« ハワイより帰還 | トップページ | ハワイ話(9月18日編) »

2009.09.26

ヒッカムAFBオープンハウス2009“Wings over the Pacific”

Hickam2009 今回のヒッカム行きは『サンダーバーズ来日を待ちきれないのでハワイまでお迎えに行ってしまおうツアー』なのである。エアショー前後の細かい話は「ハワイ話(9月19日編)」をご覧いただくとして、まずは9月19日のエアショーのレポートをば。
 
 
 
 


O_entrance_2 地上展示機は34機種41機(サンダーバーズの6機を含む)。機数的にはそれほど多いわけではないのだが、広大なエプロンにてんでバラバラに展示されていたので見て回るのはけっこう大変。もちろん日本では見れない機種や部隊だらけだし、民間空港に隣接しているのでフツーの旅客機も展示されていたり、また民間の小型機などは展示即売会だったりしたトコロは実にアメリカ的である。なおデモフライトはサンダーバーズ以外は一切ナシ。トラフィックが多いホノルル国際空港に隣接しているので仕方がないのだらうが、地上展示機をじっくり見たいワタシ的にはむしろ好都合だったり。
F16_tb_001 まずは今回の主役、サンダーバーズ。今シーズンから使用機がブロック32からブロック52に変わっているのだが、真っ白なので遠目ではまったく違いがわからない(笑)。もっともフライトを見るのにそんな細けぇこたぁ(AA略
F22a_c06 ここにもラプたんが! アラスカ州エルメンドルフ空軍基地の3rd WGに所属する2個飛行隊から1機づつ、F-22Aが展示された。来年からハワイANGの199th FSにもラプたんが配備されるので、一足早く地元に見せにきたのだらうか。横田での展示と違い、ロープが周囲にぐるりと張られているだけでお尻だって見放題ですよ奥さん! しかも周囲に人垣なんてありゃしないので、見たいところを見たいだけ見られる(もちろん見えるトコロだけだが)のである。遠路はるばるアラスカからとあって増槽を吊っているのもレアなので、お尻ともどもクローズアップ撮りまくり。まさか1ヶ月のうちに2度もラプたんを見られるとは。(*´∀`*)
F15c_05 他の“戦闘機系”の展示は2機だけ。地元ハワイANG199th FSのF-15Cはまぁ当然ではあるが、残る1機が海兵隊の岩国航空基地に所在するVMFA(AW)-242のF/A-18Dってのはどーゆーことよ。カネオヘ(ハワイ海兵隊基地)から戦闘機が去って久しいとはいえ、せめて本土のミラマー海兵隊航空基地にいる部隊が見たかったとか思います罠ぁ。(´・ω・`)
B1b_c03 B-1B“BONE”もワタシ的にはお初の機体。サウスダコタ州エルスワース空軍基地の28th BW/37th BS所属機である。いやー美しいねこの娘は。この流麗な機体のラインはとても爆撃機とは思えない。特に“BUFF”(Big Ugly Fat Fellow =でかくて醜い太っちょ仲間)とも呼ばれるB-52と比べると(笑)。ただ、展示機の周囲にはラプたんなどごく一部を除いてロープが張られていないのはいいのだが、おかげでこのB-1の下も日射しを避けた多数の人たちの休憩所になってしまい、せっかく爆弾倉も開いてるのに中を撮るどころではなかったのは残念無念。
C37a_af02 会場の端には大きなVIP機が3機。地元ヒッカムAFBに所在する空軍のC-40BC-37A、それに海軍のC-37Aが並んでいた。C-40BはBBJ1(ボーイング737-7CP)、C-37AはガルフストリームVの軍用型で、ともに“走召”がつくくらい豪華なビズジェットがベースになっている。とはいえ、いかにもVIP機然とした出で立ちの空軍機に対し、海軍機は白い胴体に濃紺のラインが入っただけの地味な、というか謎めいた出で立ちなのが対照的。機番もBu.Noの下三桁を垂直尾翼に書いただけで、一見すると軍用機かどうかすら判らない。機体の前で「COMPACFLT」と入ったパッチやシャツを売ってたんでようやく判ったという次第で。まぁしかし、ガルフVも美しいねぇ。(*´∀`*)
Hc130h_01 ずいぶんと昔、横田AFBで展示されたのをタッチの差で見損ねたUSCGのHC-130Hであるが、今回ようやく間近で見ることができた。地元ハワイのバーバースポイント基地所属機である。右舷の主脚バルジ先端にあるインテークと、胴体を斜めに走る帯とが干渉する部分の塗り分けの複雑さに絶句。こりゃプラモで再現するにはヨンパチでないと無理だな。
Hunter_01 NAF厚木にも長いこと展開していながら見る機会に恵まれなかった、ATACハンターF.58も展示されていた。ここで見られるとはなんともラッキーである。それにしても、ハチロクと同世代機なのに作る国が違うとスタイルがこうも変わるのだなぁ。これを流れるような美しいスタイルと捉えるか、無駄にデカイと思うかは見る人によるだらうけど(笑)。
B71722a_01 今年はハワイアンエア創業80周年ということラスイ。そのせいか同社のボーイング717も展示され、コクピットを公開していた(のだと思う(爆))。隣には販売ブースも設けられ、ロゴマークが入った袋を社員(?)が配っていたりしたので、ワタシもそれを貰うついでにTシャツなど買ってみたりして。(^^ゞ

