« できたどー!!(レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aその6) | トップページ | 2008年木更津駐屯地創立記念行事 »

2008.10.12

2008年国際航空宇宙展“ジャパンエアロスペース2008”

Ja2008 10月1日から5日までパシフィコ横浜で開催された『2008年国際航空宇宙展“ジャパンエアロスペース2008”』、前回は一般公開日の天気が悪くてせっかくのフライトを満喫できなかったので、今回はそのリベンジをするべく行ってきたのである。会場の入口前で“kojii.netの中の人”井上孝司さんたちと待ち合わせていざ入場。同行者がいると、ひとりだったら見逃してしまうような展示も興味を持って見られるものである。そんなわけで、以下興味を引いた出展者のブースを順不同で並べてみる。今回は無人機の展示が目立ったような。






 デモフライトは晴天のもと予定通り全てのプログラムが行われた。〆には当初はUS-1Aが予定されていたものが、間近になってUS-2に変更されるという嬉しい誤算もあって良き哉良き哉。(^^)v なおカッコ内は出展者で、機種名はデモフライトプログラムに載っていたモノをそのまま載せている。

|

« できたどー!!(レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aその6) | トップページ | 2008年木更津駐屯地創立記念行事 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

 ボーイングF-15FX,St1,9にAIM-120×2になってますなぁ。F-15Eで、いままでなにか吊してたことってありましたっけ?

投稿: はほ/~ | 2008.10.13 04:51 午後

 F-15の主翼外側にはいちおう最初からハードポイントが用意されてるんですが、米空軍はもちろんどこの空軍でも実戦部隊でここを使ったことはたぶん一度もないんぢゃないのかしらん。

 きっとボーイングとしては「爆装状態でもこんだけAAM積めるんだぜ」と言いたいのでせう。だったらまずは自分トコのE型で試してくれ的。(^◇^;)

投稿: KWAT | 2008.10.14 12:07 午前

どーも。
 モケーではSt.1か9にECMポッドを吊したのがあったような気がしますが、どこのだったかな。ハセガワの旧F-15Eにはパイロンのパーツがついておりましたが、ぶら下げるものは無かったような。

AIM-120×2だと積載容量オーバーしてへんのかねぇ?

投稿: はほ/~ | 2008.10.14 09:19 午後

 いちおう外側はECMポッド専用とされてますけど、実戦配備されてる機体で吊ってるのは写真でも見たことないですねぇ。んで、外舷パイロンの容量は1000lbで、AIM-120は335lb程度なので2発吊っても重量的にはおk。たぶん配線がないから今のところ実際には吊れないだらうけど、ボーイングはやる気に違いない。(~。~;)

投稿: KWAT | 2008.10.14 11:33 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/42767846

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年国際航空宇宙展“ジャパンエアロスペース2008”:

« できたどー!!(レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aその6) | トップページ | 2008年木更津駐屯地創立記念行事 »