2005.07.24

エライ地震があったようで

 なんですか、足立区で震度5強ですか。お怪我をされた方もいらっしゃるようで、お見舞い申し上げます。で、川崎に住んでいるワタシの今日のエントリーのタイトルがなんで「ようで」なのかと言いますと、その時間珍しくちょうど電車に乗ってたんですね。なのでほとんど揺れを感じなかったんですよ。渋谷から帰宅する途中で、下車駅まであと10秒って時に「ただいま地震がありましたので停車いたします」というアナウンスがあって、電車が高架の上で止まってしまいました。下を見ると人や車が何事もなかったかのように通行しているので、「こりゃ大したことないぢゃん」とか思ってるうちに電車が動いて駅に着いたので、何事もなかったかのように帰宅しました。家でカミさんに「今さっき地震あった?」って聞いたら「けっこう揺れたよ~、棚の箱が落ちそうになってたよ」って言うので、とりあえずテレビ点けてニュースを見たらビックリでした。
R0017594
 ということで、渋谷に行ったのはなぜかと言いますと、溝ノ口で散髪したついでに足を伸ばして久しぶりに「森の里くらぶ」に行ってたからなんですね~。髪を刈ったついでに模型を買ったというわけです(走召木亥火暴)。戦果は写真の通り。ソードのベアキャットは、米海軍型とこの海外型のどちらか迷った挙げ句こちらにしたんですが、どうもインストの塗装指示が怪しいんです。デカールも要るのがなかったり余分なのがあったり。この際ですから米海軍型も買ってきてF8F-2にして、余るF8F-1用胴体をモノグラムのキットに流用してそちらでマトモなタイ空軍機を作るというのはどうだろ、とか考えてみたり。エアフィックスのライトニングは、以前お引っ越しをされる方から譲っていただいたキャノピー破損キットがあるので、今日買ってきたキットのキャノピーを型にして絞ってやろうかな、などと思ってみたので。思うだけなら簡単ですけど。ドミニは再販を待ってたので。実は行き付けの店に頼んであるので、そっちはどうしようかなとか悩んでます。2機作る機体ぢゃないですし。MA誌は特集がワタシの嗜好にヒットしたので久々に買いました。その上に乗ってるのは☆★1/35の動物セット(完成品)。いやはや、芸コマです。パーティングラインがちゃんと消してありますよ。w(゚O゚)w

 てなわけで、収穫の入った袋を下げてホクホク顔で電車に乗ったら地震なのでした。あと30分渋谷で粘ってたら、あるいは神保町やアキバまで足を伸ばしていたら、地下鉄もJRも止まった都内で間違いなく足止めを喰らったことでせう。いや~良かった良かった。(´ー`)フウッ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.10

ニュースネタいろいろ

@nifty:NEWS@nifty:タイで遊泳中水死、「自己責任で」と賠償請求を棄却(読売新聞).

>>原告側は「局所的な深みが存在することを知らせなかった」と主張したが、判決は「旅行会社に、海岸の地形まで調査する義務はない」と退けた。

 これは当然でせう。これが通るなら旅行先でのあらゆる事故は旅行会社の不注意ということになってしまいますよ。

@nifty:NEWS@nifty:器具操作ミスで患者死亡=杏林大病院、業過致死の疑い-警視庁(時事通信).

>>調べでは、3日午前8時半ごろ、女性看護師(23)が、慢性腎不全などで入院中の男性に装着していた、たんなどを除く呼吸補助器具を交換したが、本来外すキャップを付けたままにした。
>>病院の調査に対し、看護師は「慌てていてキャップを外し忘れた」と話しているという。

 こういうのを聞くたびに思うんですが、例えばキャップを外さないと器具が装着できない設計にするとかってできないんでせうかね。人間はミスをする動物なんですから、ミスをしても事態が悪い方に転ばない設計(『フェイル・セイフ』ってやつです)にしておかないと、こういう事故はなくなりませんよ。

@nifty:NEWS@nifty:人工衛星で国内全車を追跡、英が新課税システム導入へ(読売新聞).