 また、エプロン中央にはサーフィン用品などのメーカーであるビラボンとハワイアンエアがコラボした、グラマンG111アルバトロス“Billabong Clipper”も展示されていた。エンジンナセルの形状からして、同機のエンジンは海自で使われていたUF-2と同じものらしい。ハセモノのキットを作る前だったら最良の資料になったのになー。



Cessna172p_civilairpatrol_b03 「The Civil Air Patrol」のロゴが入ったセスナが2機。この組織については何にも知らないのだが、周囲に迷彩服を着たティーンズが群れていたところからして、これは純真無垢な青少年を正しい軍国少年に導くための組織であると考えてよろしいか?(゚∀゚)


F_f16_tb_201 飛行展示は先に書いたようにサンダーバーズのみ。1430から地上でのセレモニーが始まるというので、その20分くらい前にサンダバの列線の前に行ったのだが、余裕で2列目に立つことができた。このへん日本国内の航空祭とはワケが違う。セレモニーとウォークダウンの後で始まったフライトは大迫力。アフターバーナーのついた戦闘機のアクロはひと味違うと思わせてくれる素晴らしいものであった。爆音が腹の底にズシンと響く感じはタマランですな。半逆光だったこととかちょっと遠かったこととかは、この際些細なことなのである。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

【地上展示機と所属部隊一覧】

【アメリカ空軍】
F-16C/D-52 (USAF Air Demonstration Squadron“Thunderbirds”《Nellis AFB, NV》)
 ※6機+予備2機
F-15C(HI.ANG 154th WG/199th FS[HH]《Hickam AFB, HI》)
KC-135R(HI.ANG 154th WG/203rd ARS[HH]《Hickam AFB, HI》)
C-37A(15th AW/65th AS《Hickam AFB, HI》)
C-40B(15th AW/65th AS《Hickam AFB, HI》)
C-17A“SPIRIT OF "Go for Broke"”(15th AW/535th AS[HH]《Hickam AFB, HI》)
F-22A(3rd WG/90th FS[AK]《Elmendorf AFB, AK》)
F-22A(3rd WG/525th FS[AK]《Elmendorf AFB, AK》)
E-3C(3rd WG/962nd AACS[AK]《Elmendorf AFB, AK》)
B-1B(28th BW/37th BS[EL]《Ellsworth AFB, SD》)
KC-10A(60th AMW《Travis AFB, CA》)
C-5A(AFRC 433rd AW《Kelly AFB, TX》)
B-52H(AFRC 917th WG/93rd BS[BD]《Barksdale AFB, LA》)

【アメリカ海軍】
P-3C(VP-9[PD]《MCB Hawaii, HI》) ※ノーマーク
C-37A(COMPACFLT/Executive Transport Detachment Pacific《Hickam AFB, HI》)
SH-60B(HSL-37[TH]《MCB Hawaii, HI》)

【アメリカ海兵隊】
F/A-18D(N)(MAG-12/VMFA(AW)-242[DT]《MCAS Iwakuni,Japan》)
CH-53D(MAG-24/HMH-363[YZ]《MCB Hawaii, HI》)

【アメリカ陸軍】
UH-60L(Unit Unknown)
新旧各種AFV&ソフトスキン

【アメリカ沿岸警備隊】
HC-130H(CGAS Barbers Point《HI》)
HH-65A(CGAS Barbers Point《HI》)

【民間】
Hunter F.58(ATAC[Airborne Tactical Advantage Company])
Cessna 172P(The Civil Air Patrol/66th Composite Sqd) ※2機
Boeing717-22A(Hawaiian Airlines)
Boeing737-282C(Aloha Air Cargo)
Grumman G111“Billabong Clipper”(Billabong)
CAP-10C(Kaimana Aviation)
EXTRA300L(Acroflight Inc)
Beech B95(Hawaii Aircraft Leasing LLC)
Beech C90 Kingair(Saf Ltd)
Liberty XL-2(Lock Aviation Inc Trustee)
Cessna 172R(Mahalo Air Tours LLC)
MiG-15(Pacific Aviation Museum)
T-6(Unknown)
PT-13(Unknown)
Douglas Super DC-3(Kamaka Air)

【展示機以外】
C-17A(15th AW/535th AS[HH]《Hickam AFB, HI》)
C-17A(3rd WG/517th AS[AK]《Elmendorf AFB, AK》)
C-17A(305th AMW《McGuire AFB, NJ》)
KC-10A(305th AMW《McGuire AFB, NJ》)
KC-135R(AK.ANG 168th ARW/168th ARS[AK]《Elmendorf AFB, AK》)

オマケの写真はこちら



|

« ハワイより帰還 | トップページ | ハワイ話(9月18日編) »

ハワイ旅行」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/46317662

この記事へのトラックバック一覧です: ヒッカムAFBオープンハウス2009“Wings over the Pacific”:

« ハワイより帰還 | トップページ | ハワイ話(9月18日編) »