« 読書録:「白き女神を救え」クライブ・カッスラー&ポール・ケンプレコス | トップページ | ('A`)マンドクセ工程を抜けたか!?(それさえも雷オヤジ3人衆その13) »

2006.03.20

('A`)マンドクセ工程突入(言うなれば雷オヤジ3人衆その12)

 例年なら花粉症でヒーヒー言ってる季節なのに、今年は全然きません。今日なんか薬を飲み忘れたのに実に快適です。今年はホント花粉の飛散量が少ないみたいですねぇ。毎年こうだといいんだけどな~。(´ー`)フウッ

\(^_\)ソンナハナシハ(/_^)/コッチヘオイトイテ
f-105_12_
 とうとうD/G型の迷彩の塗りに掛かりましたです。とりあえず下面のグレーをマスキングして、上側面その1の茶色をプーと吹きますた。今度はこの茶色をマスキングして上側面その2の薄い緑色をプーと吹くわけですが、そのマスキングが思いっきり('A`)マンドクセ。なにしろ迷彩パターンがはっきりワカランのですよ。いろいろ実機写真を見てると、機体によってかなり差違があるようです。少なくとも判ったのは、D型用のアルバトロスデカールのインストはアテにならないということと、G型用のエアロマスターデカール(キット付属でつ)のインストのほうがまだマシだということくらい。仕方がないのでこちらを参考にしつつ、実機写真と見比べながら迷彩パターンを決めていくことにしました。なので迷彩塗装のマスキングでラクができる、インストをコピーして型紙にするという方法は取れませぬ。あー('A`)マンドクセ。

 仕方がないので小物の塗装などして現実逃避をしてみたり(笑)。なおF型の銀塗装は迷彩が終わったら吹くつもりなので、当分の間放置です。(^◇^;)

|

« 読書録:「白き女神を救え」クライブ・カッスラー&ポール・ケンプレコス | トップページ | ('A`)マンドクセ工程を抜けたか!?(それさえも雷オヤジ3人衆その13) »

製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ('A`)マンドクセ工程突入(言うなれば雷オヤジ3人衆その12):

« 読書録:「白き女神を救え」クライブ・カッスラー&ポール・ケンプレコス | トップページ | ('A`)マンドクセ工程を抜けたか!?(それさえも雷オヤジ3人衆その13) »