>>英運輸省の計画では、英国内を走るすべての車に人工衛星が追跡可能な装置を設置し、走行距離1マイル(約1・6キロ)ごとに課税する。
>>新税が実施されれば、現在の道路税や燃料税は廃止され、同省の試算では、半数の車所有者にとって減税になるという。
>>同相は「新しい道路を建設する余地はあまり残っていない。渋滞緩和のためには必要な措置」と説明している。

 要するに、クルマに乗っている時は常に政府によって上空から監視されているというわけですな。減税になると言われても、渋滞緩和に必要だと言われても、『常に政府に監視されている』という気分の悪さと引き換えにできるようなメリットとは思えませんけどねぇ。あ、もしかして『政府に監視されたくない』といってクルマに乗る人が減れば渋滞緩和になる、ということなの?(^◇^;)

@nifty:NEWS@nifty:ODA抑制姿勢を転換=常任理事国入りへ「十分な水準」-骨太方針原案(時事通信).

>>政府開発援助(ODA)について「わが国にふさわしい十分な水準を確保する」と言及。国連安全保障理事会の常任理事国入りをにらみ、これまでの抑制姿勢を転換した。

 対中ODAは従来通り抑制→全廃の方向でひとつ。相手はアジアで唯一の常任理事国なんですから『援助』なんて失礼ですよ。(゚∀゚)ア-ヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.18

今さら言われても・・・

 もう食べちゃいましたよ?
@nifty:NEWS@nifty:「焼きそばUFO」31万食を回収…ナトリウム誤表示(読売新聞).

 日清食品は17日、今年4月から全国で販売しているカップ焼きそば「日清焼きそば しお U.F.O.大盛り」31万食を自主回収すると発表した。

 商品に添付している栄養成分表で、ナトリウムを1・6グラムと表示していたが、実際は2・4グラムだったことが判明したためという。品質に問題はないとしているが、無料で商品の返却にも応じる。

 問い合わせは同社お客様相談室(0120・923・301)へ。

[読売新聞社:2005年05月18日 01時16分]


 成分表示が間違っていた、ということが回収の理由だってことは判るんですけど、素朴な感想として「それって回収するほど重大な事なんですかね」的。品質に問題がないのならなおさらって気がしますが、あるいはこの数値が違っていると大変なことになってしまう方がいらっしゃるのでせうか。

 まぁたぶん何かの法律で定められているのでせう。あるいはもし万が一これを食べてどうにかなっちゃった方がいらっしゃったとして、「日清食品は成分表示が違っていたのを隠蔽していたのか! 担当者ぢゃ話にならん、社長を出して!」とかマスコミの皆さんに詰め寄られることのないようにするための予防策、というわけなんですかね。それと、こういう時に返品する消費者の方々ってどのくらいいるんでせう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.05.12

目的不明・・・

 犯行組織からの次なる要求がないですねぇ・・・。斎藤さんの無事を願って止みません。
@nifty:NEWS@nifty:拘束の斎藤さん、負傷の可能性…生き残った同僚証言(読売新聞).

 英警備会社「ハート・セキュリティー」に勤務する斎藤昭彦さん(44)がイラクで武装勢力に拘束されたとみられる事件で、生き残った斎藤さんの同僚が「斎藤さんは銃弾を受けた」と話していることが11日、明らかになった。

 政府は、斎藤さんがケガをした可能性が高いと見ており、斎藤さんの安否や所在の確認を急ぐ方針だ。しかし、11日夜現在、安否確認につながる有力な情報は得られていない。

 斎藤さんら一行は、8日夕(日本時間同日夜)、米軍基地への機材搬入から帰る途中、バグダッド西方のヒート近郊で武装勢力に襲われたことがわかっている。

 同社関係者が日本政府に説明した内容などによると、一行は10数人で、複数の生存者がいる。生存者の一人の南アフリカ人は、「斎藤さんは銃撃戦で被弾し、ぐったりして動けなくなった」と証言しているという。

 これに関連し、外務省の高島肇久・外務報道官は11日午後の記者会見で、「かなり激しい戦闘があったのは事実のようだ。犯行グループが『重傷を負った斎藤さんを拘束している』と発表したこともあり、斎藤さんがケガをした可能性はかなりある」と述べた。

 細田官房長官は同日の記者会見で、銃撃戦の状況について「相当な惨状のようで、いろいろな武器が使われた。全員について(被害を)把握できる状態にはまだない」と指摘した。

 また、外務省幹部によると、イラク移行政府のジャアファリ首相は11日、閣僚らに対し、「今回の事件は極めて重要なので、イラク政府として全力で対応するように」と指示した。

[読売新聞社:2005年05月11日 21時56分]


