« あと少しのように見える(ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その5) | トップページ | 全部できたどー! (ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その7) »

2016.02.15

ひとつできたどー! (ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その6)

 2月に入って半分過ぎましたけど、まだ全機出来てませんw まぁそれでもとりあえずひとつ完成したのでまとめ。



F16_hake_03a_本日のF-16's。サンダバの機首と垂直尾翼左側にデカール貼り。グッスマの剛力塗りまくって局面に馴染んだのはいいけれど、盛大にしわくちゃになってしまってどうしたもんやら。ヽ(`Д´)ノ
02-02 01:07

そろそろデカール貼りの続きをしやう。しかししわくちゃになってるトコ、どうやって直すかな…。
02-02 23:12

F16_hake_03b_本日のF-16's。サンダバ機体下面の模様のデカール貼りオワタ。あとは上面の細かいマーク類だけ。しかし垂直尾翼右側は盛大にしくじってしまった。リカバリーを考えると鬱入るなぁ。(´・ω・`)
02-03 01:26

@kwat_01 ここまできてようやくグッスマの剛力は強力すぎると気付いたので、タミヤのハードタイプに変えてみた。ちょうどいい感じである。最初からこれにするべきであった。デカールがもう1枚手に入るならやり直したいくらい。(´・ω・`)
02-03 01:27

F16_hake_03c_F16_hake_03d_本日のF-16's。サンダバのデカール貼りおしまい。次に貼るポーランド空軍機のデカールを切り出してみる。上手く貼れるかな。
02-04 02:19

F16_hake_03e_本日のF-16's。ポーランド空軍機のデカール貼り開始。最初に一番肝心なトラ塗装部分のデカールを貼ってしまう。ポーランド製のモデルメイカーデカールは貼りやすくて吉なれど、若干の印刷ズレや汚れがあるのが残念。
02-06 01:54

@kwat_01 あとCFTに貼ったデカールが若干小さい。特に後ろのほうが足りてない。(^^;)
02-06 02:05

Cadz0w8usaa6vrsjpg_largeCadz1biuuaeggjtjpg_largeそしていま改めて確認して気付いたのだが、ポーランド空軍のF-16は主翼上面に国籍マークが描かれてないとばかり思っていたらなんとまぁ、2013年ごろには描かれているわけですよ奥さん。
02-06 01:55

Cad0jujueaad7h0jpg_largeそして自分が作ってるNATOタイガーミート2013参加機の写真を見てみると、やはりしっかりと描かれていたりするわけで、確認して良かったなりよ。(^^;)
02-06 01:57

F16_hake_03f_本日のF-16's。ポーランド空軍機のデカール貼りオワタ。残るはあと1機。来週末には全機完成させたい所存。
02-08 01:30
 

F16_hake_03g_本日のF-16's。エッシーF-16BアリゾナANG機のデカール切り出しオワタ。エキスパートチョイスデカールのインスト、マーキングの考証は割としっかりしてるくせにコーション類は全然解説されてないので、実機写真を見ながら寄せ集め。
02-09 01:50

ではデカール貼りやるか。
02-09 23:00

F16_hake_03h_本日のF-16's。アリゾナANG機のデカール貼りオワタ。コーションはハセガワのB/C/C-50とエッシーのキット付属からの寄せ集め。だからデカールのグレーの色が合ってないけど見逃しておくれw
02-10 01:44

Cayx9rxuuaahfxcjpg_largeちなみに実機はこの時点ですでに20年くらい使ってるせいか、コーションがほとんど書かれてないし書かれてるのもイレギュラーだったりする。アメリカさんはこの辺けっこうルーズだよね。空自では考えられないw
02-10 01:45

ちうことで明日はデカール貼りが終わった4機のタッチアップ大会だ。今日貼ったアリゾナANG機以外は多かれ少なかれどれもタッチアップ必須。特にサンダバはシワシワになってるのをどうしたもんか。(´・ω・`)
02-10 01:47

F16_hake_03i1_んがー!アカデミーのサンダバ、タッチアップついでに脚カバーに貼ったデカールの上からクレオス326番塗ってみたら全面がチリメン皺になっちまったー!これはもうダメだ、潔く諦めよう。ヽ(`Д´)ノ
02-10 23:20

F16_hake_03i2_仕方がないので模様の部分でどうしようもないトコロを20年前のハセガワのデカールでやり直してみる。(`・ω・´)
02-10 23:21
 

F16_hake_03i3_ヤバそうなトコロを全部剥がし終わったの図。ハセガワのデカールと色が合うのか、つかそもそもアカデミーのキットにちゃんと貼れるのか、問題だらけだw 塗ればいいのは百も承知なんだけどネー。(´・ω・`)
02-10 23:54

