« 読書録:「僕の見た「大日本帝国」」西牟田 靖 | トップページ | 読書録:「迷犬ルパンの大売出し」辻 真先 »

2010.09.05

なんかスゲー進んだ気がする(レベル&マッチ1/72ハンター その9)

 結局、盆休み中に全体塗装どころか、またまた半月くらい放置プレイに走ってしまったりしたわけですが。(^^ゞ

Hunter_09a3_ その最大の理由はコクピットのマスキング方法で悩んでいたからなのですね。最初は右端のように、「テープで全体を覆って隙間をマスキングゾルで塞ぐ」という方法でやってみたんですが、これがどうにも上手くまとまらない。やってるうちに飽きてしまってフィルムスキャンに走ってしまったりしてたわけですが、8月も末になって突然閃いたわけです。「そうだ、僕らには“練り消し”という頼もしい味方がいるジャマイカ」と。やってみたのが写真の左端と中央。これが実に具合がよろしかったので、全面採用に踏み切りました。一部ウインドシールドの裏側に回り込んでしまったりもしていて、マスキングを外すときにそれがなんとなく悪さをするような気もしないでもないんですが、それはその時になったら悩むということで。

Hunter_09a1_Hunter_09a2_ マスキングが済んだ十の字たち。テイルパイプに割り箸を突っ込んでありますが、既に排気口パーツが仕込まれているので奥行きがまったく足りず、両面テープを割り箸に巻いて抜けないようにしてあります。それでも抜けちゃうんですけど。(~。~;)

1398478Hunter_09b_ さていよいよベースホワイト吹き。本体の前にまずは各機の小物に吹いてしまいます。シンガポール空軍のFGA.74Bは主翼下にサイドワインダーが4発。内翼パイロンはパーツがないのでプラ板から自作します。F.6のキット付属のランチャーを付けて一丁上がり。でもなんかランチャーの形が違うような気も。サイドワインダーもキット付属のAIM-9Bではなく、米海軍型の-9Dみたいに見えますし。(~。~;)

Hunter_09c_ とりあえず全機ベースホワイト吹きが終了。☆★のホワイトサーフェサーの缶スプレーをほぼ2本使い切りました(笑)。

 で、ここでやはり先ほどの疑問をスッキリさせようと、「ミサイルとランチャーのえらいひと」(と今勝手に名付けた(爆))Maj.AGGRESSOR師にお伺いを立ててみると、「そのミサイルは米海軍系のAIM-9D/G/Hのいずれか、ランチャーはそれ用のLAU-7/Aであるぞよ」との有り難いご神託が。(_ _")ハハーッ

Hunter_09d_ 速攻で作り直し。ミサイルとランチャーはハセガワのウェポンセットから調達します。最初に作ったパイロンは、ドイツレベルのキットのパーツのランチャーに合わせて薄くするべく0.5mmプラ板を使ったのですが、LAU-7/Aなら厚みがあるのでそれでは薄すぎます。0.5mmと0.3mmのプラ板を貼り合わせて0.8mm厚にしたものから、改めて切り出しました。ウェポンセットのランチャーは「ファントム用」と称して左右一対のパーツになっているので、これを切り離して自作したパイロンに付けてやればおk。整形したミサイルともども、このあと改めてベースホワイトを吹いてやりました。

 てことで、ようやく全体塗装開始であります。(`・ω・´) シャキーン

|

« 読書録:「僕の見た「大日本帝国」」西牟田 靖 | トップページ | 読書録:「迷犬ルパンの大売出し」辻 真先 »

製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター」カテゴリの記事

コメント

最近ネリ消しに似たブルタックというのを迷彩のマスキングに使ってみたのですが、こいつは使えますね♪
コクピットのマスキングにも使いやすそうなので、今度真似させていただきます!

投稿: るーぷあんてな | 2010.09.05 11:59 午後

 どもです。モデラー界におかえりなさいまし(笑)。

 ブルタックっての、ググってみたんですがでかいですねこれ。それでそのお値段ならCP良さそう。
http://www.blutack.jp/

 ちなみにワタシが使ってる練り消しはこれ。こちらはそんなに大きくはありませんが、105JPYなのでやはりCP抜群。しかも画材なので行きつけの店の同じフロアで買えるんです。(^^)v
http://www.talens.co.jp/product/other/design_vessel.html

投稿: KWAT | 2010.09.06 12:17 午前

相変わらず豪快なつくりっぷりに驚嘆です。
練りケシはシンナー分を多く含むと緩くなるのでしゃぶしゃぶの塗料には注意でございます。(ソレデナンドイタイメニアッタコトカ)

投稿: toy | 2010.09.06 11:35 午前

 だもです。(^o^)/

 緩くなるというのは、柔くなるということですか? それは気を付けねば。中に落ち込んでしまうと厄介なことになりますからねぇ。今のところは大丈夫なようですが。この先、ベースホワイトのコーティングが吉と出るか凶と出るか、ドキをムネムネしながら作業を進めたいと思いますよ。って凶と出たらエライ事に・・・。((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

投稿: KWAT | 2010.09.06 12:36 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんかスゲー進んだ気がする(レベル&マッチ1/72ハンター その9):

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010.09.06 01:43 午前

« 読書録:「僕の見た「大日本帝国」」西牟田 靖 | トップページ | 読書録:「迷犬ルパンの大売出し」辻 真先 »