 斎藤さんはまだ生きていると思いたいですが、なぜ犯行組織は沈黙してるのでせうか。何か言ってくれないと日本側としても次の行動を起こしにくいでせうに。

 しかし、今回拘束された斎藤さんが元傭兵だったことをして、「カネを稼ぎにイラクに行ったのだからハート社が救出すべきであり、日本政府が税金で救出するのはおかしい」と仰る方がマスゴミにもブロガーにもいらっしゃいますが、ワタシはその論には与しません。どこが雇っていようと日本国籍を有する歴とした日本国民が難に遭っている以上、日本政府が救出に動くのは当然でせう(フランス外人部隊に籍を置いていた時に、特典のひとつであった『3年たったらフランス国籍を取れる』というのを行使していたらその限りではありませんが)。「カネを稼ぎに」云々が正当な理由として通るのであれば、政情不安な国でビジネスに勤しむ商社マンが現地の武装組織に拉致されて身代金を要求される、という事件に対しても日本政府は動くべきでない、ということになります。「カネを稼ぎに世情不安な国に行って捕らえられた」という状況に何ら変わりはないのですから。

 ただし、日本政府が税金を使って行った救出活動が失敗し、人質となった方が不幸にもお亡くなりになったとしても、それをして日本政府を恨むべきではありません。自分の意志で政情不安な国に行った以上、仕事の成功も失敗も、自分の命すらもまず自分がリスクを負うべきであり、それが自己責任ということだとワタシは認識します。

 そういう点で、最初にイラクで人質になったあの3人とご家族、そしてその取り巻きの行為は非難されて然るべきであります。一方その後の香田さんの事件でのご家族の態度(香田さんご自身は全く判っておられなかったようですが)、そして今回の斎藤さんのご家族の態度はその点をしっかりわきまえており、毅然としたその姿には感動すら覚えました。

 最後にもう一度、斎藤さんが無事に生還されることを祈念いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.26

警察とマスゴミによる“犯人探し”

 福知山線の脱線事故ですが、まだ生存者の救助活動が続いているというのに事故の犯人探しの動きとその報道は素早いですね~。
速度超過が主要因か 脱線事故で車掌認める
事故の運転士、過去に3度の訓告・厳重注意処分
オーバーラン実は40m、脱線の運転士と車掌うそ報告
 こうやって並べると、『事故は適正に問題があった可能性のある運転士が、遅れを取り戻そうと無謀な超過速度で電車を走らせたために起きた』という印象になりません? いや、事故の引き金はそれで合ってるのかもしれませんが(線路上に置き石があった可能性もあり、その場合は事故の引き金は置き石ということになりますが)、その場合肝心なのは『なぜこの運転士は脱線事故を引き起こすような速度で電車を走らせたのか?』なんです。それは例えばこんなことが運転士にプレッシャーをかけていたのかもしれません。
<尼崎脱線事故>事故前の2週間 1秒単位で遅延調査実施
15秒単位の時刻設定、日常的な「回復運転」
 つまり、この運転士がたまたまババを引いたということなのかも知れないのです。これを追求することが事故調査であるのに、警察が先に動いて犯人探しを始めてしまったら、何か手がかりを握っているかもしれない人が自分に累が及ぶことを畏れて口をつぐんでしまうかもしれません。それでは公正かつ厳正な事故調査はできません。なので、事故調査を行う上では一種の司法取引のようなことが必要になるでせう。警察が動くのはそのあとでも充分間に合います。肝心なのは犯人を罰することよりも、事故の再発防止なのですから。事故調は国交省隷下ではなく内閣直属とかのほうがいいのではないでせうか。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

福知山線の事故に思う

@nifty:NEWS@nifty:死亡58人・負傷441人、まだ車内に多数の乗客(読売新聞)

 事故に遭われた方には謹んでお見舞い申し上げます。今現在、まだ1両目の乗客の救出作業が続いているものと思われます。怪我人の一刻も早い救出を祈ります。この事故は平成になって最悪の鉄道事故になってしまいました。

 報道によれば運転士は確かに技量に問題があったかもしれません。スピードの出しすぎが脱線の引き金になったのかもしれません。でもマスコミの皆さん、今の段階でそんなことを詮索し始めなくてもいいです。それよりこの事故に遭われた方が何を必要としているかとか、この事故により日常生活に影響が出る方が必要とする情報とか、あるいは遠くに住むワタシたちには何ができるかとか、そういったことをまず報道して下さい。

 それから、東武線の踏切事故に関するこのエントリーにも書きましたが、『事故調査≠犯人探し』ということをマスコミもよく考えてみて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.22

遙かなる“ロックンロール”

@nifty:NEWS@nifty:曲技訓練中に墜落・兵庫(共同通信).

