« そういえば(^◇^;) | トップページ | SHS2008、KWAT的各社新製品レポート »

2008.05.22

2008年静岡ホビーショー見て歩き

Kasumifuji 5月17日(土)・18日(日)は静岡ホビーショー(SHS)一般公開日。モデラーズクラブ合同展示会(以下「合同展」)出品サークル用駐車場の出足が年々早くなるので、今年も出発は土曜日の早朝。0400起床、0430出発であります。出発時は曇ってた天気も徐々に回復、裾野あたりでは富士山も拝めて快調な出だし。例年通りの富士川SAで“霞富士”を眺めつつ朝食を取り、0610頃静岡ICに到着しました。今年は最初から第2駐車場を目指したので、0630前に着いた時には余裕で駐められました。来年も天気が良ければこうしませう。(^^)

Fmo_17hiru_ 大荷物を抱えて会場に入り、まずは搬入口に近い「@nifty模型フォーラムOB会」(以下「Fも」)に荷物を置いてF-4B/J×6、F-89D、CF-100、DHC-6と看板をとりあえず卓上に出します。次に「museo72」へ行って海王様×7を出しますが、“ばお”柳瀬さんがまだ来てなくて配置が決まらないので、「Fも」に戻ってオカモチ等を置きつつこちらの設営を済ませることに。今年はジェットあわびさん一家の出品があったりして作品数が多そうなので、ワタシの出し物は右端に寄せておくことにしました。その他いでらさんとも★さんじじAさん赤とんぼワークスさんはほちんSO-122さんらの作品を並べます。なお幹事のY@茶処さんというかちゃんぐーさんは例によって会場にほとんど居着かなかったので(笑)、代表者ミーティングはとも★さんに代わりに出てもらいました。去年はなんとなく誰も出なかったんですが(爆)、今年は出てヨカッタような気がしますよ(理由は後で)。

Museo_17_ 「museo72」のほうも0820頃に“ばお”柳瀬さんが到着、じじAさん、“ゆず爺”ゆずこせうさんPAISUKE兄ィ中川さんロイドさん“飛鰯”野田さんらメンバーとあーだこーだと配置をして開場を待ちます。

 今年は一般客の出足が早かったらしく0850に開場となりました。今年は例年になく人出が多かったようです。ガソリン代高騰の余波でせうか(爆)。

Jgsdf_89fv_d もはや恒例になった陸上自衛隊車輌展示。87式偵察警戒車、96式装輪装甲車、軽装甲機動車、偵察バイクといういつもの面々に加えて、今年は89式装甲戦闘車が登場。いつになく気合いが入っているようです(笑)。ちなみにこれを載せてきたトレーラーは会場敷地の隅の通路に置かれてました。やはり89式は一般客には「戦車」に見えるらしく(そりゃそーだ)、場内アナウンスですらも「●●さん、お父さんが戦車の前でお待ちです」などと流れてました。うーむ。

 今年は物欲は押さえようと開場後しばらくは合同展会場を動かなかったのですが、1000頃になって我慢できずに(爆)メーカーブースを見て回ることに。まずすぐ隣にあった国際貿易でミニカーを漁り(おかげでいいモノが手に入りました(^^)v)、アスキー・メディアワークスでは担当していた「電撃スケールモデラー」が一年経たずに撤退となりショックを受けていた、マイミク・おさみんさんを探すも見当たらず、ハセガワでは特に驚くような会場発表もなくジャンク市をマターリと漁っているうちに、「meseo72」の店番担当の時間になったので展示会場に戻りました。

 今年はプラモデル誕生50周年ということで、それを言祝いでお昼頃に航空自衛隊のT-4練習機が会場上空をフライパスするということだったのですが、店番やりつつ赤とんぼワークスさんやとも★さんと「昼飯どうしませうかね」とか話しているうちに、どうも終わってしまったらしいです(爆)。通常塗装機が3機編隊で一航過しただけらしいので、まぁ見なくてもよかったかな、と。

 1300時くらいになって「そろそろいいかな」と、上記の二人とともに昼食を取りにトンカツ屋へ。今年はきちんとした昼食を取ることができました。ドーナツと焼きそばはもういやや・・・。

Apachechinook トンカツを食べ終わって会場に戻る途中、ヘリの音に上空を見上げると陸自のAH-64DとCH-47Jが編隊を組んで北東の方角に飛んでいくのが見えました。18日の陸自霞ヶ浦駐屯地記念行事は、SHSと日程が重なっていなければぜひ行きたかっただけに、上空はるかとはいえこんなトコロでアパッチが見られたのは儲けモン?

