2014.01.19

2014年最初のできたどー!

 三が日どころか松の内も過ぎてますけど皆様今年もよろしくお願いします。喪中故新年の挨拶は控えさせていただきましたが、そうなるとついブログもさぼってしまいましてん。(^^ゞ

P38l_12a_ ということで、今年最初の完成品はホビーボス1/72のF-38Lライトニング、ホンジュラス空軍機と相成りました。毎年恒例、がらんどうさんちの年越しモデリングでやっつけたのですが、松の内(15日)までという期間内に完成させられず、ロスタイムをもらってなんとか間に合わせたという体たらく。都合15日間という制作期間は、ホビボのイージーキットとしては長いか短いか、ビミョーなところですな。

Shinkai_04_ なお、当初の制作予定だったハセガワ1/72の「しんかい6500」ですが、アクリジョンのエアブラシ塗装に大失敗してご覧の通りのサテン塗装状態。ビン生でもかなりシャブシャブでそのままエアブラシで吹けそうだったので、やってみたらこの体たらくです。これを直すにはいったん全ての塗装を落とさないといけません。その手間を考えたらすっかり心が折れたので、この「しんかい6500」はお蔵入りです。塗装落とすくらいなら新しいの買ってイチから作り直すほうが早いしラクだよなー。(´・ω・`)

P38l_00_ てなわけで、年も明けた1月2日からこのホビボのメザシ(P-38に対し旧日本軍が付けたあだ名ね念のため)に手を付けたわけです。このキット、年末の休みに入ってからこんなこともあろうかと長津田のブリッツで買ってきたものなのでした。(^^)v

 ちなみに右側に写っているのはLFモデルのホンジュラス空軍機デカールです。ホンジュラス空軍は第二次大戦終結後にアメリカからP-38Lを入手して1950年代後半まで使ってました。よってこれはワタシ的には戦後機扱いです(笑)。で、これを作ろうと当初用意していたのはアカデミーのP-38Jなのでした。でも調べてみたらL型は主翼下面にダイブブレーキが付いてるのにアカデミーのキットにはモールドもないし(J型だから間違いとは言えないけど。ホビボのキットにはある)、L型の特徴のひとつである主翼前縁の着陸灯は主翼パーツに隠し穴があるのにクリヤーパーツがないので、どちらを使おうと結局自作が必要だということで、今回ホビボのキットで作ってしまうことにしたのです。まぁしかし、アカデミーのキットを買ってあったことが後々あれほど役に立つとは。

P38l_01a_P38l_01b_ てことで制作開始。機首内側に上下合わせのための巨大なダボがあるのがホビボらしいところですが、これがあるせいで機首内部に錘を入れられないのでニッパーとリューターを駆使して切り飛ばします。とはいえスペースは小さいのでここにどれだけ入れられるか、イマイチ不安。

P38l_01c_P38l_01d_ 車輪はLFモデルのデカールにレジン製の自重変形モノが付いてたのでそれを使うことにします。時間がもったいないので脚周りの銀は缶スプレーでお手軽に。ついでにプロペラもつや消し黒の缶スプレー。

P38l_02a_P38l_02b_ 前の写真で見ての通り、胴体と主翼は一体で上下分割という割り切りが功を奏して、井の字になるのは早いのですw 機首に1号ナツメ錘(約4g)を入れてはみたものの、やはり不安だったので念のために左右のエンジンナセルにも2号ナス錘(約8g×2)を投入しますた。これでカンペキ。

P38l_02c_P38l_02d_ ささやかなディテールアップ。主翼前縁の着陸灯は透明アクリルのブロックを埋め込んで、ヤスリ掛けでツライチに。内部にライトがあるかのごとき工作をしてはみたものの、あまり上手くいった気はしませんな。また、機首先端パーツと一体になっている機銃はただの棒なので、先端をピンバイスで座繰りを入れてみますた。中心から外れているのはご愛敬ということで。(^^ゞ

