« スナップキットの罠(ハセガワ1/48Jr.'sその2) | トップページ | 読書録:「伝説のプラモ屋」田宮 俊作 »

2008.06.01

砕氷艦「しらせ」一般公開

Blog00 昨日と今日は海上自衛隊横須賀基地で、今年度で退役が決まっている砕氷艦「しらせ」の最後の一般公開がありました。NIFTY-Serve時代からお世話になっている“kojii.netの中の人”井上孝司さん呼びかけのOFF会に乗っかって、あいぼりいサンと一緒に行ってきましたです。井上さんは付き合いは長いのに直にお会いしたのは初めてでしたが・・・ネット上のキャラとリアルなキャラの乖離が激しい方がまたひとり。(^。^;)

Blog01 生きている軍艦の中を見るのは、たぶん97年に晴海に寄港したイギリス海軍の空母イラストリアス以来のような気がします。昨日とはうって変わっていい天気のもと、0930集合という早い時間が功を奏し、待ち時間無しで乗り込むことが出来ました。(^^)v
 
 以下、艦内外の写真をランダムに。
Blog02Blog03Blog04Blog05
 
 
 
 
 

Blog06Blog07Blog08Blog09
 
 
 
 
 
 

Blog10 早くもしらせ(二代目)の1/700WLモデルが!
 
 

Blog11Blog12 そしてワタシ的に一番のお目当て、S-61A-1です。先週の館山航空基地でのさよならイベントには行けなかったのですが、これが退役前の最後の一般公開。HSS-2B改造の#86/#87ではなく、純粋なS-61A-1であるこの#85が見られたのはラッキーでした。テイルマストには先の組織改編で変更になった所属飛行隊番号が律儀にも書かれてます。そういえば、もともとこの#85は第101航空隊(現:第21航空隊)の所属だったのですが、しらせ飛行科所属だった#86/#87にはここに何が書かれているのでせう。

Blog13 おまけ。軍用ジムニー?
 
 
 
 しらせ見学後、横須賀中央まで歩いて昼食。もちろん横須賀といえば海軍カレーです。井上さんがネットで見つけて「みんなでこれを食べませう!」と張り切って向かった先は「横須賀海軍カレー本舗」。ここの「横須賀海軍チキンカツビッグカレー砲featuring戦艦三笠」がその“これ”であります。

Blog14 席が5人と4人に分かれたので、4人のほうだった我々は大人しく(笑)「よこすか海軍カレー スペシャルビーフ」を頼んだのですが、井上さんを含む5人の席はその“カレー砲”を大盛りで頼んで5人で分けるという暴挙に出ました(爆)。出てきたのが写真のブツ。厨房から運ばれてくる時には店内に盛大に軍艦マーチが流れ、店内の客が全員こちらを注目するというオマケつき。立ち上がって見てる人もいてプチ祭り状態に(笑)。もちろん、肝心のカレーは甘すぎず辛すぎず、大きめの具がたっぷりで美味しかったのは言うまでもありませぬ。(゚д゚)ウマー

 そんなわけで、ワタシ的には充実の、久々の横須賀の休日でありました。(*´∀`*)

|

« スナップキットの罠(ハセガワ1/48Jr.'sその2) | トップページ | 読書録:「伝説のプラモ屋」田宮 俊作 »

フネ」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

KWATさん こんにちわ。
自分昼に行きましたが
見物自体は良かったのですが
船から降りるのに時間がかかり
閉口しました。
でも晴天でよかったです。

投稿: sato | 2008.06.02 05:21 午後

 こん**は、お疲れさまでした。

 ワタシらはお昼前に退艦したのですが、まだ退艦にはそんなに時間は食いませんでした。でも降りてみたらすでに桟橋の付け根あたりまで乗艦待ちの列が延びてましたから、確かにアレでは降りるのに時間がかかったことでせう。

 ホントでも、天気が良くてヨカッタです。おかげで少し日焼けしました。(^◇^;)

投稿: KWAT | 2008.06.03 12:07 午前

 ううむ、カレー本舗の方が良かったかなぁ。ワタシらは購買奥の食堂のカレー(460円のショボイの)食ったんですよねぇ。海自敷地内なんで敢えて「海自カレー」と呼びたい!(爆)

投稿: みほり | 2008.06.08 11:53 午後

 ではそのうち「海軍カレーOFF」でも。(*´∀`*)

投稿: KWAT | 2008.06.08 11:55 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/41396430

この記事へのトラックバック一覧です: 砕氷艦「しらせ」一般公開:

« スナップキットの罠(ハセガワ1/48Jr.'sその2) | トップページ | 読書録:「伝説のプラモ屋」田宮 俊作 »