F16_hake_03i4_F16_hake_03b__2Ca3ipupumaafzg4jpg_largeちうことで本日のF-16's。サンダバ仕切り直し。垂直尾翼のデカールは、教訓を生かして赤い部分と★の部分を分けて貼ることに。赤い部分の形はアカデミーのが2009年シーズンそのままだということがよく分かる。失敗したのが痛すぐる(泣
02-11 01:48
※実機の尾翼写真はその2009年のヒッカムエアショーで撮ったもの。

F16_hake_03j1_本日のF-16's。サンダバのデカール貼りリベンジ、お終い。これはデカールを貼り終わった直後の写真。赤の色味がキット付属と違ってるんで結局赤の部分は全部ハセガワで貼り直した。
02-12 01:50

@kwat_01 作業中に右主翼端のミサイルランチャーが折れたw
02-12 01:55

F16_hake_03j2_青の色味はそれほど大きく変わらないので、下面はそのまま。アカデミーとハセガワの色味の違いはこれくらいだし、両者が隣り合ってるのはここだけだから言わなきゃ分からないレベルw
02-12 01:51

F16_hake_03j3_そしてタッチアップ終了。青は326番サンダバブルーで近似色、赤は79番シャインレッドでどんぴしゃ。アカデミーは機首がハセガワより細いので、機首先端の赤デカールは下面に切れ込みを入れまくってなんとか合わせた。
02-12 01:54

F16_hake_03j4_ポーランド空軍機はタイガーミート塗装のタッチアップ。赤は327番サンダバレッドでどんぴしゃだったけど、紫っぽいのは機体の下に並べてる5色を全部混ぜて近似色を作った。シャアザク用の赤なんてなんで持ってるんだオレw
02-12 01:57

@kwat_01 29番艦底色はタカラレベル時代(!)のレベルカラー。蓋を開けたらほとんど使ってなかったけど、全く固まってなかったんで薄めないで攪拌したらすぐ使えた。さすがラッカー系は保ちが違うw
02-12 02:00

F16_hake_03j5_そして悲劇発生。エッシーの機体に色差ししてたら手が滑って床に落とした\(>o<")/ギャーッ! 機首のピトー管は折れて行方不明、そしてケツのエアアブレーキ部分の角が欠けた(号泣)。今週末に全機完成という目論見は崩れ去ったかなぁ。
02-12 02:02

F16_hake_03k1_本日のF-16's。昨夜破損したエッシーの修復。機首のピトー管はなくなったパーツを執念で探し出して、今度は真鍮線を芯に通してガッチリ接着。ケツのエアブレーキの欠損は貼り付けたプラ板を削って均して塗ってなんとか誤魔化せるくらいに。
02-13 02:07

F16_hake_03k2_@kwat_01 原状回復のための作業で一日損したような気もするけど、どのみち今夜はクリヤー掛けできなかったろうから大して変わらんな。(^^;)
02-13 02:09

F16_hake_03l_F-16'sのクリヤー掛け終わってチコの手足とケツの毛の手入れも終わったんで本屋イテクル。
02-13 17:13
 

さて、模型やっか。
02-14 22:08

F16_hake_03m1_本日のF-16's。エッシーの仕上げ。流用したタミヤの椅子は、実は椅子自体に後ろへ傾きがまったく付けられていないため(タミヤのキットはコクピットの床自体が傾いてる)底をヤスリでごりごり削った。そんなの最初に気付けよなオレw
02-15 01:39

F16_hake_03m2_ついでに前後席の間にある、本来はキャノピー側に付けられている部品(黄色いの)をハセガワの余りパーツを加工して追加。エッシーのキットでここらへんをきちっとやろうと思ったら、コクピットとキャノピーをハセガワから移植する必要があるのよね。
02-15 01:40

F16_hake_03n1_F16_hake_03n2_ということで、エッシー1/72F-16B、完成でありまする。マーキングはアリゾナANG 162th FW/148th FSで、エキスパートチョイスデカール72-29を使用。
02-15 01:43

@kwat_01 162thじゃない、162ndか。まぁ細けぇこたぁw
02-15 01:47

F16_hake_03n3_F16_hake_03n4_キャノピーが胴体というかキャノピーフレームに全然合わなくて隙間がヒドイので、あまり真横からは見たくないw ほんと、ここはまるっとハセガワから移植してやるほうがいいと思うわ。細部も寂しいし、やっぱエッシーはもう作らなくていいやw
02-15 01:45

あと残り3機、今週中に順次完成させていきたいと思う所存。(`・ω・´)
02-15 01:48

ちなみに今回のF-16量産、塗装の一部にガンダムマーカーやタミヤペイントマーカー使ってますよー。
02-15 02:07



 ということで、恐らく次はポーランド空軍機になる予定。今週中には終わりますよ、きっと、たぶん。(^^;)

|

« あと少しのように見える(ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その5) | トップページ | 全部できたどー! (ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その7) »

製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1005/63215131

この記事へのトラックバック一覧です: ひとつできたどー! (ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その6):

« あと少しのように見える(ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その5) | トップページ | 全部できたどー! (ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D その7) »