 会場に戻り、再びメーカーブースへ。今度は各メーカーの展示をじっくりと見ます。とはいえじっくり見るほどワタシ的に興味を惹くものがないんですけど(泣)。スイートでは杉田社長の話のうまさに釣られてついいろいろ買い込んでしまいました(笑)。詳しくは「SHS2008、KWAT的各社新製品レポート」のエントリーをご覧下さい。

 引き続き、西館2階の小展示場で開催されていた「モデラーズミニフリマ in SHIZUOKA 2008」の会場へ。プラッツの二神さんとはこちらでご挨拶。展示会場を締め出された(謎)インターアライドはこちらで宣伝活動ちう。スタジオローズリッジではマイミク・S&Wさん直筆の“黄金竜”の絵をじっくりと拝見させていただいたばかりでなく、ポストカードのお土産まで頂いてしまいました。どうもありがとうございます。(*´∀`*)

 そのほか合同展会場で久しぶりに会うFもメンバーと旧交を温めたり(べにぶたさんの萎みっぷり(痩せっぷりと言え(爆))に驚いたり、いしぐりんが何年か振りに、しかも作品付きで登場したり、たまんさんの外見が変わらないことに安堵したりetc)、ネット上でのお付き合いもあるあちこちのクラブの方々と歓談したり、初静岡のマイミク・はいすたさんと挨拶したり(嗚呼、若いっていいなぁ(爆))などしているうちに初日終了です。

Arigatosyunsaku 今年の懇親会は「パンツァーグラフ!」誌でおなじみ金子辰也氏(nif者的には“表金子”氏(笑))の呼びかけで、この度6月1日付けで会長に退く(と言えるのかな(^◇^;))こととなった田宮俊作社長への感謝の意を表そうではないか、ということになりまして。俊タソの挨拶のあと、乾杯の音頭の前に司会の松井アナウンサー@テレ朝の「俊作社長ありがとうございました!」の声掛けで、代表者ミーティングで各クラブに配られていたポスターを出席者が一斉に掲げる、というパフォーマンスをやりました。 まぁワタシ的にはポスターを逆さまにして掲げるとか、裏に「FREE Creos!」「FREE PITROAD!」とか書いて掲げるとか、そんな意思表示をする人がひとりくらいいないかな、とちょっと期待してたんですが(ならオマエがやれって?(^。^;))。

 懇親会終了後、一緒に飲みに行くとも★さん、はほちんをクルマに乗せて静岡駅方面へ。宿の手前で二人を降ろして(泊まる宿が違うのよ)ホテルにチェックイン。クルマを置いてロビーに入ると、カウンターの前にはダッズ松本さん始めとする高松ニッパーズの方々が。部屋で少し休んでから直接いつもの「海ぼうず」本店へ向かいます。宴会幹事(笑)のちゃんぐーさんと、とも★さん、はほちん、いでらさん、赤とんぼワークスさん、みほりさんと7名で禿しく盛り上がりました。( ^_^)/C□☆□D\(^_^ )カンパ-イ!

 生桜エビ、生シラス、桜エビのかき揚げ、しぞーかおでん(今年2月の「静岡おでんフェスタ」で優勝)、その他もろもろ全部(゚д゚)ウマー ・・・それにしても台湾関係な艦船系モデラーはタフというか人としてどうよというか(藁

 二日目は0630起床。アタマがガンガンします(爆)。昨夜はビールをジョッキ1杯しか飲んでないので二日酔いはあり得ません。やはり艦船系モデラーの毒気に中てられたのでせうか(爆)。それでも0645には宿を出て、途中のローソンでおにぎりを買ってから速攻で第2駐車場へ。さすがにまだ余裕で駐められました。会場に着くと搬入口がまだ開いてないので、適当に座っておにぎりを食べつつ三々五々集まってきた“飛鰯”野田さん、じじAさん、中川さん、夕張めろんさんなどと話しているうちに0800過ぎにようやく開場。