 21日午前11時20分ごろ、兵庫県豊岡市岩井のコウノトリ但馬空港でアクロバット飛行の訓練中の1人乗り軽飛行機が滑走路脇の草地に墜落、前部が大破した。パイロットで茨城県小川町、有限会社「エアロック」所属の岩崎貴弘さん(53)が全身を強く打ち同市内の病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡した。飛行機は曲技飛行用の米国製複葉機「ピッツ式S―2C型」。別の1機と空港上空を飛んでいた。

[共同通信社:2005年04月21日 13時45分]


airock
 今日も昼メシを食いながら、いつものようにお昼の犬あっち行けニュースを見てました。ただいま入りましたニュースです、とアナウンサーが前置きして「但馬空港で小型機が墜落しました」と原稿を読み始めました。“但馬かぁ・・・ロックだったらやだよなぁ”と思いつつ画面を見ていると、見慣れた赤いラダーの白い飛行機がひしゃげてました。ワタシは「ロックぢゃねぇか・・・」と呟いたきり、しばらく箸を動かすことができませんでした。

 2002年からは開催されなくなってしまったNAF厚木オープンハウスですが、1992年から2000年までは「WINGS」というタイトルで、アメリカのエアショーをそのまま日本に持ち込んだような雰囲気でハデハデに開催されていました(2001年は“WINGS&祭”というタイトルでフライトなし)。そして1993年4月24日と25日の両日に行われた“WINGS'93”で、ワタシはショーン・タッカーのフライトを初めて目の当たりにしたのでした。飛行機の飛ぶ原理を無視したとしか思えないような、破天荒な飛びっぷりに文字通りぶっ飛んだモンです。それまで見たことのあった民間小型機のデモフライトとはまるで別モノで、まさにアメリカンアクロの真髄を見せつけられたのでした。

 それから3年後の1996年、空自を退官した一人の日本人パイロットがそのショーン・タッカーに師事してアメリカのエアショーライセンス取得を目指しているという話を聞きました。その人がロック岩崎さんでした(以後“ロック”と呼びます)。ロックはその年の3月にライセンスを取得、8月には日本で「エアロック・エアロバティックチーム」を発足させました。そして11月、和歌山県南紀白浜空港旧滑走路で開催された日本航空協会主催「スカイレジャージャパン'96」で正式に日本デビューを飾ったのです。

 いったいどんな飛びっぷりなんだろうと思いつつ、97年はロックの参加した航空祭に行くことがなく、98年10月25日の空自百里基地航空祭でようやく見ることができました。軽快な音楽とDJに乗って空を縦横無尽に駆け回るそのフライトは、今まで見てきた日本人アクロパイロットのそれとは明らかに違うものでした。また機上から観客に語りかけるというスタイルも新鮮で、観客を惹きつけ飽きさせない工夫が随所に見て取れました。日本では航空祭といえばほぼ自衛隊基地のそれと決まっていて、内容は戦闘機などの飛行と救難展示、そしてブルーインパルスで〆、という言ってみれば『自衛官が飛ぶのを見せてもらう』的ワンパターンなものばかりだったのですが、ロックの登場でようやくそこに民間人によるエアショー的要素が加わったのです。WINGSで本場アメリカのエアショーの一端を知ることができた幸運な人たちは、ようやくそのワクワク感をほんの少しでも取り戻せたのかもしれません。

 その後は年に1,2度ロックのフライトを見ることができました。機体とパイロットを増やして2機態勢になった2002年シーズンは、7月28日の空自松島基地航空祭で見ましたが、演技の間の妙な間(ま)がなくなってスピーディになり、2機による交差課目も追加されてかなり面白くなったものです。もっとも翌年にはまたロックひとりだけになってしまったのですが、昨シーズン後半からは再び2機態勢で素晴らしい演技を各地で見せてくれていました。

 せっかくサンダーバーズが来日したのに、雨に祟られたばかりでなく駐車場を巡る混乱が語りぐさになってしまった昨年9月26日の空自百里基地航空祭。雨でフライトキャンセルとなったサンダーバーズとブルーインパルスを後目に、1430頃のほんの少しの雨の止み間を突いて唯一アクロを行ったのがロックでした。せっかく来てくれたお客さんを手ぶらで帰すわけにはいかない、というロックの意地だったのでせうか。もう帰ろうと思っていたので駐車場からロックの演技を見ていたワタシは、低い雨雲の底を掠めるように飛ぶロックの、飛ぶことに対する情熱をひしひしと感じたものでした。

