« ご報告(^o^)/ | トップページ | 読書録:「発作的座談会」椎名 誠・沢野 ひとし・木村 晋介・目黒 孝二 »

2007.09.17

ようやく進展(ハセガワ1/72F-4海軍型(1)その2)

F4navyver_1_03a_ ファントム量産を宣言してから早1ヶ月ですが、その間遅々として進んでおりませんですた。乙四の試験などあったので8月中は事実上ストップしていたのは確かですが、その後の半月も目立った進展はなし。なぜなら写真のようなことをやってたからです。製作開始直後の気分が盛り上がっている時に、脚周りとかぶら下げ物(今回はAAMと増槽だけ)とかの細かいパーツの整形などを済ませておくと、あとがすんごくラクなんですね。なのでこの半月ほどは、ひたすら細かいパーツを切り出してはナイフでパーティングラインをちまちまと削る日々でありました。

F4navyver_1_03c_ で、そんな日々もとりあえず一段落、この3連休でようやく塗装を開始したわけでゴザイマス。まずはぶら下げ物の塗装から。作っている6機は全て1960年代から70年代までなのでAAMは白だけですし、機体塗装は1機を除いて上面ライトガルグレイ/下面インシグニアホワイトなのでパイロンや増槽もほとんど白。1機だけ全面ライトガルグレイなのでその分のパイロンと増槽はそのようにしてます。

F4navyver_1_04_ 塗装の乾燥待ちの間に、昨日のウチにインパネのデカールを貼っておいたコクピットを組んでしまいます。後席の操縦桿用の穴を埋めてないぢゃないかって?細かいことを気にしちゃぁいけません。覗き込まない限り見えないんだからいいんです(笑)。写真の右の方に積み重なってるのは機首下面パーツですが、前脚収納庫内が白なのでそこだけ先に塗ってあります。このパーツ、インテーク内にかかる部分が突き出して見えてしまうので、先に突き出す部分を切り取っておかないとなりません。

F4navyver_1_05a_ ささやかな問題発生。今回使用しているキットに「F-4BファントムII“VF-14トップハッターズ”」というのがあるのですが、機体はB型なのにキット付属のインパネデカールがJ型になってます(走召木亥火暴)。写真で3個並んでいるうち一番上が問題のブツ。大した問題ではないのでそのまま貼ってしまいましたが、ご覧の通り見ればすぐ判ります。参りました。このキットなぜかあと4個もあるんですよね。B/N型にするんで買ってあるんですがどーしましょ。B型のインパネをスキャンして複製する、ってのも面倒だし、無視するのが健全かな。(^◇^;)

 てなわけで、この3連休での進展はここまでです。(^^)v

F4navyver_1_05b_ ここでウンチクをひとつ。いま作っているハセガワ1/72の新版ファントムですが、1990年の発売後ほどなくして一度、少なくとも2ヶ所の金型改修がされています。ひとつがコクピットフロアで、上の3個並んだコクピットのうち真ん中では平らな後席の床が、改修後の一番下では一段盛り上がってます。これは後席のシートが低すぎるという指摘を受けたものです。もうひとつがウィンドシールドのパーツで、ゲートの位置を変えています。この上下にふたつ並んだ写真で、上が改修前、下が改修後です。ウインドシールドの側面には胴体に接する部分に枠がないので、改修前はガラス部分に直接ゲートが付いていたのですね。これでは切り出した後の整形が非常に面倒なので、改修されて接着面にゲートが来るようにしたというわけです。

 しかしまぁナンです、このファントムに懸けた情熱でF-102とかF-106をリメイクしてくれたらウレシイんだけどなー。ハセガワさんどうよ?(´・ω・`)

|

« ご報告(^o^)/ | トップページ | 読書録:「発作的座談会」椎名 誠・沢野 ひとし・木村 晋介・目黒 孝二 »

製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1)」カテゴリの記事

コメント

むは~!着々と製作進行中っすね。
仕事で面倒な立場に追い込まれちゃったので、モケイといえばラッパ屋の某キットの油抜きしたくらい・・・

F-102とかF-106をリメイク>
激しくキボン!ですが、ストックがもったいないことになりそうなので、ちょっと待ってね♪
って、そんな心配は不要でせうね。

投稿: あいぼりい | 2007.09.18 08:33 午後

 面倒な立場は寝たふりをしてやりすごすが吉でせう。(-人-)ナムー

 センチュリーシリーズって、実はデルタ兄弟以外はいちおうリメイク済みだってことにこないだ気が付きましたよ。

F-100……イタレリ、(エッシー)
F-101……レベル(B型ですが)
F-104……ハセガワ、レベル
F-105……喇叭
【参考】
F-107……モノクローム(喇叭)
F-110……ハセガワ(F-4Bのデカール替え)
F-111……ハセガワ、イタレリ(エッシー)

 デルタ兄弟ますます不憫。(´・ω・`)

投稿: KWAT | 2007.09.19 04:28 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく進展(ハセガワ1/72F-4海軍型(1)その2):

« ご報告(^o^)/ | トップページ | 読書録:「発作的座談会」椎名 誠・沢野 ひとし・木村 晋介・目黒 孝二 »