2010.10.06

チコ9歳になる(^o^)

R0013919 毎日毎日喰っちゃ寝してる我が家のチコでありますが、本日めでたく9歳になりますた。本人は何にも思ってないと思いますが、飼い主としては某かの感慨があったりもするわけで。
 

R0014626 てことで、ささやかながら誕生日プレゼントを。オーストラリア・オピタノ製の軽量トートキャリーMでございます。てか、代理店の「宇サブロー」とのメールのやりとりの行き違いから、発注から到着までが遅れてたまたま今日になったというのが真相なんですが(爆)、まぁちょうどいいかということで。(^^ゞ

R0014630R0014634 これが今まで使ってたキャリーバッグ。かれこれ8年くらい使ってたのでかなり草臥れてます。チコはチワワの中でもオーバーサイズの「デカチワ」という犬種になるので(ウソですよー、そんな犬種ありませんよー)、フツーの小型犬用キャリーバッグではいささか小さく、なかなか「これだ!」というものが見つからなかったんですよね。

R0014628 チコも最後に「お世話様!」と言いにきたようです。(*´∀`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.13

塗装ほぼ終わり(^o^)(トラペ1/144メインステイその7)

Chiko1_ 背中の茶色もお腹の白もベッドの中の茶色も外のピンクも塗り終わって、あとはデカール貼・・・貼りませんって。
(( ´∀`)=○)`ω゜)・;'.、

A50_07_ ひび割れたベースホワイトのリカバリーもなんとかなったので、一気に塗装を終わらせました。あとはマスキング剥がしてタッチアップをしてデカール貼ってクリヤ吹きして最終組み立てすれば完成、のはず。

 さて前回のエントリーで「次はファントム」と書きましたが、前言撤回。ハセガワからナナニのホークアイがアナウンスされたのを言祝いで、このまま皿回しシリーズ(笑)を続けます。次はすでに用意だけはしていた1/144 E-3A、逝きます。マーキングはNATO(米空軍じゃないのかよ、というツッコミはなしの方向で。なんせマイナーなマーキング大好きなもんで(^^ゞ)。ソレが終わったらドイツレベルとエレールの1/144 E-2Cに逝っちゃいませう。これは素直に米海軍&空自にします。ファントム量産は年を跨ぐくらいの時期でやりませうかね。m9(・∀・)ビシッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.31

あと7時間

Chikobath
 大掃除が片づいたのでようやくパソコンの前に座れマスタ。2006年も残すところあと7時間であります。チコも昨夜お風呂に入れてキレイになりましたし、我が家的に新年を迎える準備はとりあえず整いました。

 てことで、今年の模型的戦果報告など。今年の完成品はこれだけ。カラオケセット1つ(笑)と1/72の飛行機12機です。

  アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン
  レベル1/72 F-105Dサンダーチーフ
  モノグラム1/72 F-105Fサンダーチーフ
  ハセガワ/モノグラム1/72 F-105Gサンダーチーフ
  MPM1/72 HA.200Bサエタ
  スペシャルホビー1/72 HA.220スーパーサエタ
  ハセガワ1/72 RF-4BファントムII×7

 去年に続いてダブルスコアになりましたし、ワタシ的祭り「米海軍/海兵隊ファントム全飛行隊制覇計画」も始動しましたし、なかなかいい具合に終わることが出来ました。来年もがんがろー!
0607donna_a
 つーわけで、来年の一発目はがらんどうサンとこの恒例企画「ドンなモンダイ!4」に乗っかってコレにします。ワタシが大戦機を作るなんて、一昨年から去年にかけてこの企画で作ったスイート1/144のワイルドキャット以来ですが、今年のコレは戦後に標的機に改造されたバージョンでマーキングも戦後のもの。よってワタシの守備範囲にぎりぎり入るのです。でもスタートから17時間も経ってるのに、まだ袋も開けてないよ。orz

 てことで、みなさま今年一年お世話になりました。来年もまたよろしくお願いします。(_ _")ハハーッ
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

チコ5歳になる(^o^)

Chikosyo_5th_
 10月5日はチコの誕生日。めでたく5歳になりますた。でも何もしませんでしたけど(汗)。まぁいいんです、普段可愛がってますから。*^_^*

 しかし写真っつーとこの「顔のどアップ」ばっかだな。もっと違う写真はないのかな?
Chikosyo_5th2
 だからといって、これははしたないでしょ。(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

夏の奥久慈紀行(笑)

Fukurodachiko なんていうほど大げさなモンでもありませんが、首都圏の大停電も知らず早朝からクルマを飛ばして、袋田の滝まで行ってきたわけなんですよ。春の大型連休に行こうとしてたのが中止になったので、そのリベンジというわけです。