 今年もエアショーシーズンが始まりました。今年はどこで見られるか、楽しみにしていた矢先の今日のニュースです。もうピッツスペシャルを駆って青空を駆け回るロックの姿は見られません。ロックのショーの始まりは高空から背面姿勢のままスピンしながら降下してくる「ロックンロール」という荒技。しかしロックの魂は今日、そのまま二度と帰ることのない空の遙か高みへと昇っていってしまいました。

 ロックはワタシ達に素晴らしいショーを見せてくれました。これからも、飛行機を愛する者たちがロックを忘れることはないでせう。どうぞ安らかに。さようなら。

(写真は2002年松島基地航空祭に於いて、演技終了後に2番機パイロットのノブとハイタッチを交わすロック岩崎。背後に写っている機体はロックと共に天に昇ったピッツS-2C(JA22AR))

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2005.04.05

さぁあの西方3ヶ国の反応は?

@nifty:NEWS@nifty:周期表など消えた内容多く復活=「つくる会」大幅修正し合格-中学教科書検定(時事通信)

 文部科学省は5日、来春から使用される中学生用教科書の検定結果を発表した。学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」の記載が認められてから、中学生用の検定は初めて。元素の周期表や生物の進化など、指導要領改訂に伴い現行教科書から消えた理科、数学の内容が大幅に復活した。侵略を正当化しているとして中国、韓国の反発を招いた「新しい歴史教科書をつくる会」編集による扶桑社教科書は、今回も大幅な修正の上で合格した。
 竹島、尖閣諸島をめぐる韓国、中国との領土問題は扶桑社や大阪書籍など3社が公民や地理で掲載。検定では、日本の領有権を前提とする表現が求められた。 

 あ、あの~、元素の周期表やら生物の進化やらって、去年までの教科書に載ってなかったんですか。なんか1970年代終盤に中学時代を過ごしたワタシから見ればおおよそ信じられませんねぇ。ま、そのへんが元に戻ったのはいいことですね。竹島や尖閣諸島などについては、ようやく書くべき事を書けるようになったって感じです。ワタシは習った覚えありませんもん。やっぱ国を作る基本は教育ですよね。あの西方3ヶ国を反面教師として、次代の日本を背負って立つ人を育てませう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これで一件落着にするな

@nifty:NEWS@nifty:東武事故で踏切係員を起訴(共同通信)

 東京都足立区の東武伊勢崎線竹ノ塚駅踏切で女性4人が電車にはねられ死傷した事故で、東京地検は5日、電車が接近していたのに手動式遮断機を上げたなどとして、業務上過失致死傷罪で竹ノ塚駅踏切保安係小松完治容疑者(52)=千葉県野田市=を起訴した。小松被告は警視庁捜査一課の調べに「通行人をたくさん渡らせるため以前からやっていた」と供述。社内規定に違反して解除していた。

 極論してしまえば小松氏はババを引いたに過ぎません。『社内規定に違反して解除していた』ことは事故の引き金であって原因ではありません。この事故は起こるべくして起こったのです。この事故は立体交差にするという抜本的な事故防止策を採らずに、以前から社内規定に違反して手動で遮断機を上げ下げしていたことを黙認していた東武鉄道と竹ノ塚駅、立体化の話を具体化できなかった足立区や東京都、竹ノ塚駅周辺の地元商店街など関わっている全ての団体に責任があります。『事故調査=犯人探し』ではありません。もし小松氏の起訴をもって事故調査が終わったとするのなら、事故は必ずまた起こります。抜本的な事故対策が早急に行なわれることを祈ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.27

そりゃそーだろ

@nifty:NEWS@nifty:好天の日曜でも客足伸びず万博(共同通信)

 愛知万博(愛・地球博)会場は、初めての日曜日を迎えた27日、これまでの2日間の冷え込みが一転し、穏やかな好天に恵まれた。来場者数は午後4時現在で5万人を超え、開幕後で最多を記録したが「10万人前後に達する」という協会の想定を大きく下回った。協会幹部は「日曜にしては少ないことは事実。広報活動に力を入れる」との考えを示した。