P38l_03a_P38l_03b_ 合わせ目消しがおおむね終了しますた。艦これやりながらだとちっとも捗りませんw そんなことより、キットは過給器空気取入口がまるっと無視されていることが発覚しますた(赤丸)。こんなデカイの忘れるな~、ということでアカデミーのキットのパーツ(青丸)を参考に、ハセガワのウェポンセットにあるブルパップの弾頭を芯にして自作することにします。

P38l_04a_P38l_04b_ てことで、省略されてた過給器空気取入口、自作完了です。なかなか上手くできたんじゃないかと思ったのですが、こうやって改めて見るとかなり小振りですな…。ついでに、のっぺらぼうだったコクピット後方に載せるべく、同じくアカデミーのキットを参考に無線機らしき箱も自作しますた。でもこれもちょっと小振りになってしまいましたです。(^^;)

P38l_04c_P38l_05__2P38l_06_ テイルブーム側面のラジエーターの出っ張りと垂直尾翼を付けて、キャノピーのマスキングはセロテープで。枠が複雑だから出来合いのキャノピーマスキングがあれば使いたいところですなぁ。てことで全体塗装の準備でけますた。

P38l_07_P38l_08_ 全体塗装開始。まずは白サフ吹いて磨いたあとで、機首の黄色と翼端・ラダーの国籍標識の下塗りにクールホワイトを吹きますた。次いで国籍標識になる翼端とラダーの白(クレオス316番)を吹いてマスキングして、機首の黄色を吹きますた。あとタイヤと排気タービンも合間を見て。

 考えてみたらラダーの内側は白で塗らないでよかったっぽいです。まーホンジュラス空軍のP-38L(てか時期的にはF-38Lというべきか)なんて写真もほとんどないし誰にも本当のところは判らないでせうから、これでいいことにします。ええいいんです。(゚ー゚)キリッ

 ちなみに、こんなに制作が進んでから改めてホンジュラス空軍のメザシについてググっていたところ、戦記らしきページを発見しますた。マークが入ったトップ写真の#503は、機首下面に砲弾型のアンテナフェアリングが付いてるのでホビボのキットでは作れません。デカールはこちらも作れるようにマークもあるのに残念なりよ。自作はハードル高いですし。

 また、このページの真ん中ら辺に載ってる#506(これもデカールにある)はもっと鮮明な写真がありますた。胴体側面の過給器空気取入口が付いてないように見えますが、まさかそんなことはあるまい何かの間違いだと思い込むことにしてこちらを作ります。せっかく自作したんですしw

 てかそもそもホンジュラス空軍のメザシの実機写真はこの2機以外見つかりません。どちらも機首の機銃は外されてるようにも見えますけど、戦記では撃ってるのですからあとから付けたのでせう。そう思い込む事にして作るのです。(゚∀゚)

P38l_09_ アンチグレアのツヤ消し黒を吹いてマスキングして下地のツヤ有り黒を吹きますた。デカールの説明書をよくよく見たらアンチグレアにはオリーブドラブが指定されてましたが、見なかったことにします。ほら、ここが黒の機体もあったことですし。(^^;

P38l_10_ 機体色の銀色を吹きますた。今回はクレオスのスーパーファインシルバーを使ってます。乾燥後マスキングを取って吹き零れを修正して小物をちりっと組みますた。この時点で本来の締め切り「15日2359」まで間に合うか、かなり厳しくなってきてます。

P38l_11a_P38l_11b_ てことで、結局間に合いませんですた。LFモデルのデカールはMDプリンタで刷ったんじゃないかと思えるような品質で、ニスも全面一体になっているので必要な部分だけ切り出して使うタイプ。主翼端とラダーの国籍標識は翼端の形に合わせておらずただの長方形なので、貼った後で切り出してやらねばなりませぬ。貼った直後にそんなことできますかいな。('A`)

P38l_13a_P38l_13b_P38l_13c_P38l_13d_ 
 
 
 
 
 ということで、16日になってようやく完成しますた。フジミのカットラス以来、実に半年ぶりの完成です。やっとダメ提督からモデラーに戻れました。とか言いつつ今日も艦これやってるんですが。(^^ゞ

