« 桜色舞うころ(それなのに雷オヤジ3人衆その15) | トップページ | 読書録:「犯人さん、復讐です!」辻 真先 »

2006.04.03

できたどー!(とうとう雷オヤジ3人衆その16)

F105_16_
 4月になったわけですが、天気の良かった昨日も夜に雷が鳴った(む、思えば相応しいかも(笑))今日もひたすら家にこもりまして、4月バカのネタを考えるでもなく雷オヤジ3人衆のデカール貼りと仕上げに勤しんでおりましたです。で、なんとか3機とも完成と相成りましたです。( ̄ー ̄)

 実はこの3機、機首に錘を入れた方がよかった、てか特にD型は入れるべきだったんですね~。インストに指示がなかったのですっかり忘れてましたよ。全体塗装の時にコクピットに入れていたティッシュを、キャノピーのマスキングを剥がすために取り出したら、D型が見事尻餅をついてしまいましたです(走召木亥火暴)。ぶら下げモノを吊ればなんとかなる鴨、と思ったんですが直りません。射出座席の裏側を削って直径1mmほどの小さな金属球を4個仕込んでみましたが焼け石に水。かといって今さらレドームを外すこともできません。仕方がないので中に金属球を詰め込んだM117を3発作って、胴体下に吊ったM117のうち前の3発をそれと交換すればなんとかならないか、と思いまして、とりあえず金属球入りM117を形にはしてみました。

 でもそれもかなり面倒なのでもっと楽をできる方法はないかと、無い知恵を絞って考えたわけですよ。コクピットに詰めたティッシュを取ったら尻餅を付いた、ということはかなり微妙なバランスであるということですよねぇ。それならばコクピットパーツの隙間から金属球を機首に入れたらなんとかならないか、と思いまして8個ばかり入れてみました。もちろん固定はできないので中でカラカラ音がするんですが、機首を下にしてそれを前のほうに寄せてから立たせてみましたら、見事立ちましたよ奥さん!。・゚・(ノД`)・゚・。

 あと、翼下に増槽とかぶら下げてみましたら、これが内側に向いてるんですよね(爆)。直そうと思えば直せないこともないんですが、もう面倒なので止めときます。あとG型のAGM-78用パイロンの迎え角が上を向きすぎているんですが、これは直すのがちょっと面倒なので知らなかったことにします。(^◇^;)

 

4月13日追記:AGM-78用パイロンの迎え角問題ですが、パーツを前後逆に付けていたのが原因と判明しますた(爆)。速攻直しますた。(^^ゞ

 D型のマーキング、垂直尾翼が地味だな~と思っていたんですが、機首上のオネーチャンはそれを補って余りあるインパクトがありますねぇ。デカールがオーバースケールで位置決めに苦労はしましたが。しかしこれ、静岡に持っていったらセクハラだと言われかねませんね。

 さぁ、この余勢をかって次、MPM&スペシャルホビーの“冴えてないサエタ”×2いってみよー!( ̄ー ̄)

|

« 桜色舞うころ(それなのに雷オヤジ3人衆その15) | トップページ | 読書録:「犯人さん、復讐です!」辻 真先 »

製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ」カテゴリの記事

コメント

いや~完成おめでとうございます。
雷親父は私も好きです。
えっちいネーチャンのデカールがあれば作りたいと思っていましたがあるんですねぇ。
ブログを遡れば分かるんでしょうけど、どこのデカールか教えてもらえませんか?
このマーキングの機体って所属とかコードナンバーが不明だったと思うんですが、最近明らかになったんでしょうか。
でも真ん中の銀色が一番カコイイと思ってしまいました。

投稿: あしか | 2006.04.03 11:22 午後

 や、表ではお久です。(^^)/

 このデカールはアルバトロスデカール72-004『The Thud Alley“F-105 NOSEART”』というもので、画像は↓です。
http://aircraftresourcecenter.com/albatros/alc004.htm

 ただしけっこう前に出たものなので、今となっては残念ながらどこを探しても在庫はないと思われますよ。

 ちなみに世傑新版のF-105は、初版ではこの機体が表紙絵だったのに、再販されたらG型に変わっちゃいました。やっぱエロ過ぎて拙かったんでせうか(笑)。

 んで、実はワタシも銀色のF型が一番のお気に入りだったり。(^^)

