« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 「ユギオ」ネタ二つ目、いっきまーっす!(Aモデル1/72 Yak-9P その1) »

2015.01.13

2015年最初のできたどー!(イタレリ1/72 HRS-1)

 新年は例によってがらんどうさんちのコレに参加しまして、都合10日で2015年最初の完成品ができましたです。

Hrs2_01_ モノはこれ、イタレリのHO4S-3です。これをデカールにある、朝鮮戦争に出たアメリカ海兵隊のHRS-2として作ります。これでウチのサークル「museo72」の今年の静岡のテーマ『朝鮮戦争』もこなそうという算段です。資料なんてなるべく見ないでサクサクと組んじゃいますよー。←とこの時は思っていたのです

Hrs2_02_ とりあえず大晦日はここまで。日付変わって元日になっちゃってますがw
 
 

Hrs2_03_ コクピットフロアとトランスミッション室の床面の工作。コクピット中央には、機首からトランスミッションに伸びるプロペラシャフトが通るダクト(赤矢印部)があるのですが、ここがパーツ成型の都合で裏側に溝があります。またトランスミッション室の床面にはローターシャフトを通す出っ張りが成型されていて、これが裏から見ると大穴になってます(青矢印部)。この部分、それそれがキャビンの天板になるので中から見上げると丸見えなんですな。てことでそれぞれプラ板とかボール紙を貼って塞ぎます。もっときちんと塞いで整形してやるといいんでせうけど、まぁ時間もないということで。(^。^;)

Hrs2_04_ 悪戦苦闘しつつ内装を組んで中に納めつつ胴体左右を貼り合わせました。機首の錘を入れ忘れて、一度貼り合わせた胴体左右をメリメリ剥がす羽目になったのはいい思い出(爆)。風防はこの段階では載せてあるだけです。

Hrs2_05_P8180112 床板というか天板というか、とにかく穴を塞いだ効果は写真左の如く。実機は写真右のようになってますので、ヨンパチ以上の大スケールで作られる方とか、ナナニでも小人サンが作業机に宿っておられる方はきちんと工作すると吉でせう。ちなみにパイロットの椅子は座面が跳ね上げ式になっているようなので、ここからもコクピットによじ登れるみたいです。

Hrs2_06_ 正月三が日で胴体とシッポをつないで、ほぼ全てのパーツの切り出しと整形が終わって全体塗装に掛かれるまでになりますた。うむ、今年はペースが速いぞw
 

Hrs2_07_ イタレリのインストに従ってメインローターとテイルローター先端の警戒色を塗り分け、機体色のシーブルー(クレオス14番を使用)を吹き始め。胴体は持つ所がないので前半と後半に分けて塗ります。

 ここでネットの海を漂っていたら「THE USMC SIKORSKY HRS DATABASE HOMEPAGE」なるサイトを発見。HRSについてそのものズバリを扱うサイトがあるとは思っても見ませんでした。ということでさっそく分け入ってみるとなんとも困った事態が発覚。イタレリが「USMC HRS-2, Korea 1953」としてデカール化した、ワタシがまさに作ろうとしている Bu.No.127795 という機体はHRS-2ではなくHRS-1であり、またこの機体は朝鮮戦争には行ったものの、1952年10月に事故で失われているのでした。要するにイタレリのリサーチは全然ダメってことですよ。('A`)

 さらに言えばテイルブーム側面に「MARINES」ロゴが入るマーキングは初期(1952年ごろまで?)のもので、後にテイルブーム直前の胴体側面に書かれるようになったのですが、初期のマーキングの頃の機体はどれもテイルブーム側面を前後に走る補強板がないわけなのですよ。なのでホントはこのキット指定マーキングにするなら、Bu.No.の機種名を「HRS-1」に書き換えるだけじゃなく補強板を削り落とさねばならないのですが、今さら知ったところでどうしようもなく。←だから先に調べろとあれほど

 やっぱ資料なんて見るもんじゃないです。(´・ω・`) ←本末転倒

Hrs2_08_Hrs2_09_ まぁともかく今さらどうしようもないことを考えても仕方ないので先に進みます。全体塗装を終わらせてローターハブやらタイヤやらを塗り分け、省略されているステップやACLなどを自作しつつエンジン部分のメッシュなどにスミ入れ。

Hrs2_10_Hrs2_11_ メインローターとテイルローターを組み立てました。それぞれ胴体の穴やシャフトに差し込んであるだけです。キャビンドアの上に付くホイストはパーツのままだと真横に伸びてるのですが、それではあんまりなので根本から切って畳んだ状態にしてます。

 次いでいったんローターを外してデカール貼り。インストの指定位置があちこち違ってたので写真を見つつ修正。赤丸(燃料給油口と思われ)と黄丸(エンジンオイル給油口かな?)はインストに指定がなかったので追加。それぞれ箱絵のカナダ海軍機には指定があるのになんでやねん。もっとも黄丸はなぜか1個しかなかったので塗ってます。Bu.No.の機種名は「2」を削って余りデカールから「1」を作って差し替えてます。ちょっとこれ、デカ過ぎですわ。(^^;)
 
Hrs2_13a_Hrs2_13b_Hrs2_13c_Hrs2_13d_ 
 
 
 
 
 ちうことで完成であります。まーなんかいろいろと困ったモノになってしまった感はありますが、とりあえずこれでヨシとしませう。

 さー、次は何にしませうかね。F-16の続きは当然として、朝鮮戦争ネタでもう1機は作りたいですねい。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 「ユギオ」ネタ二つ目、いっきまーっす!(Aモデル1/72 Yak-9P その1) »

製作記:イタレリ1/72 HRS-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年最初のできたどー!(イタレリ1/72 HRS-1):

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 「ユギオ」ネタ二つ目、いっきまーっす!(Aモデル1/72 Yak-9P その1) »