Nattodog これは行きに立ち寄った常磐道下りの友部SAで食べた『納豆ドッグ』。7月29日に放送されたテレビ東京系「出没!アド街ック天国」で紹介された(リンク先の『<茨城県・大洗・ひたちなか>薬丸印の新名物・2』)ってんでけっこう売れてました。お味のほうは・・・ま、美味しいんだけど・・・的。ワタシ的には納豆にケチャップはどーよ、なもんで。

Fukurodanotaki てことで袋田の滝ですよ。心配してた“滝渋滞”もなく、一気に奥まで行けちゃったもんでかえってクルマをどこに駐めようか悩んだりもしましたが、とにかく滝です。日射しがあって暑かったですがやはり滝の近くは気持ちいいですねぇ。マイナスイオンってやつですか。滝に向かうトンネルの中は地面が湿ってて、チコを歩かせたら泥だらけになってしまいましたよ。

Hukuyouki 滝から駐車場に戻る途中、上空を旋回してた複葉機。レシプロサウンドが心地よかったですね~。でも正体が判りません。どなたかご存じ、もしくは心当たりありません?

Ryujinohashi せっかく遠出したのに滝だけではもったいないので、近くにある竜神大吊橋にも行ってみました。人道橋としては日本一の高さだそうです。もちろん渡ってみましたが(写真は渡った先から撮ったもの。てか、竜神ダムのダム湖岸の遊歩道に降りるのでなければ、ただ渡って戻るだけの橋です(爆))、途中日陰になるモノもないので日が照ると暑いことよ。

Ryujindum 橋の中間地点から竜神ダムを見下ろす、の図。クルマの大きさで橋の高さが判っていただけるかと。この橋は人道橋とはいえけっこうな幅ですし、ほとんど揺れもしないので高所恐怖症の方でも大丈夫な気がしますねい。ただ橋の真ん中辺りに、下を覗けるように透明アクリル板が敷いてあったりするんで、そこから下を覗くのはやめたほうがいい鴨。

 ということで、滝と橋の2箇所を回っただけで暑さにやられたヘタレ夫婦と犬は、まだ昼前だというのにそそくさと家路についたのでした。おかげでお盆の渋滞にも無縁で夕方には帰宅できましたけど。(^^)v

Chikosho_1 最後にオマケのチコ写真。(^。^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.12.27

今年はチコの厄年なのか?

chiko
 本日、チコはまたまた病院のお世話に。なんと肛門腺が破裂してしまいました(泣)。数日前からお尻をズリズリ床に擦る仕草をしているので、「肛門腺が満杯になってるのかな、絞ってやらなくちゃだな」とか思ってはいたのですよ。ところがチコはちょうど今ヒート中なので盛んにあの辺りを気にしているわけですよ。なのでこちらとしても肛門腺のほうはどうしても後回しになってしまって気が回らなかったんですね。しかも医者の先生によれは「普通は破裂するくらい腫れてたら痛がって、腰の辺りを触ろうとするだけでもキャンキャン騒ぐもんなんですけどねぇ」とのことなんですが、チコに限ってはそんな素振りは全然見せなかったんですよ。ということで、昨日、カミさんとの話の流れで何気なく肛門付近を覗き込んで肛門の脇に変な穴みたいなのを発見するまで全く気が付きませんでした。後悔先に立たずと言いますが、今月始めのフィラリア予防の時にでも肛門腺を絞ってもらえば良かったです・・・。(´・ω・`)ショボーン

 お昼前にチコを病院に連れていってそのまま入院。全身麻酔をかけるので同意書にサインしました。先生によれば破裂した肛門腺の穴を切開して内部を硝酸塩で洗浄したのだそうです。夕方引き取りに行って内服薬の抗生物質を4日分処方されました。明日の夕方にもう一度行ってまた傷口の洗浄を行い、あとは家で洗浄するのだとか。内服薬が切れる大晦日頃にまた行かなければなりません。もちろん治るまではエリザベスカラーを付けなければならないのですが、幸い食事はいつも通りでよく、散歩も大丈夫(ただし傷口を舐めさせないように注意が必要)なので初詣には行けることでせう。大事になりそうにはないのでとりあえず良かったです。

 まぁしかし、今年のチコは5月には10日間入院しましたし、ほとほとツイてないようです。てか、5月のも今日のもこちらがもうちょっと注意深く対処していれば防げたかも知れないかと思うと、内心忸怩たるモノがありますです。チコちゃんごめんよ~。来年はチコにとってもいい年にしてやらなくちゃ。(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.02

名札の効用

20051202-151202020-10
ANN NEWS 決め手は名札 米で不明のネコ、2カ月後仏で発見.