投稿: KWAT@仕事せれ | 2006.04.04 03:16 午後

いやあお疲れ様であります。

土壇場になってとんでもないトラブルが出たりしてましたが・・・よく「錘入れ忘れ」というトラブルをリカバリーされたものです。

自分なら・・・諦めてる鴨w


それからやっとWWM3の零戦が発売されましたが、二式水戦は分かりますがまさか「零練戦」がフィーチャーされるとは想定外でありましたw

今のところ9種まで揃えましたが、残り5機頑張りますw

投稿: F-4EJ改 | 2006.04.04 03:26 午後

あちゃー、そうですか。ねーちゃんデカール売り切れですか。
模型趣味再開が遅すぎで買い逃したものが山のようにあるんですが、また一つ増えちゃいましたよ。
世傑の表紙がG型になったヤツは表紙をめくった一枚目がおねーちゃんの写真になってますね。これは最初の版でも同じなのかなぁ?

投稿: あしか | 2006.04.04 03:55 午後

完成、おめでとうございます。
微妙なバランスで尻餅ついちゃうんですねぇ。調整作業、読んでてちょっとハラハラしました。

おねーちゃんのノーズアートは、流石にインパクトありますね。でも、この下世話さ(失礼!)がいかにもベトナム航空戦って感じで、私は大好きです。

投稿: Tonapa | 2006.04.05 01:49 午前

>>F-4EJ改さん

 よくリカバリーできたもんです(笑)。最近錘のいらないやつばっか作ってたんですっかり忘れてましたです。

 WWM3の零戦は、なんかワタシ的には好きになれませんねぇ。飛行機の表面はあんなに凸凹してませんよ。ということで、各機種1機づつ揃ったのでもう打ち止め。52型のレストア機が余ってますけど要ります? それよかWWC-L4にハチロクってのが、なんか場違い的(笑)。

>>あしかさん

 デカールは残念ながらそんな感じですねぇ。世傑の1ページ目がおねぇちゃん機の写真なのは最初から同じですよ。

>>Tonapaさん

 どうもありがとうございます。調整作業、やってるほうもハラハラしてました(爆)。うまくいかなかったら、最悪の場合整備員のフィギュアをお尻の下に置いて支えさせようかな、とか思ってたり。中でカラカラいってるのは、振らなきゃ判らないのでまぁいいでしょ。(^◇^;)

 おねぇちゃんノーズアート、アップの写真をwebサイトのBBSに載せましたけど、これ上から薄くグリーンとかかけて色調を押さえた方がいいような気がしてきましたよ。でもたぶんやらないと思いますが。ヽ(^o^)ノ

投稿: KWAT | 2006.04.07 12:41 午前

零戦は好き嫌いが分かれるでしょうね、私はどちらかと言うと、見事に上反角や下反角の付いた水平尾翼や、曲がって付いてる二式水戦の補助フロートが気になりました。

それでもこういうシリーズで、「二式水戦」や「零練戦」がフィーチャーされたというのは評価できますね。w(ていうか「二式水戦」はF-toy'sの「水上機シリーズ」で当然の如く出てくるものと思ってましたが・・・「零観」とは・・・)

>52型のレストア機が余ってますけど要ります? 

ありがとうございます、ですがこちらも一山の中に二機混ざってまして・・・お気持ちだけ頂いておきます。m(__)m


>それよかWWC-L4にハチロクってのが、なんか場違い的(笑)。

ハゲ同(w)、それならMig-15bisも入れろよと小一時間w

投稿: F-4EJ改 | 2006.04.10 12:38 午前

 ちうごくのおばちゃんの工作はたまに粗いことがありますよね(笑)。ワタシはWWC第1弾のP-40Cの工作があまりに雑だったので、一度分解して組み立て直したことがありますです。

 零練戦は意外でしたね。でもWCCだとたぶん入らないでせうし、なんかいかにも海洋堂らしいかな、とか思いましたです。二式水戦が水上機コレクションに入らなかったのは、同じエフトイズの「ジパング大図鑑」に入っていたのでバッティングを避けたのではないかと。ワタシ的には他のラインナップとのバランス的にあれでいいのではと思いますよ。

 WCC-Lはネタ切れになってきたのかしらん。(^^;;

投稿: KWAT@仕事せれ | 2006.04.10 10:00 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できたどー!(とうとう雷オヤジ3人衆その16):

« 桜色舞うころ(それなのに雷オヤジ3人衆その15) | トップページ | 読書録:「犯人さん、復讐です!」辻 真先 »