« どこで妥協するかねぇ・・・(レベル&マッチ1/72ハンター その2) | トップページ | 1/14,000(謎 »

2010.03.07

10本並べてみる(レベル&マッチ1/72ハンター その3)

 弥生3月の第1週はヤフオクの出品準備で忙しくて、模型はあまり進みませんでしたよ。そういえば花粉もぶんぶん飛んでいるのですが、今年は2月アタマから病院で処方される薬を飲んでるせいか、症状があまり顕著に出ません。まだ鼻炎スプレーを1回も使ってませんよ。まぁ天気があんまし良くないお陰もあるんでせうね。

Hunter_03a_ まぁともかく、ハンターの胴体の組み立ての続きです。マッチのT.7を組みます。尾部が筒抜けなのでレベルの余りの排気管パーツ(フツーは余るわけがないんですが、改造したお陰で余りますた)を仕込みます。そのままでは付けられないので、プラ板でテキトーにバルクヘッドを作ってやりませう。

Hunter_03b_Hunter_03c_ 組み上がったマッチの胴体パーツを、最初に組んだレベルの胴体と比べてみたり。こうやって写真で見てもパーツのキレが雲泥の差であることがお判りいただけることでせう(笑)。尾部なんて実機ではどちらもほとんど同じに見えるはずなのに、マッチのほうは上に載せる形で後から付け足したドラグシュートハウジングが胴体に溶け込んじゃってます。これもあんまりといえばあんまりなんですが、これを直すのはかなり難しいような気がするので、奥義「キニシナイ」を発動することにします。(^。^;)ヨホホホ

Hunter_03d_ 次はレベル+PJプロダクション改造パーツで作るT.8。途中経過はすっ飛ばしてもう出来上がりました(笑)。これだけ大掛かりに切った貼ったしてるのに、パーツの精度がいいのでほとんど苦労してないんです。こうやって比べてみると、マッチの機首はまるでナマズみたいに扁平になってるのがよく判ります。

Hunter_03f_ お次はレベル+パヴラモデル改造パーツで作るP.1067。機首には機関砲口がない下面パーツと、ガンカメラの穴がない機首先端パーツが用意されているのですが、これが一回り小さいのですね。違いは今書いたことだけみたいなので、キットのパーツを付けて穴を埋めることにしました。

Hunter_03g_ 垂直尾翼は水平尾翼との接合部後端にある砲弾型のフェアリングがないパーツが用意されているので、パヴラのインストに従って切った貼ったしてみました。別パーツになっているラダーが2種類用意されているのですが、「どちらかを使え」と指示されているだけなので戸惑うばかり(笑)。テキトーに目に付いた方を付けました。

 で、この垂直尾翼パーツもちょっと小さいし幅も狭いわけで。レジンが縮んだんでせうね。てことでパテ盛り修正必須なので、水平尾翼付け根の細長い五角形のようなモールドは消し飛んでしまいます。あとでプラペーパーか何かで再生すればいいだけですけど、余計な手間が掛かりますよ。てか、これってオリジナルのパーツとほとんど同じ形だし、スジボリだって顕著な違いがあるわけでなし。だったらキットのパーツから後端の砲弾型のフェアリングを切り飛ばして整形したほうが、早くて楽だったのではないかなー、とか思ってしまうわけで。orz

 パヴラのパーツセットには排気口周りのパーツも2種類用意されていて、片方はキットのF.6用となんら変わりがなさそうだったので写真のものを選択。上に出っ張ってるのはスピンシュートのフェアリングらすいです。この中にキットの排気口パーツを仕込め、と指示があるんですが、穴が狭くて入りません(爆)。こういう時は穴を広げる方が楽ですが、この場合はそれが出来ないので排気口パーツの周囲をヤスって一回り細くして、なんとか中に納めました。

Hunter_03h_Hunter_03i_ 垂直尾翼と水平尾翼の接合部の砲弾型フェアリングがないので、ラダーの形状も異なるってんでパブラさんは丁寧にも水平尾翼パーツまでセットしてくれてます。エレベーターが別パーツなのは何か意味があるのかなぁ。まぁ動かしたい人にはいいかもね。で、キットのパーツと比べると、違いはフェアリング部分の切り欠きだけ。しかもパヴラのパーツは反ってるので、ここはキットのパーツの切り欠きを埋める方がはるかに楽できるっしょ。

Hunter_03e__2 てことで、組み上げたP.1067とFR.10を並べてみたり。ここまでキットのパーツを使っちゃうと、パヴラの改造パーツの立つ瀬がないよね(笑)。

Hunter_03j_ あとはほとんどキットのままなので、ずんずんと組んでしまいました。右からP.1067、F.6、T.7、T.8、FGA.9、F.58、FGA.74B、FGA.76、FR.10、GA.11。FGA.9からFGA.76までの4本は、この段階では全く同じですけど。明日以降の作業は、必要なトコロにパテ盛って、固まるまでの間に主翼を弄ってやりますか。パテが固まったらワタシにとっての鬱作業、ペーパー掛けだなぁ。(~。~;)

|

« どこで妥協するかねぇ・・・(レベル&マッチ1/72ハンター その2) | トップページ | 1/14,000(謎 »

製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター」カテゴリの記事

コメント

進んでますね、というか今回も凄いですね・・・・。
どの機体もマッチはマッチですね(笑)
よほど好きな機体じゃないと手は出ないですね・・・。

それにしても凄いの一言です・・・。
ナマで観られるのが楽しみです。

がんばってください。

投稿: JW | 2010.03.11 12:08 午前

 マッチは「ナンバーワンよりオンリーワン」なキットが多いので、そういうのは有無を言わさず作らねばなりませぬ(笑)。ハンター複座型だって改造パーツを使わなければ、マッチしかないんですから。

 そもそもなぜかマッチは複座型スキー。ワタシの知る限り、1/72のミラージュIII、ライトニング、ハンターの複座型はインジェクションではマッチしかありませんし(ビゲンはエレールもありますね)、バックアイ、スカイナイトとかいう「元々複座型でしかも他にはない」アイテムも。

 なお今週は、ひたすら胴体にペーパーを掛けてます。一度均しておかないと、どこにパテ付けるか判りにくいと思いましてん。今日時点であと4本(笑)。

投稿: KWAT | 2010.03.11 01:23 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10本並べてみる(レベル&マッチ1/72ハンター その3):

« どこで妥協するかねぇ・・・(レベル&マッチ1/72ハンター その2) | トップページ | 1/14,000(謎 »