 次はどうしますかねー。これで我がサークル「museo72」の今年の静岡のお題「井桁」はクリアーしちゃったし、当初作る予定だったスペシャルホビーのJ-21は他の人がエレールのキットを作ると言ってるし、もうそれやめて久し振りにファントムに手を付けるかなー。む、いやマテその前にふるくーとだろJK。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | カメラ・写真 | ツイッター | ニュース | ハワイ旅行 | パソコン・インターネット | フネ | ペット | マスコミ批評 | 中朝韓 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 模型 | 模型展示会 | 経済・政治・国際 | 製作記:1/72 複座型ハリアー | 製作記:Aモデル1/72 Yak-15 | 製作記:Aモデル1/72 Yak-9P | 製作記:LS1/144 P-3Cオライオン | 製作記:MPM&スペシャルホビー1/72 HA-200&HA-220 | 製作記:PST&ΩK1/72 ソ連軍トラック | 製作記:アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン | 製作記:アオシマ1/6 パイオニア・ランナウェイSK-900 | 製作記:アオシマ&フジミ1/72 3-1/2トントラック | 製作記:アオハーゲンHO ハウス「エルケ」 | 製作記:イタレリ(ビレク)1/72 Il-28ビーグル | 製作記:イタレリ1/72 HRS-1 | 製作記:エレール1/72 A32Aランセン | 製作記:カフェレオ1/144 R4D-6まなづる | 製作記:ガビア1/72 L410ターボレット | 製作記:サイバーホビー1/72 ミーティアF.1&F.3 | 製作記:スペシャルホビー1/72 YP-59エアラコメット | 製作記:スペシャルホビー&エアフィックス1/72 スピットファイアPR.19/F.21/22 | 製作記:スーパーモデル1/72 MB.339K | 製作記:ズベズダ&KP1/72 Mi-8/-17“HIP” | 製作記:タミヤ1/72 F4D-1スカイレイ | 製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D | 製作記:トランペッター1/144 A-50メインステイ | 製作記:トランペッター1/144 F-86F旭光 | 製作記:ドラゴン1/144 UH-60Aブラックホーク | 製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII | 製作記:ハセガワ(ズベズダ)1/72 Su-47ふるくーと | 製作記:ハセガワ/ドイツレベル/ローンスター1/72 YF-16/YF-16A/F-16XL | 製作記:ハセガワ1/48 BIJr.&T-3Jr. | 製作記:ハセガワ1/72 F-15Jイーグル(1) | 製作記:ハセガワ1/72 F-18ホーネット | 製作記:ハセガワ1/72 F6F-5Kヘルキャット | 製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII | 製作記:ハセガワ1/72 Su-35プロトタイプ | 製作記:ハセガワ1/72 アビアS-92 | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(2) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム空軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 モスキートFB Mk.VI | 製作記:ハセガワ1/72 三菱F-2A/B | 製作記:ハセガワ1/72 英仏ジャギュア | 製作記:ハセガワ1/72改造 NC.900 | 製作記:ハセガワ タマゴファントム | 製作記:ハセガワモノグラム1/72 F-89Dスコーピオン | 製作記:ハセガワ&レベル1/72 F-101A/B/RF-101Cヴードゥー | 製作記:ファーラーN ガスタンク | 製作記:フジミ1/72 F7U-3カットラス | 製作記:フジミ1/72 きさらぎ号(九八直協) | 製作記:フジミ1/72 スピットファイアF.Mk.14E | 製作記:プラッツ1/72 MQ-1Aプレデター | 製作記:ホビークラフトカナダ1/72 CF-100カナックMk.5 | 製作記:ホビーボス1/72 F-38Lライトニング | 製作記:ホビーボス1/72 ズリンZ-42M | 製作記:ホビーボス1/72 ラファールC(1) | 製作記:ミニクラフト1/144 R4D-5 | 製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ | 製作記:レベル&フジミ1/72 シーキング | 製作記:レベル&エレール1/144 E-2Cホークアイ | 製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター | 製作記:レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aセントリー | 製作記:南西流通企画1/72 DHC-6ツインオッター | 製作記:河合商会1/60 駄菓子屋 | 静岡ホビーショー | 飛行機 | 食玩