« 横田AFBオープンハウス“フレンドシップ・フェスティバル2007” | トップページ | 読書録:「未知の剣」渡辺 洋二 »

2007.09.02

トンネルを抜けるとそこは模型屋だった(爆)

 乙種第4類危険物取扱者の試験、本日午前に受けてきました。思い起こせば7月上旬、「受 け な い か」という心の声(笑)で始まった、約2ヶ月間の勉強期間もようやくお終い、これで心おきなく遊べます(爆笑)。なお合否の発表は12日です。受験者に直接郵送で結果が知らされるほか、1200以降にこのページにも掲示されます。もうドキがムネムネしますよ。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

Syukaku070902 ま、そんなわけでがんがった自分にご褒美、ということで試験が終わったら模型屋さんに行くのはもうお約束。受験会場の県立神奈川工業高校は東横線東白楽駅前にあって、JR東神奈川駅までは歩いていけるので、モケイラッキーが移転前なら楽できたのに、と思いつつ東横線に乗って横浜へ。まずは駅から10分以上も歩いて、セール中のレオナルド横浜店(レオ2)に向かいます。特にめぼしいモノはありませんでしたが、35%OFFに惹かれてハセガワ1/72の「RF-4CファントムII“U.S.A.F.”」とNBM21デカール1/72の「航空自衛隊F-4EJ改コーションデータ」をゲット。

 次にラッキーベイフォートに向かいます。ラッキーベイフォートの最寄り駅は京急日ノ出町駅なので、横浜駅に戻って京急に乗るのがフツーです。ところが横浜駅に向かって歩き出してすぐ、「そういや平沼橋って駅が京急にあったよなぁ」と思ってしまったのですね。もちろんこれは間違いで、平沼橋駅は相鉄なんですけど、歩いている時はそんなことなどつゆ知らず、「よし、平沼橋駅を目指そう!」と意気揚々と平沼橋を渡っていったわけですよ。もちろん、そこからは相鉄の平沼橋駅は見えず(見えてもそうとは思うまい(笑))、正面には京急の高架が見えるので、「アレを右に行けば駅なんだよな」と信じて歩いていたんですが、当然のことながら駅があるべき場所にはかつての平沼駅の廃墟しかありませんでした。

 ご存じの方もいらっしゃることでせうが、京急(当時は東急の一部)の平沼駅は1943年に営業を休止してるんですね(ワタシはさっきググって初めて知りました(^^ゞ)。この駅は1945年の横浜大空襲で被災し、今も当時の姿を留めているそうですが、構内は立入禁止になっていて中を伺い知ることはできません。ともかくここから京急に乗れないことはわかりました(爆)。しかし横浜駅に戻るより次の戸部駅に行くほうが結果的には早そうなので(戸部、日ノ出町ともに各停しか停まりませんし)、そのまま戸部駅まで歩きましたよ。レオ2を出てから30分くらいは歩きましたかね~。いい運動になりました。('。`)

 ラッキーベイフォートに着いてまず、マイミクのタカタカマルさんが作られたハセガワ1/32Me262改造のスケルトンモデルを穴が開くほど眺めたあと、スウェーデンのフライングカラーズエアロデカール1/72のグリペン用2種とビゲン用、計3枚のデカールとパブラの椅子3個をゲット。グリペン用は、F7航空団第2飛行隊の“猫の手”マークを背中に大描きした単座のC型用と、スウェーデンのマーキングのままイギリス空軍の王立テストパイロットスクールで使われている複座のD型用です。ビゲン用は、各型で使えるコーションデータ2機分と機番や航空団のクレストなどが入ってます。今日の一番の目的が早々と達成できていと嬉し。(^^)v

 まだ時間も早いので京急に乗って品川まで行き(横浜~品川間は特急に乗って、関東の私鉄にあるまじきスピード感を体感したのは言うまでもありません(笑))、さらにJRでアキバまで。レオナルド本店に行くもめぼしいモノはなく、モデルデカールNo.96のみゲット。ケイワンを覗くもなにも買わず、最後にイエサブ秋葉原スケールショップに行ってまたぞろパブラの椅子をゲット。ここでnif者でマイミクのなかがわさん本田さんが怪しいブツの受け渡しをするところをたまたま目撃してしまったので、そのまま拉致されてルノワールで小一時間ダベってから帰りましたとさ(笑)。

 さー、これで明日の晩からは何の気兼ねもなくファントムをがしがし作れるぞ、と。\(^o^)/

|

« 横田AFBオープンハウス“フレンドシップ・フェスティバル2007” | トップページ | 読書録:「未知の剣」渡辺 洋二 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

学校の頃、試験直前になると無性に模型作りたくなった経験ないですか?
私はその口。勉強中にどうしても辛抱たまらんで、世傑とか眺めたり。

終わったらすぐ模型屋直行も年食った今も変わりませんねえ。

レオのバーゲン、前の日に行きました。
師匠とは微妙にターゲットが違って、古いペガサスの複葉機とかがあったりして、これはこれでお宝ゲット。

でも、デカールが、最近ないんだよな、あそこ。

投稿: ゆずこせう | 2007.09.03 07:49 午前

 ありますあります、模型作りたくなったり航空雑誌読みたくなったり。テスト期間中に航空ファン誌の発売日がきて、母親に買ってきてもらってテストが終わるまで隠しておいてもらったこともありました(笑)。

 デカールはアキバの本店に山ほどありましたよ。でもほとんど1/48なんだな。(´・ω・`)

投稿: KWAT | 2007.09.03 09:12 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/16324932

この記事へのトラックバック一覧です: トンネルを抜けるとそこは模型屋だった(爆):

« 横田AFBオープンハウス“フレンドシップ・フェスティバル2007” | トップページ | 読書録:「未知の剣」渡辺 洋二 »