1/72 Yak-15 | 製作記:Aモデル1/72 Yak-9P | 製作記:LS1/144 P-3Cオライオン | 製作記:MPM&スペシャルホビー1/72 HA-200&HA-220 | 製作記:PST&ΩK1/72 ソ連軍トラック | 製作記:アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン | 製作記:アオシマ1/6 パイオニア・ランナウェイSK-900 | 製作記:アオシマ&フジミ1/72 3-1/2トントラック | 製作記:アオハーゲンHO ハウス「エルケ」 | 製作記:イタレリ(ビレク)1/72 Il-28ビーグル | 製作記:イタレリ1/72 HRS-1 | 製作記:エレール1/72 A32Aランセン | 製作記:カフェレオ1/144 R4D-6まなづる | 製作記:ガビア1/72 L410ターボレット | 製作記:サイバーホビー1/72 ミーティアF.1&F.3 | 製作記:スペシャルホビー1/72 YP-59エアラコメット | 製作記:スペシャルホビー&エアフィックス1/72 スピットファイアPR.19/F.21/22 | 製作記:スーパーモデル1/72 MB.339K | 製作記:ズベズダ&KP1/72 Mi-8/-17“HIP” | 製作記:タミヤ1/72 F4D-1スカイレイ | 製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D | 製作記:トランペッター1/144 A-50メインステイ | 製作記:トランペッター1/144 F-86F旭光 | 製作記:ドラゴン1/144 UH-60Aブラックホーク | 製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII | 製作記:ハセガワ(ズベズダ)1/72 Su-47ふるくーと | 製作記:ハセガワ/ドイツレベル/ローンスター1/72 YF-16/YF-16A/F-16XL | 製作記:ハセガワ1/48 BIJr.&T-3Jr. | 製作記:ハセガワ1/72 F-15Jイーグル(1) | 製作記:ハセガワ1/72 F-18ホーネット | 製作記:ハセガワ1/72 F6F-5Kヘルキャット | 製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII | 製作記:ハセガワ1/72 Su-35プロトタイプ | 製作記:ハセガワ1/72 アビアS-92 | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(2) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム空軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 モスキートFB Mk.VI | 製作記:ハセガワ1/72 三菱F-2A/B | 製作記:ハセガワ1/72 英仏ジャギュア | 製作記:ハセガワ1/72改造 NC.900 | 製作記:ハセガワ タマゴファントム | 製作記:ハセガワモノグラム1/72 F-89Dスコーピオン | 製作記:ハセガワ&レベル1/72 F-101A/B/RF-101Cヴードゥー | 製作記:ファーラーN ガスタンク | 製作記:フジミ1/72 F7U-3カットラス | 製作記:フジミ1/72 きさらぎ号(九八直協) | 製作記:フジミ1/72 スピットファイアF.Mk.14E | 製作記:プラッツ1/72 MQ-1Aプレデター | 製作記:ホビークラフトカナダ1/72 CF-100カナックMk.5 | 製作記:ホビーボス1/72 F-38Lライトニング | 製作記:ホビーボス1/72 ズリンZ-42M | 製作記:ホビーボス1/72 ラファールC(1) | 製作記:ミニクラフト1/144 R4D-5 | 製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ | 製作記:レベル&フジミ1/72 シーキング | 製作記:レベル&エレール1/144 E-2Cホークアイ | 製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター | 製作記:レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aセントリー | 製作記:南西流通企画1/72 DHC-6ツインオッター | 製作記:河合商会1/60 駄菓子屋 | 静岡ホビーショー | 飛行機 | 食玩