« 胴体ほぼ終わり(ガビア1/72ターボレットその8) | トップページ | 実は終わってない胴体の工作(ガビア1/72ターボレットその9) »

2009.03.01

あと2ヶ月半なので製作再開(ハセガワ1/72F-4海兵隊型(1)その8)

F4marincover_1_08a_ ちうことでファントムのほうも本格的に製作を再開します。とりあえずモチベーションを上げるために、後部胴体を形にしてしまいませう。ハセガワのファントムの後部胴体には、偵察型にしかないフォトフラッシュイジェクターがモールドされてますので、戦闘機型を作る時にはこれを埋めなくてはなりませぬ。まぁ蓋のパーツをはめて整形すればいいだけなんですけど、パネルラインを完全に埋めなくてはならない作業を左右×7機で計14ヶ所ってのはけっこう面倒。これ、偵察型だって地上で普段開けてるわけでなし、スジボリ表現でもよかったんでね?>ハセガワさん

 あと垂直尾翼左右にモールドされている楕円形と円形のパネルラインは、実機には左側面にしかないので、右側面のものは埋めてしまいませう。

F4marincover_1_08b_ てことで7機分の後部胴体が形になりますた。ドラグシュートドアと垂直尾翼端のパーツもここで付けちゃいます。一番手前のものだけ垂直尾翼端が異なってますが、他の6本もアンテナ位置の違いで2種類あったりして。

F4marincover_1_08c_ 主翼との接合部分は気持ち広げてやったほうが合わせやすいので、左右の合わせ目の前方にプラペーパーを、後方に0.3mmプラ板を挟んでます。

 形が見えてくるとやる気も出ますね~。でも静岡まであと2ヶ月半ですよ。気合い入れていかないとね。(`・ω・´) シャキーン 

|

« 胴体ほぼ終わり(ガビア1/72ターボレットその8) | トップページ | 実は終わってない胴体の工作(ガビア1/72ターボレットその9) »

製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あと2ヶ月半なので製作再開(ハセガワ1/72F-4海兵隊型(1)その8):

« 胴体ほぼ終わり(ガビア1/72ターボレットその8) | トップページ | 実は終わってない胴体の工作(ガビア1/72ターボレットその9) »