« ひと山越えたかな(^o^)(RF-4Bその15) | トップページ | マスキングが終わらない~(RF-4Bその17) »

2006.11.01

マスキング('A`)マンドクセ (RF-4Bその16)

Rf4b_07d_
 昨夜は3時ごろまで白をプープー吹きまして、ようやく5機の下面塗装が塗り終わりました。ということで今日から上面のガルグレイを塗るわけですが、その前に必須なのがマスキングですねぇ。単純な上下面2色塗り分けなのでそんなに大変ではないのですが、機体によって塗り分けライン若干が違うので実機写真をよく見ないといけませぬ。
Rf4b_08a_
 てことで、今日は2機分終わりました。マスキング開始が遅かったのでこれしかできませんでしたよ。1機におおむね1時間かかりましたが、要領は判ったので明日はもっと早くできるでせう。てか、下面のマスキングが必要な残り3機を明日終わらせないと後が辛くなりそうな悪寒。ちなみに、あと2機は下面が白ではないのでマスキングも脚収納庫だけで済みます。
Rf4b_07e_
 マスキング開始が遅くなった理由はこれ。前脚扉の後ろ半分です。ハセガワのキットはここのパーツが戦闘機型と共通になっています。で、マーキングの資料写真をつらつらと眺めていたら、この部分に何か違和感が。戦闘機型にはここに丸いパネル(なんかのアンテナでせうね)があるんですが、偵察機型にはこの◎がなく、代わりにTACANアンテナが生えてます。ハセガワのインストはここの部分は全く無視してますよ。てことで、気付いてしまったら直さないと気分が悪いわけで。塗装が済んだカバーにペーパーを当てて塗装を落とし、瞬着で丸いモールドを埋めてアンテナ位置に当たりを付けてから、再びベースホワイトを吹いたのが写真の状態です。明日、また下面の白を吹かなくちゃだわ。(~。~;)

|

« ひと山越えたかな(^o^)(RF-4Bその15) | トップページ | マスキングが終わらない~(RF-4Bその17) »

製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII」カテゴリの記事

コメント

前脚ドビラ後半部って、と思い
フジミのキットを見ると、RF用のパーツと一緒にモールドされている、タカンアンテナもなかったので、
ドイツレベルのRF-4Eを見ると、
◎のモールドがあって、タカンアンテナのモールドもある。
イタは、なんにもなしの扉。
エッシーは、J/C/D とおんなじ扉で、○く窪んでました。(~~;

個人的には、変なモールドがあるよりきれいな何にも無しがイイカモ、と思ったり。

投稿: 飛鰯(野田克己) | 2006.11.02 10:52 午後

>>変なモールドがあるよりきれいな何にも無しがイイカモ

 このくらいの小さなパーツなら、それもアリでせうね。共通化するのであればなおさらです。あるいは、せめて◎を薄い凸スジで表現しておいてデカールも用意するとか。凸スジを削り取るのはそんなに面倒ぢゃありませんが、凹スジを埋めるのはけっこう面倒です。(~。~;)

投稿: KWAT | 2006.11.03 12:44 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスキング('A`)マンドクセ (RF-4Bその16):

« ひと山越えたかな(^o^)(RF-4Bその15) | トップページ | マスキングが終わらない~(RF-4Bその17) »