 アメリカで行方不明になっていたネコが、2カ月後にフランスで見つかりました。

 9月末ごろ、ウィスコンシン州で姿を消していたネコのエミリーは、近くの製紙工場で貨物用コンテナに入り込んでいました。エミリーはトラックでシカゴまで運ばれた後、そのまま、今度は船でベルギーへ出荷され、フランスのナンシーの取引先で発見されました。エミリーは名札をつけていたため、飼い主に連絡され、2カ月ぶりの対面となりました。帰りは航空会社の計らいでビジネスクラスで帰国したエミリー。やせていたものの、元気だということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2005


 いやーよかったよかった。。・゚・(ノД`)・゚・。 名札って役に立つんですねぇ(笑)。2ヶ月もの間、このネコちゃんはまともなモノを食べてないんでせうから、痩せちゃうのは当然ですけど、そんな状態で飛行機の貨物室に載せられるのは酷でせうから、航空会社も粋な計らいをしますね。日本の航空会社では考えられないでせう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

富士山はいいですなぁ( ̄ー ̄)

050814_a
 とか言いつつ富士山の写真はないわけなのですが(笑)、本日(てゆーか日付的には昨日)お盆休みのさなか富士山麓までドライブしてきましたよ。天気予報はちょっと怪しかったのですが、結果的には「曇り時々晴れ」って感じで結構なドライブ日和でした。
050814_b
 富士山麓とはいっても、具体的には「富士スバルランド・ドギーパーク」と「河口湖自動車博物館」なのですが。お盆の渋滞を避けるため家を0600前に出て(お陰で起床は0400(~O~")ファ-アッ)、東名御殿場から篭坂峠を越えるルート。早く出たおかげでほとんど渋滞にハマらず時間が余りまくったので、東富士五湖道路は使わず峠越えをして、山中湖を眺めつつ3/4周してから河口湖へ。最初は先に自動車博物館に行こうと思ってまして、webサイトに「開館時間:9:00~17:00」とあったのでそれに合わせて行ってみれば、なんと開館は1000からだって言うぢゃないの奥さん!(今サイトをよく見たら「営業時間:10:00~16:00(4月~11月)」って書かれてました。紛らわし杉(-_-;))仕方がないので0900から開園しているドギーパークに先に行くことにしました。
050814_c
 園内にある小型犬用ドッグランに行き、チコのリードを外してドッグラン初体験です。ところがちっとも走り回りません。ワタシやカミさんの足元を、地面の匂いを嗅ぎつつうろうろするだけ。中には先に狆がいたのですが、飼い主に引かれてその狆(まだ生後半年のメスですんごく人懐こかったです)が近づいてきても遠巻きにするだけ(爆)。相変わらず他の犬を苦手にするチコなのでした(涙)。
050814_d
 アジリティができるコーナーに連れていってもまったくやる気なし(爆)。まぁ飼い主がヒッキーみたいなもんですからね(笑)、アウトドアスポーツなんでやるわけないですな。

050814_e
 園内にはあちこちに犬がいるゲージがありました。この子は秋田犬の「こま」ちゃん。もう12歳のおばあさんです。


050814_f
 池には白鳥の姿も。構って欲しいのか人が通る橋のそばから離れません。もちろんチコは白鳥など見ようともしませんでした。(^◇^;)


050814_g
 奥のほうには何故か猿山もありました。もっともサルたちも暑さにへばってみんな日陰でのんべんだらりとしてました。


 園内にはレンタル犬(気に入った犬を連れて園内を散歩できる)コーナーなどもあってあちこちにケージや檻があるんですが、正直言ってそのそばを通るとかなり臭かったです。猿山も臭くてカミさんは近寄りませんでした。これさえなければもうちょっと印象が良かったのですが。ここは犬を飼いたいけど諸般の事情で飼えない、という方にはいい鴨ですね。
050814_h
 ということでようやく「河口湖自動車博物館」へ。お目当てはクルマではなく今年も公開された零戦です。2001年と2002年の公開の際にも見に来たのですが、今回ようやく晴れた日に来ることが出来ました。今回撮った写真も近いうちにウチのサイトの「資料室」→「河口湖自動車博物館の零戦」コーナーに上げます。