 まーなんつーか、「話のタネに」という以上の行きたいという動機がないんですよね~。「自然の叡智」というメインテーマが漠然としすぎてるせいか、そのテーマとあのロボットのステージやトトロの家がどう結びつくのかさっぱりわからんのです。それに食中毒防止とかいって一般客に飲食物の持ち込みを禁止してるくせに、学校行事の団体には許可してるってのもわからん。学校行事で持ち込んだ弁当は絶対安全だというわけ? 会場内のそこここに残された自然の中で、ピクニック気分で家族が弁当を広げることに何の不都合があるのでせう。やたらとゴミ捨てられたら片づけや掃除が大変、てのが本音なのかしらん、とか邪推してみたり。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | カメラ・写真 | ツイッター | ニュース | ハワイ旅行 | パソコン・インターネット | フネ | ペット | マスコミ批評 | 中朝韓 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 模型 | 模型展示会 | 経済・政治・国際 | 製作記:1/72 複座型ハリアー | 製作記:Aモデル1/72 Yak-15 | 製作記:Aモデル1/72 Yak-9P | 製作記:LS1/144 P-3Cオライオン | 製作記:MPM&スペシャルホビー1/72 HA-200&HA-220 | 製作記:PST&ΩK1/72 ソ連軍トラック | 製作記:アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン | 製作記:アオシマ1/6 パイオニア・ランナウェイSK-900 | 製作記:アオシマ&フジミ1/72 3-1/2トントラック | 製作記:アオハーゲンHO ハウス「エルケ」 | 製作記:イタレリ(ビレク)1/72 Il-28ビーグル | 製作記:イタレリ1/72 HRS-1 | 製作記:エレール1/72 A32Aランセン | 製作記:カフェレオ1/144 R4D-6まなづる | 製作記:ガビア1/72 L410ターボレット | 製作記:サイバーホビー1/72 ミーティアF.1&F.3 | 製作記:スペシャルホビー1/72 YP-59エアラコメット | 製作記:スペシャルホビー&エアフィックス1/72 スピットファイアPR.19/F.21/22 | 製作記:スーパーモデル1/72 MB.339K | 製作記:ズベズダ&KP1/72 Mi-8/-17“HIP” | 製作記:タミヤ1/72 F4D-1スカイレイ | 製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D | 製作記:トランペッター1/144 A-50メインステイ | 製作記:トランペッター1/144 F-86F旭光 | 製作記:ドラゴン1/144 UH-60Aブラックホーク | 製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII | 製作記:ハセガワ(ズベズダ)1/72 Su-47ふるくーと | 製作記:ハセガワ/ドイツレベル/ローンスター1/72 YF-16/YF-16A/F-16XL | 製作記:ハセガワ1/48 BIJr.&T-3Jr. | 製作記:ハセガワ1/72 F-15Jイーグル(1) | 製作記:ハセガワ1/72 F-18ホーネット | 製作記:ハセガワ1/72 F6F-5Kヘルキャット | 製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII | 製作記:ハセガワ1/72 Su-35プロトタイプ | 製作記:ハセガワ1/72 アビアS-92 | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(2) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム空軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 モスキートFB Mk.VI | 製作記:ハセガワ1/72 三菱F-2A/B | 製作記:ハセガワ1/72 英仏ジャギュア | 製作記:ハセガワ1/72改造 NC.900 | 製作記:ハセガワ タマゴファントム | 製作記:ハセガワモノグラム1/72 F-89Dスコーピオン | 製作記:ハセガワ&レベル1/72 F-101A/B/RF-101Cヴードゥー | 製作記:ファーラーN ガスタンク | 製作記:フジミ1/72 F7U-3カットラス | 製作記:フジミ1/72 きさらぎ号(九八直協) | 製作記:フジミ1/72 スピットファイアF.Mk.14E | 製作記:プラッツ1/72 MQ-1Aプレデター | 製作記:ホビークラフトカナダ1/72 CF-100カナックMk.5 | 製作記:ホビーボス1/72 F-38Lライトニング | 製作記:ホビーボス1/72 ズリンZ-42M | 製作記:ホビーボス1/72 ラファールC(1) | 製作記:ミニクラフト1/144 R4D-5 | 製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ | 製作記:レベル&フジミ1/72 シーキング | 製作記:レベル&エレール1/144 E-2Cホークアイ | 製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター | 製作記:レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aセントリー | 製作記:南西流通企画1/72 DHC-6ツインオッター | 製作記:河合商会1/60 駄菓子屋 | 静岡ホビーショー | 飛行機 | 食玩