« 読書録:「街角で笑う犬」椎名 誠 | トップページ | NAF厚木「日米親善春まつり2012」行ってきたよ~ »

2012.04.23

間に合うけど間に合わない…(ハセガワ&イタレリ1/72 A-10A その4)

 あと1ヶ月を切ったようです…。

A10a_04a1_ ようやく全体塗装開始です。まずはベースホワイトをブーッと。
 
 
 
 
 
 

A10a_04a2_A10a_04b_A10a_04c3_ ヨーロピアンワン迷彩機、まずは迷彩パターンをシャーペンで下書きして1色目のクレオス303番(グリーンFS34102)を吹いて、練り消しマスキングをしたら2色目の302番(グリーンFS34902)をブーッと。この辺までくると持つ所もなくなるし置き方も工夫しなくちゃだしかなり大変w

A10a_04c4_A10a_04d_ 合間を見てグレイ迷彩機の塗装。1色目のクレオス308番(グレーFS36375)を吹いたら練り消しマスキングして2色目の307番(グレーFS36320)。ハセガワのインストだとそれぞれ334番(バーリーグレーBS4800/18B21)/306番(グレーFS36270)が指定されてるんですけど、米空軍機に英空軍機の色(=バーリーグレー)はないでせうから、ここはトゥーボブズデカールのインストに従いました。

A10a_04e_ ぴよちゃん号は各部の白をクレオスGX1クールホワイトで吹いてから、マスキングしてクレオス64番ルマングリーンをブーッと。指定色は混色しなくちゃならんのですが、ほんのちょびっと混ぜるためだけにクレオスCR1「色ノ源」シアンを買うのももったいないですし、設定があるとはいえ架空機ですから、まぁ自分で“らしい”と思えばそれでいいのではないかな、と。(^。^;)ヨホホホ

A10a_04f_A10a_04g1_A10a_04g2_A10a_04h_ ヨーロピアンワン迷彩機はさらにマスキングして最後のクレオス301番(グレーFS36081)を、グレイ迷彩機は305番(グレーFS36118)で機首下面のフォールスキャノピーを吹きます。乾いてから3機のマスキングを全部取れば、まぁなんということでせう、まるで全て上手くいったみたいではありませんかw

A10a_04i_ もちろんそんなことはないので、あちこちにある吹きこぼしやマスキング内部への染みこみの修正、細かい塗り分けやここに写っていない小物の塗りなどをちまちまと。
 

A10a_04j_ そしてようやくあんよを生やしました。主脚の脚カバーは脚柱に付いてる小さいのがあるんですがまだ付けてません。あとは動翼と穴ボコへのスミ入れをしたら、やっとやっとデカール貼りに掛かれます。

 …しかしどう考えても今週末までに終わりませんなぁ。('A`)

|

« 読書録:「街角で笑う犬」椎名 誠 | トップページ | NAF厚木「日米親善春まつり2012」行ってきたよ~ »

製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII」カテゴリの記事

コメント

だうもぉ!
長らくご無沙汰ですぅm(__)m

ところで先生様、哀れな子羊にお知恵を授けていただきたいんでございやすが・・・。
そのA10に這いずり回っている白いイモムシは、何者でございやしょうか?(^^;

先生様のことでございやすから、当然昔にここでお書きになってらしたりするんでございやしょうねぇ。
んでも、哀れな浦島太郎輔亀矩(バツイチ&娘代わりのミケネコ以外家族無し)にゃ、ミミズかイモムシにしか見えねぇんでさぁ。

ってことで、冗談はおいときまして、紙粘土でしょうか、練りケシでしょうか、そういう類だとは思うんですが。
で、テープ断面でのマスキングと比べての違いはいかほど?

投稿: J.U.タイラー | 2012.05.05 05:31 午後

 だもだも、ご無沙汰でゴザイマス。(●^o^●)

 そのイモムシは画材の練り消しです。型紙を作らず一度きりの迷彩パターンを作るには最適です。なんたって安いので心置きなく使い捨てできます(笑)。

http://www27.atpages.jp/nerikeshi/packages.cgi
 ちなみにワタシは↑のページを右にスクロールしていくと出てくる「NOUVEL ERASER」を使ってます。行きつけの模型店(画材店も兼ねてるんで都合がいいです(笑))で105円也。これが無くなって、時間がなかったんでホルベインの「KNEADED RUBBER NO.3」てのをアキバのボークスで買ったんですが(上のページをさらに右スクロールしていくと出てきます)、これがキットにくっつかなくて往生しましたです(指にはきっちりくっついてくれます(~。~;))。

 で、迷彩のボケ幅を一定にするには鍛錬がいりますが、どうせ実機だってそれほど一定というわけでもありませんし(自衛隊機は除く(笑))、それらしく見えればいいのでワタシは許容範囲です。

 ということで、どうかひとつ。(*´∀`*)

投稿: KWAT | 2012.05.08 01:35 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間に合うけど間に合わない…(ハセガワ&イタレリ1/72 A-10A その4):

« 読書録:「街角で笑う犬」椎名 誠 | トップページ | NAF厚木「日米親善春まつり2012」行ってきたよ~ »