 ここまで見てまだお昼前。でも朝早くから出てきたのでもはやお疲れモードなのでした。早々に撤収することに。またぞろ下道で東名御殿場まで行き、乗ってすぐの足柄SAで弁当を買って車内で昼食(チコがいるためレストランに入れない)。この時間ならまだ渋滞知らずの東名を走って1430頃帰宅しました。そのあと1830頃まで寝たのは言うまでもありません(爆)。おかげでまだ全く眠くないんですわ。(^◇^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ウェブログ・ココログ関連 | カメラ・写真 | ツイッター | ニュース | ハワイ旅行 | パソコン・インターネット | フネ | ペット | マスコミ批評 | 中朝韓 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 模型 | 模型展示会 | 経済・政治・国際 | 製作記:1/72 複座型ハリアー | 製作記:Aモデル1/72 Yak-15 | 製作記:Aモデル1/72 Yak-9P | 製作記:LS1/144 P-3Cオライオン | 製作記:MPM&スペシャルホビー1/72 HA-200&HA-220 | 製作記:PST&ΩK1/72 ソ連軍トラック | 製作記:アオシマ1/12 クラリオン・カラオケニューライン | 製作記:アオシマ1/6 パイオニア・ランナウェイSK-900 | 製作記:アオシマ&フジミ1/72 3-1/2トントラック | 製作記:アオハーゲンHO ハウス「エルケ」 | 製作記:イタレリ(ビレク)1/72 Il-28ビーグル | 製作記:イタレリ1/72 HRS-1 | 製作記:エレール1/72 A32Aランセン | 製作記:カフェレオ1/144 R4D-6まなづる | 製作記:ガビア1/72 L410ターボレット | 製作記:サイバーホビー1/72 ミーティアF.1&F.3 | 製作記:スペシャルホビー1/72 YP-59エアラコメット | 製作記:スペシャルホビー&エアフィックス1/72 スピットファイアPR.19/F.21/22 | 製作記:スーパーモデル1/72 MB.339K | 製作記:ズベズダ&KP1/72 Mi-8/-17“HIP” | 製作記:タミヤ1/72 F4D-1スカイレイ | 製作記:タミヤ・ハセガワ・アカデミー・キネティック・エッシー1/72 F-16B/C/D | 製作記:トランペッター1/144 A-50メインステイ | 製作記:トランペッター1/144 F-86F旭光 | 製作記:ドラゴン1/144 UH-60Aブラックホーク | 製作記:ハセガワ&イタレリ1/72 A-10AサンダーボルトII | 製作記:ハセガワ(ズベズダ)1/72 Su-47ふるくーと | 製作記:ハセガワ/ドイツレベル/ローンスター1/72 YF-16/YF-16A/F-16XL | 製作記:ハセガワ1/48 BIJr.&T-3Jr. | 製作記:ハセガワ1/72 F-15Jイーグル(1) | 製作記:ハセガワ1/72 F-18ホーネット | 製作記:ハセガワ1/72 F6F-5Kヘルキャット | 製作記:ハセガワ1/72 RF-4BファントムII | 製作記:ハセガワ1/72 Su-35プロトタイプ | 製作記:ハセガワ1/72 アビアS-92 | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海兵隊型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム海軍型(2) | 製作記:ハセガワ1/72 ファントム空軍型(1) | 製作記:ハセガワ1/72 モスキートFB Mk.VI | 製作記:ハセガワ1/72 三菱F-2A/B | 製作記:ハセガワ1/72 英仏ジャギュア | 製作記:ハセガワ1/72改造 NC.900 | 製作記:ハセガワ タマゴファントム | 製作記:ハセガワモノグラム1/72 F-89Dスコーピオン | 製作記:ハセガワ&レベル1/72 F-101A/B/RF-101Cヴードゥー | 製作記:ファーラーN ガスタンク | 製作記:フジミ1/72 F7U-3カットラス | 製作記:フジミ1/72 きさらぎ号(九八直協) | 製作記:フジミ1/72 スピットファイアF.Mk.14E | 製作記:プラッツ1/72 MQ-1Aプレデター | 製作記:ホビークラフトカナダ1/72 CF-100カナックMk.5 | 製作記:ホビーボス1/72 F-38Lライトニング | 製作記:ホビーボス1/72 ズリンZ-42M | 製作記:ホビーボス1/72 ラファールC(1) | 製作記:ミニクラフト1/144 R4D-5 | 製作記:モノグラム1/72 F-105D/F/Gサンダーチーフ | 製作記:レベル&フジミ1/72 シーキング | 製作記:レベル&エレール1/144 E-2Cホークアイ | 製作記:レベル&マッチ1/72 ハンター | 製作記:レベル+ミニクラフト1/144 E-3Aセントリー | 製作記:南西流通企画1/72 DHC-6ツインオッター | 製作記:河合商会1/60 駄菓子屋 | 静岡ホビーショー | 飛行機 | 食玩