 二日目の朝は特にやるべきことはないので、人出の少ないうちに合同展を見て回ることに。それなのに、嗚呼それなのに、まだアタマがガンガンしてるんですよこれが。まぁそれでも1/72戦後機などを中心に見て回ったんですが、やはり体調が悪い時にはこういうことをするもんぢゃありませんね。感受性が鈍っている上に細かいことが面倒になるので、「ちょっと惹かれる」くらいだと写真すら撮らないのですわ。なので一回りしたものの、頭痛が治ったらもう一度見て回ろうと誓ったのでした。・・・昼頃には頭痛は治まりましたが、結局見て回ることはできませんでしたよ。orz

 まぁそれでも100枚程度は撮った写真はYahoo!フォトアルバムに上げましたので、お暇な時にでもご覧下さい。m(_ _)m

 その後は昨年同様テキトーにメーカーブースをふらふらしたり、「Fも」と「Museo72」の店番をしたり。なお昼食ははほちんと隣のイトーヨーカ堂内のうどん屋に行きました。ドーナツと焼きそばは(ry

 二日目も午後になって、ワタシのファントムをご覧戴いていたお客様から「これ(VF-11のF-4B)、タイヤがありませんよ」との指摘が。('A`)ウボアー 梱包時に外れたのでせうか(実はVF-33のF-4Jも外れたのでした)。まぁ脚自体が折れたわけではないし主翼が大きいから目立たないだろな(だから今まで気付かなかった)、とは思ったものの、やはり気になるしこのままでは帰りの梱包時に困ってしまいます。そこでハセガワブースに行ってジャンク市でホイールが含まれたパーツを漁ってきて(ファントムのパーツは山ほどあるので助かります(笑))、イトーヨーカ堂内のダイソーで細い油性マジックを買ってきてもぎ取ったタイヤだけを黒く塗って、脚に瞬着で貼り付けました。これで誤魔化しは効くでせう(笑)。

 そういえば同じツインメッセ内でやってた「ボックスアート展」、とうとう行けず仕舞いでした。ちょっと心残り。その他にも「あの人にお会いできなかった」「あの作品を見忘れた」とか心残りがたくさんあるのはお約束であります。ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

Syukaku 18日(日)1600をもってSHSは終わり。作品を速攻で箱詰めし(先にmuseoのほうを片づけてFもに戻ったら、もうワタシの作品しか残ってなかった(爆))、最後になったので「Fも」の卓がきちんと片づいたのを見届けて、1630頃会場を後にします。駐車場からクルマを出したのが1650頃。裏道を抜けて1705には東名に乗り、日本平PAでお土産を仕入れたあとはひたすら家路を急ぎます。今年も事故渋滞も重なって(2件も(-_-;))例年より時間を食いましたて、帰宅したのは2030ごろ。ということで、KWAT的SHS2008は無事終了なのでした。( ̄ー ̄)

|

« そういえば(^◇^;) | トップページ | SHS2008、KWAT的各社新製品レポート »

静岡ホビーショー」カテゴリの記事

コメント

台湾系艦船モデラーとしましては「こんだけ量産するモデラーに言われたくない罠」と申し上げさせていただきたくw

投稿: みほり | 2008.05.22 07:37 午後

 こういうやりとりを、世間では「めくそはなくそ」もしくは「同病相憐れむ」というのでせうなぁ。(^。^;)ヨホホホ

投稿: KWAT | 2008.05.22 08:20 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/41281695

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年静岡ホビーショー見て歩き :

» SHS2008、KWAT的各社新製品レポート [KWATのblog三号一型]
 今年の静岡はナナニ戦後機を守備範囲とするワタシにとって、もはや「\(^o^)/ [続きを読む]

受信: 2008.05.22 01:44 午前

« そういえば(^◇^;) | トップページ | SHS2008、KWAT的各社新製品レポート »